太陽光発電システムの販売・施工なら 株式会社ミカド電設(石川県野々市市)

太陽光発電システムの販売・施工なら
株式会社ミカド電設(石川県野々市市)

TEL 076-249-2855

蛍光灯から電気代が安いLEDへ交換しませんか?のチラシを見る




蛍光灯や白熱灯がついに製造中止 ※2020年には製造中止予定です。

※2020年には製造中止予定です。


2015年11月に発表された省エネ基準法によると、2020年をめどに、白熱灯と蛍光灯の製造・輸入を禁止することが決まりました。照明器具は、元々、「トップランナー方式」という制度により、蛍光灯・白熱灯・LEDのそれぞれに、製造と輸入を制限する省エネルギー基準法が設定されていました。この制度は、それぞれの機器においての省エネルギー基準を「商品化されている製品の中で最も省エネ性能に優れているもの以上に設定する」という厳しいもので、日本の省エネ対策をより強化するものです。消費電力の大きい蛍光灯や白熱灯がLEDの省エネ性能にかなうことはないため、省エネ法が改正されると、今まで通り使用することができなくなります。

そこで、今後は、消費電力の少ないLEDに移行されます。では一体、LEDとはどんなものなのでしょうか?



LEDとは、電圧を加えると発光する半導体素子Light Emitting Diodeの略称です。電気エネルギーを直接光に変える働きをもっています。従来の白熱電球や蛍光灯に比べ、省エネルギーで、多くのメリットがあります。「照明の電気代を安くするには、LED電球へ交換するのがよい」と言われていますが、LED電球は、今使っている電球よりも、1個あたりの値段が高いため、「電気代と合わせて考えても、本当に今より安くなるのだろうか?」と悩んでいないでしょうか?初期コストも高いし、もし本当に電気代も安くないのであれば、わざわざLEDへと交換するメリットが感じられないと思い、交換するのを踏みとどまってしまっている方も多いと思います。

LEDと他の電球との違いや、LEDへ交換することへのメリット・デメリットについてご紹介します。

LEDのメリットとは?



1番気になるのが、”LEDに交換したら、電気代がどのくらい安くなるのか?”ということですよね。LED照明は、発光効率が高いため、白熱電球の約10分の1、蛍光灯の約2分の1の電気代で今までと同じ明るさを確保することができます。また、LED照明は熱くならないことも特徴です。ですので、照明の電気代だけではなく、クーラーなどの冷却機器などの電気代削減にも繋がり、大幅に電気代を削減していくことができます。



また、LEDの特徴の1つに、長寿命ということがあります。寿命が約1,000時間である白熱電球に対し、LED電球は40,000時間以上。つまり、20倍~40倍もLEDの方が長寿命なのです。10年間の間に、白熱電球だと40回も取り替えが必要ですが、LED電球では1度も取り替えなくて済むので、LED電球はとても長持ちだということが分かります。また、買い置きの心配がないのも楽ですね。

 


石川県・富山県の電気工事のことならミカド電設にお任せ下さい!!



その他のメリットとして、虫が来なくなることや、電球自体が熱くならないこと、赤外線や紫外線が少ないことが挙げられます。

1つ目の虫が来ない理由としては、虫は紫外線の領域である300~650nmの間の光を感知する性質をもっています。従来の白熱電球・蛍光灯は、紫外線を多く出していました。よく、外に設置されている蛍光灯に虫が寄り付くのを見たことがある方も多いと思います。こちらに対して、LEDの光は、電子の流れを活用するので、紫外線を出さず、虫をほとんど寄せ付けません。LEDへ交換することで、電球回りに虫がうろうろとするのを防ぐことができるので、虫が嫌いな方や虫を絶対寄せ付けたくない場所を交換するととても助かりますね。

2つ目の電球自体が熱くならない理由としては、LEDは白熱電球よりも、熱を効率よく光に変えることができるので、熱くならず、火傷の心配がありません。小さなお子様やペットがいらっしゃるお宅・お部屋でも安心してお使い頂けます。また、夏場も、白熱電球の熱で高くなりがちな室温も、LEDへ交換すれば、以前までよりも爽やかに過ごせます。

3つ目の赤外線や紫外線が少ない理由としては、熱が少ないということに関係しています。熱が少ないということは、紫外線も少なく、従来の電球を使用できなかった場所でも安心して使用することができます。例えば、食料品や美術品、洋服や服飾品などを展示する場所の照明にも最適です。

LEDのデメリットとは?

LEDにはメリットだけではなく、デメリットもあります。

LEDランプと器具が一体型なので、ランプの寿命=器具寿命になります。LEDの寿命は40000時間以上が多く、例えば、1日10時間点灯するとしたら、約10年で器具の交換時期を迎えることになります。一方、私たちが今まで使っていた白熱電球や蛍光灯などの器具では、ランプが切れてしまったら、ランプのみ交換していたため、清掃などのメンテナンスがよければ、実際に10年以上も持っている場合が多いです。ただし、LED照明に限らず、どのような照明器具でも、寿命は10年くらいといわれています。10年経つと、どの照明器具でも、外観に変化や異常がなくても、内部の劣化が進んでいます。「この照明器具は、たまにしか使わないし・・・」という、頻繁に使っていない照明器具でも、外からは見えない、器具内部の安定器やソケットが劣化していて寿命を迎えてしまいます。こういったことから、どんな照明器具だろうと関係なく、日本照明器具工業会が定めているように、照明を安心してお使い頂けるのは約10年間で、後に、照明器具の点検・交換が必要になってくるのです。

 蛍光灯の拡散光に慣れていると、光に指向性のあるLEDは、拡散パネルで拡散されているとはいえ、少し、陰影が強く感じることがあります。そのため、壁面や天井面に広がる光が少ない器具では、床面は明るく見えますが、部屋に入ったときの印象が、「交換前よりも部屋が少し暗いな」と感じる場合があります。実際に、ミカド電設でもLEDへ交換させて頂いたお客様からは、「前よりも暗くなったように感じる・・・」という声が多く、ご依頼を頂いた時点で、あらかじめ、ご説明をさせて頂いてから施工をさせて頂いております。

LEDを選ぶときのポイント



ポイントとしてまず大切なのは、メリットでも1番に上がっていた、消費電力が少ないことです。しかし、そのLED照明の中でも、消費電力の量には商品毎に差が出ます。したがって、購入しようとするLEDライトがどのくらいの消費量なのかを真っ先に確認する必要があります。そして、その際に、気をつけてみる箇所があります。それは、光の”明るさ”です。消費電力が少ないからといって、明るくなかったら意味がありません。一昔前のLEDだと、「なんだか前よりも暗くなった・・・」という感想も多々ありましたが、最近のLEDは、明るく、十分の力を発揮しているので安心です。そして、照明器具の真下だと、最大の明るさに設定をしなくても、十分なくらい明るいです。部屋全体が明るいというよりも、器具の真下がとても明るいので、細かい作業をするときにもとても便利です。明るさは、lm(ルーメン)という単位で判断できます。この値が大きければ大きいほど、明るく点灯します。また、さらに明るさを求める場合は、〇畳用の単位が大きいほど、より明るくなります。

調色という、色を変えられる機能もあります。照明の種類の中でも、白っぽい色や、オレンジ色の光の照明があります。昼間は白っぽい色の昼白色を照らし、夜は、落ち着いた暖かみのある色で照らすといったことができます。気分や用途によって色を変えられるので、調色機能が付いていると、とても便利です。ただし、このような調色機能が付いている照明器具は、付いていないものに対しての価格が高いことが多いので、「色はなんでもいいし、安いものがいいな~」という方は、調色機能がないものを選びましょう。

また、LED照明は、蛍光灯のように突然切れるわけではなく、徐々に暗くなっていきます。4万時間(寿命)がきてしまったときは、新品時の約70%の明るさしか発光しなくなるという性質があります。そこで、購入するときに、設置したい部屋が何畳かをあらかじめ調べ、6畳の部屋なら8畳用を、8畳の部屋なら12畳用の器具を買ったほうが、最初の購入額が少し高くなりますが、最終的にはより長く使えることになりますので、お得になります。また、調色と同じく、調光も照明を選ぶ大切なポイントです。調光とは、明るさを調整できる機能のことをいいます。器具によって、調整可能なレベルが違います。何段階で調整できるかチェックしてみましょう。

店舗照明としてもよく使われているLED


スーパー 飲食店 ホテル 会社

「光熱費を下げたい!」「店内の雰囲気を良くして集客アップに繋げたい!」とお考えのオーナー様必見!LED照明なら、光熱費を下げ、お得なことがたくさんあります。

オフィスや店舗照明をLEDにすると、”パソコンを使うし、暗くて見えづらくなりそう・・・”や、”客商売だから暗くならないか心配・・・”と思い、疑問も抱え、LEDに交換することを迷っている方も多いのではないでしょうか?LEDは、発熱量が少ないため、照明自体の消費電力を抑えること以外に、店内の空調やスーパーの食品コーナーの冷却効果アップも期待できます。そして、熱をあまり出さないLEDなので、室内が暑くならず、冷房の節約にもなります。また、紫外線や赤外線の放出が少ないLEDの特徴を生かし、商品や食品の色褪せや劣化を防ぐこともできます。また、ガラスではないので、安全性も高く、虫が寄り付かないので、飲食店にも嬉しいメリットです。さらに、省エネ・CO2削減による環境保護のアピールにも繋がるため、店舗としてのイメージもアップできます。こうしたメリットを踏まえ、店舗LED導入を、一度、ご検討されてはいかがでしょうか?


LEDへの交換工事はミカド電設にお任せ下さい!

石川県・富山県の電気工事のことならミカド電設にお任せ下さい!ミカド電設へのお問い合わせはこちらまでお願いします。


bt-pagetop