太陽光発電システムの販売・施工なら 株式会社ミカド電設(石川県野々市市)

太陽光発電システムの販売・施工なら
株式会社ミカド電設(石川県野々市市)

TEL 076-249-2855

石川県の冬のヒートショックには浴室暖房換気扇&ウォールヒートが最適です!のチラシを見る



交通事故死亡者の2倍!ヒートショックによる死者数は年間14,000人!交通事故死亡者が7000人

皆さま、ヒートショックとは、何かご存知でしょうか?ヒートショックとは、温度の急激な変化により血圧が上下に変動することなどが原因で、体に大きな健康被害を与える健康被害のことをいいます。

ヒートショックの軽い症状としては、立ちくらみ・めまい・失神・血圧の低下などがあります。もっと症状が重い場合、心筋梗塞、不整脈、脳梗塞、脳卒中などが起こり、最悪の場合、死に至ります。また、直接死因の原因にならないような軽い症状しか出なかった場合でも、失神やめまいにより、浴室で転倒し頭を打ってしまったり、溺れてしまう場合もあります。入浴中に急激な血圧低下により失神し、溺れて死亡するケースは、ヒートショックの典型的な症状です。冬の時期は、暖房により暖まっている居間と、暖房のない寒い廊下、脱衣所、との温度差が10℃以上になることはまれではありません。暖かいところから寒いところへ移動し、熱い湯船に浸かることが体に大きな被害をもたらします。寒いところへ行くと、ゾクッと体が震えたときはありませんか?それも実は軽いヒートショックなのです。12月、1月は、1年のうちで入浴中の突然死が最も増える時期ですので、特に注意が必要です。特に、北陸の冬は雪がたくさん降り、気温が低い日が多いので、なおさらヒートショックに気をつけなければならないのです。

入浴中に亡くなる方は、年間で一万人を超えます。交通事故死亡者が年間で約7千人程度ですので、いかに入浴中に亡くなる方が多いのかがわかります。また、高齢者が家庭内でお亡くなりになる原因の4分の1を占めているのがこのヒートショックなのです。

さっきまで暖かいリビングでくつろいでいたところに、寒い廊下に出た後、脱衣所で服を脱ぎ、急いで熱いお風呂に入る・・・。冬場は当たり前にしていた行動ですが、ここに大きな危険が潜んでいたのです。

生活の中に潜む危険として、今最も注意すべきなのがこのヒートショックなのです。

 

 

入浴に伴う血圧の変動

     1.寒い脱衣所で衣服を脱ぐと、体から熱が奪われないように毛細血管が収縮し、血圧が上昇する

     2.浴槽に入り熱いお湯に触れると交感神経が緊張するため、血圧が急激に上昇する

     3.浴槽内で肩までどっぷりお湯に浸かると、水圧により心臓に負担がかかり、さらに血圧が上昇する

     4.浴槽内で体が温まると、血管が拡張し、血圧は急激に下降する



あなたは「ヒートショック」の影響を受けやすい人!?

以下の項目に当てはまる方はヒートショックに要注意です!

チェックしてみましょう!


65歳以上の高齢者の方 高血圧・糖尿病・動脈硬化である方 不整脈がある方 肥満気味の方 熱めのお風呂が好きな方 一番風呂に入ることが多い方 飲酒後にお風呂に入る習慣の方

いかがでしたか?一つでも当てはまる方は、ヒートショックの危険性があるので注意が必要です。この中でもヒートショックの影響を大きく受けやすいのは、高齢者・糖尿病の方・高血圧の方・動脈硬化をお持ちの方です。高齢者は血管がもろくなっている上、血圧の上昇幅が大きく、脳出血などを起こしやすいのです。性別でみた場合は、入浴中に起こる事故の件数は男性の方が多いですが、死亡まで至ってしまうのは女性の方が多いです。高齢者になるほどその割合も高くなっています。何故女性の方が多いのかというと、皮下脂肪などの脂肪量が多い女性の方が、体温調節がうまくいかなくなってしまっているのが原因と言われています。いずれにしろ、高齢者になるほどヒートショックの影響を受けやすいのです。

ヒートショックを起こしやすい場所は、浴室・洗面所・トイレなどです。一般的な日本の家は、居間は南側にあり、浴室・洗面所・トイレなどの水回りは、北側に位置しています。そのため、冬になると、日当たりの悪い浴室・トイレが特に冷え込み、他の部屋との温度差に極端に差が出るようになっているのです。

 

今日から始めよう!ヒートショックの予防法

ヒートショックを予防するには、浴室暖房があれば使えばいいのですが、日頃のちょっとした心がけや注意で、ヒートショックを起こす危険性を抑えることが出来ます。ここでは、今日からでも出来る比較的簡単な予防法をいくつかご紹介します!

脱衣所に暖房器具を置く

ヒートショックの一番の原因は急激な温度変化です。ですので、ヒートショックの予防で一番効果が高いのは服を脱いでから湯船につかるまでの温度差をなくすことです。ファンヒーター等を置いて脱衣所を温めておけば温度差によるショックを軽減出来ます。 また、脱衣所用のエアコンもありますので、導入を検討されることもオススメです☆ 浴室内は入る前にシャワーを浴室中にかけて暖めることもヒートショック予防には効果があります。


浴室暖房換気扇

入浴前に水分補給をする

水分の不足によってヒートショックが起こる場合があります。 入浴中は汗をかきますので、発汗により体内の水分が失われます。 体内水分が少なくなると血液がドロドロになり心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性が出てきます。 コップ1杯のお水を飲んでから入浴しましょう。 入浴前に水を飲むことを心掛けておけば、夏場の脱水の防止にもなり一石二鳥です。


食後すぐの入浴は避ける

食後すぐの入浴もヒートショックの原因となりかねます。 食事をした後は血液が消化器官に集まり、血圧が下がりやすくなります。 入浴は食後1時間以上経ってからにしましょう。 また、空腹時の入浴も避けた方が無難です。


浴室暖房換気扇

入浴前にアルコールや降圧剤を飲まない

アルコールには血管を拡張させる働きがあります。そのため、一時的に血圧を低下させます。降圧剤も血圧を低下させる働きがありますので、入浴前には避けましょう。


冬の入浴時の事故を未然に防ぐには、居間と脱衣所と浴室の温度差をできるだけ小さくしておくことが大切です。また、42℃以上の熱いお湯ではなく、38℃~40℃程度のぬるめのお湯にゆっくりと浸かり、じっくり温まることをおすすめします。

関連記事

石川県金沢市のお宅での浴室暖房換気扇の設置工事の工事日誌はこちらからご覧頂けます!



 

石川県・富山県・福井県のエリアにて工事を承っております。 (一部地域は、出張費を頂く場合があります。)お問い合わせは、電話もしくはメールにて承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。 ※土日祝の場合は、メールでの受付のみ承っております。


浴室暖房換気扇の導入をおすすめします!


浴室暖房換気扇(三菱電機製 V-141BZ)

ヒートショック予防法だけではまだまだ心配という方には、”浴室暖房換気扇”の導入をおすすめします!この浴室暖房換気扇はヒートショックの防止策として非常に効果が高い設備です。“浴室暖房換気扇”とはその名のとおり、“換気扇”と“暖房”の機能をあわせ持つ機器です。 普段は換気扇として使用できますが、暖房機能が備わっており浴室を温めておくことが出来ます☆ あらかじめ浴室を温めることが出来れば、湯船と浴室の温度差も少なくなり、ヒートショックの予防が出来ます! ヒートショックの予防策としてだけでなく、寒さからおっくうになりがちな冬の入浴も、暖房機能があれば快適なものになります。 寒さからシャワーを出しっぱなしにされる方もいると思いますが、浴室内が温かければそんな必要もなくなり水道代や光熱費の節約になります。 また、近年のユニットバスは壁や床の素材の保温性能が優れているものが多く、暖房換気扇で少しの時間温めればスイッチを切ってもしばらくあたたかい浴室温度が保たれるようになっています。 寒い浴室を我慢してきた方も、これからは温かい浴室で安心・快適な入浴を楽しむことができます♪浴室暖房換気扇は、暖房機能の他にも、魅力的な機能が備わっています。より生活に役立つ機能や、健康に役立つ機能など、家族みんなが快適かつ便利にお使い頂けます。

浴室暖房換気扇は機能満載!用途に応じて使い分けできます!


浴室暖房換気扇 衣類乾燥 換気 暖房 涼風 浴室乾燥 ミストサウナ

衣類乾燥機能

衣類乾燥機能で浴室が衣類乾燥室へと変身! 洗濯物に悩む梅雨や、雨や雪の多い冬場でも、浴室内でお手軽に洗濯物を乾かすことができます。 部屋干しでは臭いや湿気が気になり、場所もとってしまい生活の上で邪魔になりますが、浴室乾燥ではこれらも気になりません! また、梅雨や冬場以外の時期でも花粉や黄砂などで外に干したくない時期にもこの衣類乾燥はとても便利です。 洗濯物に関する悩みが一切なくなること間違いなしでしょう。1年を通して活躍する機能です!



暖房機能

浴室に暖房があれば、入浴前から浴室を暖めておくことができます。また、入浴中は、入浴モードの弱い温風で、やさしく暖めておくことができます。入浴中は、暖かい風でも、体が濡れているため、少し寒く感じてしまいます。そこで、弱めのやさしい風を送ることで、寒さを感じないようにできるのです。また、タイマーが搭載してある換気扇であれば、入浴の時間にめがけて浴室を暖めておくことができるため、大変便利です。お年寄りも血圧の高い方も安心して入浴することができます。



涼風機能

冬場の暖房だけでなく、夏は涼風機能が便利です。 涼風といってもエアコンのように冷たい風が出るわけではなく、そのまま風を送る「送風」に近い機能で、体にやさしい風です。冷風で体を冷やしすぎることなく、すっきりさわやかにお風呂を上がることが出来ます! 「ちょっとのぼせてしまい、せっかく入浴したのに汗をかいてしまう・・・」という場合にも、涼風で体を落ち着かせてから上がるというのもオススメです。浴室の湿気を排出しながらの運転なので、夏の入浴が快適になります!



浴室乾燥機能

入浴後の乾燥運転でカビの繁殖を防ぎます。カビは見た目が汚らしいだけではなく、健康にも悪影響を及ぼします。カビの胞子は花粉の胞子よりもかなり小さく、肺に入りやすいのです。咳が出るようになったり、 アレルギーを引き起こし、気管支炎やぜんそくを引き起こしてしまいます。カビの原因は石鹸カスの残りですが、さらに水分の多いところでカビは繁殖します。 乾燥機能で浴室をカラッと乾燥させ、カビが繁殖する余地をなくしてしまいましょう。 カビ繁殖を防ぐことができれば、後々のお掃除も楽ですね!



ミストサウナ機能

機種によりますが、最近は、女性に嬉しい『ミストサウナ』機能搭載の浴室暖房換気扇も増えてきました。冬場は冷たい空気や気温によりお肌の水分量や油分量が低くなり、お肌に潤いがなくなり乾燥しがちです。お肌の乾燥で肌が痒くなるのはもちろん、インナードライや小じわ・たるみ・くすみの原因となり、お肌の老化が進んでしまいます。 しかし、ミストサウナ機能を使って入浴すれば、発汗・血流促進・お肌の保温・保湿効果で、お肌の健康はもちろん、デトックス効果により体の内部からの健康にも繋がります。 また、ミストサウナ入浴で汗を大量に出すことにより、ストレス解消にもなります。 



 

 

多機能搭載で暮らしが便利・快適になる浴室暖房換気扇

取付工事はミカド電設にお任せ下さい!

多くの方はお風呂が大好きです。特に、凍えるような冬は体が冷えるので、お風呂でゆっくり体を温めたり疲れをとりたいですよね。しかし、お年寄りの方や、糖尿病・高血圧などの病気をお持ちの方の冬場の入浴は、危険が迫っているのです。ヒートショックの危険を抱えているご家族がいる場合は、入浴中に声をかけてあげたり、予防策を進めてあげるなどのサポートをし、家族みんなで家族の健康を守ることができたらいいなと思います。

浴室暖房換気扇はヒートショックの予防はもちろん、主に主婦の方がお悩みになる洗濯物の問題解決など、他にも生活に役立つ便利機能が搭載されています。冬は暖房、夏は涼風をうまく使い、1年を通して活躍してくれます。 浴室暖房換気扇の導入は専門技術を持った電気工事士による工事が必要です。 少しでも気になる方は、ミカド電設までお気軽にご相談下さいね!

 

関連記事

石川県金沢市のお宅での浴室暖房換気扇の設置工事日誌はこちらからご覧頂けます!



 

石川県・富山県・福井県のエリアにて工事を承っております。 (一部地域は、出張費を頂く場合があります。)お問い合わせは、電話もしくはメールにて承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。 ※土日祝の場合は、メールでの受付のみ承っております。


現地調査・お見積り無料!現地調査のご依頼を頂いた方へ、BOXティッシュ5箱をプレゼントします!


bt-pagetop