ミカド営業マンの“一期一会”な日々☆

石川県金沢市内の事務所にて、蛍光灯照明をLEDに交換する工事を行いました!

みなさんこんにちは!
今年の北陸地方は暑かったですね~!
ちょっと厳しめな9月の残暑もようやく落ち着き出し、今日の金沢市内は晴天ながらも過ごしやすくなりそうです。。
夜などは若干肌寒くもなってきていますので、皆さん風邪など引かないように気をつけて過ごしていきましょう。


さて、今回は「LED」をご紹介したいと思います。
なにかと話題のLED照明ですが、様々なメリットから、建物のすべての照明をLEDにする計画をお持ちの方もたくさんいらっしゃるようです。

LEDとは、
“Light Emitting Diode”の略で、別名:発光ダイオード と呼ばれています。
従来の蛍光灯の約半分の消費電力で点灯し、寿命も約40000時間と蛍光灯の3~4倍と長持ちします!
経費の節約はもちろん、高所で交換作業が容易でない場所などに設置すれば交換の手間やコストが削減できます。

こういったメリットから、工場や事務所・物流センターなど常に照明を点灯させている場所への導入がすすんでいます。


蛍光灯と違い熱くなりにくいので、屋内冷房の効率化にもなります。
また、紫外線の放射がとても少ないのもメリットです。虫が寄りにくかったり、工芸品や美術品、食品などへの影響を最小限に抑えることができます。


今回は、蛍光灯と同じ形の『直管型LED』について、実際の商品や工事の様子をご紹介していきたいと思います☆







こちらは一般的な40w蛍光灯と同等の明るさの直管型LEDです。
写真で見て頂くと、普通の蛍光灯との違いがあまりわかりませんよね?

でも、電気代は蛍光灯の約半分で、寿命も長いから不思議です☆





LED本体のみだとこ~んな感じです。
なんだ、普通の蛍光灯と同じじゃん!って思いますよね。
しかし、裏返すと・・・





じゃん!
ちょっとわかりにくいですが、わかりますか?
LED蛍光灯の裏側は発光部分がないのです。




下半分が発光部分、上半分が発光しない機械の部分で、基盤や電源などが収められています。






実際に工事をしている様子です。
LED蛍光灯は取り付ける際に、既存の照明器具の内部配線を少し変更する必要があります。
特定の電線をカットし、繋ぎ直すという作業なので、慣れた電気工事士がやれば1箇所数分で完了します。





こちらは完了後の写真です。
蛍光灯との違いはほとんどわかりませんね☆
むしろ、もともとの蛍光灯も古いものだったせいか、若干明るくなった印象です。

今回は事務所内の蛍光灯約100本をLEDに交換させて頂きました。
なにかがぶつかって故障でもしない限りは、10年くらいは交換なしでいけると思います。
消費電力も半減し、電気代も節約できます☆


しかし、導入の初期コストがご心配の方もいらっしゃると思います。
ミカド電設では、こちらのLED導入工事に関するおもしろいキャンペーンを実施しています!
事務所や工場、学校や物流センターなど、規模がちょっと大きな場所へのLED導入をお考えの方にはとってもお得なキャンペーンです。
詳しくは直接、ミカド電設の 大縫(おおぬい) までお問い合わせ下さい(^^)/