2015年度の太陽光発電システムの売電価格の案が出ました!

北陸のみなさんこんにちは!ミカド電設営業マン 大縫です!
本日も、ミカド電設のホームページをご覧頂きましてありがとうございます。

さて先日、太陽光発電についての重大なニュースがありました。来年度の売電価格についてです。経済産業省より、太陽光発電をはじめとする「再生可能エネルギーの買取価格」の案が発表されました!以下の表をご覧下さい。


2015年度 太陽光買取り価格・案

これらはあくまで“案”の段階の買取り価格で、おそらく今年の4月から適用されるのではないかと予想されます。
大きく変化があったのはやはり太陽光発電システムの売電価格でした。
今年度の売電価格と比較しますと、

<10kw以上・全量買取り太陽光システム売電価格>
2014年度:32円/kw→ 2015年度予定:27円(4~6月は29円)
<10kw未満・余剰買取り太陽光システム売電価格>
2014年度:37円/kw→ 2015年度予定:35円(北陸電力)

となっております。(あくまで現段階の案です)
年々売電価格は下がっている傾向にありますが、2015年度では10kw以上の“全量買取り太陽光”の価格が20円台となる見通しのようです。
ただし、近年は太陽光パネルや太陽光関連の機器の商品価格自体も下がってきている傾向にありますので、長い年月で見たときに全量買取り太陽光でもまだまだ十分にメリットを得られると思われます。
屋根の大きな家にお住まいの方や、広い土地をお持ちの方は太陽光パネルの設置をご検討頂く価値アリです!

それに比べ、10kw未満の“余剰買取り太陽光”は35円と価格は下がるものの、例年並みの下がり方となりそうです。
上記にも書いたように、太陽光パネル等の機器類の価格も下がってきているだけに、屋根のあまり大きくない家にお住まいの方もご検討の価値アリかと思われます!

※以下のリンクより、“全量買取り太陽光”“余剰買取り太陽光”についてご覧頂けます。



こちらは“全量買取り太陽光発電システム”について詳しく書いた記事になります。
10kw以上の大規模な太陽光発電システムです。
主にはアパートやマンションなどの屋根や、広い土地などに設置することが多いですが、一般住宅でも広めの屋根があれば10kw以上の太陽光発電システムを設置することも可能です。

こちらは“全量買取り”といった契約内容になります。
発電した電力のすべてを電力会社が買い取ってくれます。
日常では発電した電気を家で使うことはできませんが、発電した電気を余すことなく売電できます。
また非常時には非常用電源として太陽光で発電した電力を、少量ですが使用することもできます。



↑対してこちらには“余剰買取り太陽光発電システム”について詳しく書かれています。
10kw未満の、規模の小さめな太陽光システムです。
主には一般住宅に導入して頂くことがほとんどです。
システムとしては、屋根上に設置した太陽光パネルで発電した電気を家中に送り、使用することが出来ます。
もし日中ご不在なことが多く、発電した電力量が使用した電力量より上回った場合は、余った電力量の分を電力会社が買い取ってくれます。
売電のメリットももちろん大きいですが、日中に使用する電力量が多い方には電気代の節約に一役買ってくれます☆

ここ最近でも、新年度での太陽光発電システムの導入をご検討されている方からのお問合せや御見積りのご依頼が増えてきています!
来年度も太陽光発電システムの工事が混み合うことが予想されますので、お早目のご検討をオススメ致します☆
ミカド電設では、現地調査・御見積りや概算御見積りを無料で受け付けております!
ちょっとでも気になる方はお気軽にお問合せ下さい☆


全量買取り太陽光発電システム


余剰買取り太陽光発電システム


石川県・富山県・福井県のエリアにて工事を承っております。 (一部地域は、出張費を頂く場合があります。)

<対象地域>

石川県全域(金沢市、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、羽咋市、かほく市、白山市、能美市、野々市市、川北町、津幡町、内灘町、志賀町、宝達志水町、中能登町、穴水町、能登町)

富山県内一部(富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、舟橋村、上市町、立山町)

福井県一部地域


ビデオチャットアプリを使った現地調査