会社のトイレの温水洗浄便座(ウォシュレット)の交換工事を行いました!

みなさんこんにちは!営業部の大縫(おおぬい)です。
最近の金沢市は少し肌寒くなってきていますが、体調を崩したりしていませんか?
私は今、絶賛風邪引き中です・・・!
寝る前までそんなに寒くなかったのに、朝起きたら寒い・・・そんなこんなで、見事に風邪を引きました。
社内にもマスク姿がチラホラ・・・。
体調管理は基本ですので、気を緩めずしっかり自分の体を管理していきたいものです。

さて、本日は便座交換のご紹介です。
普段はミカド電設の施工スタッフの仕事内容をアップすることがほとんどですが、今回は私・大縫が工事にチャレンジしてみました!

実は、弊社事務所のトイレのウォシュレット機能の調子が良くなかったので、いい機会でしたので挑戦してみました。

それではご覧下さい♪



お見苦しくならないように、完了写真からアップします!
いわゆる温水洗浄便座です。
メーカーによっては『ウォシュレット』や『シャワートイレ』などと呼ばれていますが、それぞれは実はメーカー独自の商品の名称だったりします。
メーカー問わず共通した呼び方としては『温水洗浄便座』が正しいようです。
工事は、慣れていないもので1時間弱かかりました。
便座の取り外し・取替え・給水ホースの繋ぎなおしなど、時間はかかりましたがスムーズに作業はできました。



こちらは給水ホースとタンクの繋ぎ部分で水漏れがないか確認しています。
乾いた手で繋ぎ部分を触って慎重にチェックします。
万が一、水漏れが発生している場合は手にじんわりと水がつきます。
何もつかなければ問題なしです。




水気ナシで、バッチリです!
こんな風に、各繋ぎ部分を手で触って確認します。
触ってもわかりにくい場合は、トイレットペーパーをちぎって繋ぎ部分につけます。
水漏れしているとトイレットペーパーが濡れるのでわかりやすいです。



続いて、各機能の試運転です。
今回取り付けたのは機能がシンプルで、一番お求めやすい温水洗浄便座です。
便座の温度調整、「お尻」「ビデ」の温水の出具合などを確認します。



こちらは、「お尻」の水の出具合を確認しています。
この商品は5段階で温水の勢いの強弱を調整できますので、手の感触で問題がないかを確認します。



水漏れもなく、機械部分も正常に動作が確認できたので完成です!
初めての挑戦でしたが、施工スタッフが工事している様子を何度も見ていたので、無事完成させることができました♪

今回は自社設備ということもあって私・大縫が工事に臨みました。
ですが、もしお客様からご依頼を頂いた場合はちゃんとミカド電設の工事スタッフがバッチリ施工致しますのでご安心下さい☆
便座も、お求めやすいものから、機能の充実したもの、暖房機能のみのものなど各種取り扱っていますので、ご検討されている方はぜひ一度ご相談下さい!

今週末は台風27号の接近が心配されています。
実際に北陸地方に上陸するかどうかはまだわかりませんが、くれぐれも用心していきましょう。


石川県・富山県・福井県のエリアにて工事を承っております。 (一部地域は、出張費を頂く場合があります。)

<対象地域>

石川県全域(金沢市、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、羽咋市、かほく市、白山市、能美市、野々市市、川北町、津幡町、内灘町、志賀町、宝達志水町、中能登町、穴水町、能登町)

富山県内一部(富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、舟橋村、上市町、立山町)

福井県一部地域


ビデオチャットアプリを使った現地調査