住宅用太陽光発電か産業用太陽光発電によって売電期間は異なります!

石川県にお住まいの方、または北陸地方にお住まいの方こんにちは!
ミカド電設の“暮らしの提案者”こと、大縫(おおぬい)です!

ついこの前に年が明けたと思ったらもう2月です!
金沢市内はまだまだ雪は降らないですね・・・それどころか、春先のように暖かく過ごしやすい日もあります。能登方面だともっと雪があるのでしょうか?
しかし、来週の天気予報にはチラホラと雪マークが!
そろそろ、急に来るかもしれない大雪にも気をつけた方がよさそうです!


さて、2月ということは、今年度も残り2ヶ月。
ということは・・・
太陽光発電システムの今年度の売電価格の申し込みもあと2ヶ月!です!
※実際には3月末は申し込みが激混みしますので、駆け込みの方はお早めに!

ニュースや新聞などでもいろいろと話題になっていますが、太陽光発電システムの今現在の売電価格・期間は今年度までとなっています。
その後どうなるかは、毎年注目が集まることですが、一体どうなるんでしょう~???


☆以下のリンクから現在の売電価格・期間をチェック!☆



住宅用太陽光と、産業用太陽光とでは、売電価格も若干違いますが、今年度の制度で大きく違うのが“売電の期間”です!
住宅用(10kw未満の太陽光システム)の場合は、38円/kwが10年間ですが、産業用(10kw以上の太陽光発電システム)は37.8円/kwが20年間の買い取り期間です!
なんと、売電期間が2倍の10年間も違うのです!

買い取り金額の違いや、余剰買い取り全量買い取りの違いも注目すべき点ですが、やはり一番大きいのはこの期間の違いです。


おそらく、“売電金額”は例年下がっている傾向にありますので、もし下がってしまっても「やっぱり」といった感じですが、この“売電期間”が変更されるかどうか、この点にも要注目ですね!!



この“全量買取20年間”となってから、石川県内でも10kw以上の産業用太陽光を導入して頂いた方はかなり増えました!
“産業用”とは言っても、10kw以上の太陽光パネルを載せられれば、一般の住宅でも20年間の全量買取での契約は可能です!


今年度もあと2ヶ月!
制度がどのように変わるかはまだわかりませんが、もしかしたら売電期間などのいい条件が来年度に引き継がれていく可能性もゼロではありません!

今から心の準備をしておくためにも、お見積りさせて頂きますよ☆


☆無料現地調査・見積りのご依頼はコチラから!☆



現地調査や概算見積りのほか、お問い合わせもお待ちしております☆
石川県にお住まいで太陽光発電システムの導入をお考えの方はミカド電設までお気軽にご相談下さい!

当社は住宅用太陽光・産業用太陽光どちらの太陽光パネル設置工事ももちろん可能です!
売電価格・売電期間、設置条件なども合わせてご相談にのりますヨ☆



石川県・富山県・福井県のエリアにて工事を承っております。 (一部地域は、出張費を頂く場合があります。)

<対象地域>

石川県全域(金沢市、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、羽咋市、かほく市、白山市、能美市、野々市市、川北町、津幡町、内灘町、志賀町、宝達志水町、中能登町、穴水町、能登町)

富山県内一部(富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、舟橋村、上市町、立山町)

福井県一部地域