ミカド営業マンの“一期一会”な日々☆

オール電化のご紹介 その1☆ ~IH編~

今ではすっかり“一般的”な設備になりつつある『オール電化住宅』
オール電化とは、調理や暖房などの生活に使っているエネルギーをすべて電気でまかなえるようにした住宅のことをいいます。

現在では、金沢市内の住宅展示場などを見に行っても必ずといっていい程オール電化が導入されているモデルハウスがほとんどです。
ここ近年で住宅を新築、またはリフォームされた方の多くがオール電化の導入をされているのではないでしょうか?

しかし、『オール電化が絶対的にイイもの!!』というわけではありません。
もちろんメリット・デメリットもあり、電化ではない設備の良さもあります。
しかしながら、地球温暖化対策などの視点から見れば、二酸化炭素の排出量を大幅に減らせるオール電化に注目が集まっており、一般的な住宅設備になりつつあることも事実です。

そんなオール電化のアレコレを、これからご紹介していきたいと思います☆

それでは、参りましょう♪




<IHクッキングヒーター>

IHクッキングヒーターとは、別名「電磁調理器」といい、内部に配置されるコイルに流れる電流により、所定の種類の金属製の調理器具を自己発熱させる、加熱のための器具のことをいいます。
ガスや火を使わずに調理をすることが出来る、画期的な調理器具であるといえます。

まず、IHを使用するにあたってIH専用の鍋やフライパンを使うこととなります。
IHは電気と磁力の力で鍋やフライパンの底部分に熱を発生させ調理するという仕組みになっています。
機械自体が熱くなるのではなく、鍋の底部分を熱くさせるので、火を発生させずに調理することができます。火傷や火事などの危険も少なくなると言えます。

IH専用でない鍋などでも使えないこともない場合もありますが、熱の伝導がうまくできずちゃんと調理が出来ない可能性があるので、やはり専用のものを使う必要があります。

また、IHは煙を発生しにくいです。油汚れもつきにくいので、ガスコンロと比べて清掃がとても簡単です。

グリルで魚を焼くことも出来ますし、機種によっては搭載されている“ラジエントヒーター”によって海苔をあぶったりなんかもできます!


ただし、苦手なことも少しあります。

たとえばチャーハンなどの“あおり料理”には不向きで、ガスの方がおいしく出来るという意見があります。
また、専用鍋を使う必要があるため土鍋なんかは使えません。

しかし、使い方によってはお米を炊いたり、たくさんの料理をカバーできます。
また、火力や調理時間を細かく設定したりできて便利ですし、チャイルドロックなどはお子様の安全にも一役買ってくれます。



IHのみの導入でも十分メリットはありますが、オススメはエコキュートや温水床暖房などの設備も同時に導入し、オール電化の恩恵をめいっぱい受けられるようにすることが一番オススメです☆

次回はエコキュートの紹介をします☆

お楽しみに~~♪