太陽光発電システムの販売・施工なら 株式会社ミカド電設(石川県野々市市)

太陽光発電システムの販売・施工なら
株式会社ミカド電設(石川県野々市市)

TEL 076-225-3087

安い深夜の電気を貯めることができる蓄電システムのチラシを見る


テツコさん夫妻+菅野さんの!4コママンガ劇場 「蓄電池のヒミツ。」編

①非常用電源になる蓄電池 もしも、地震がきて・・・ 停電してしまったら・・・ 蓄電池があれば・・・停電時も安心!②太陽光+蓄電池で売電量アップ編 晴れの日は、太陽光が発電中! 雪・雨の日は太陽光がお休み中・・・ 蓄電池があれば・・・ 晴れの日は太陽光の売電量がアップ!発電した電気は、電力会社へ売ることができるの! 雨の日は、太陽光の発電量は少ないですが、貯めておいた安い深夜電力を、昼間に使うことができます!

太陽光発電業界の2019年問題 今、売電している48円はどうなっていくの?!

        余剰電力買取制度の買取義務期間10年経過後は、電力会社に、買取価格が保証されません!

太陽光発電業界では、少しずつ、「2019年問題」に関心が向けられ始めています。太陽光発電の余剰買取は、2009年にスタートしました。契約した方は、10年間、同じ価格で買い取ってもらえます。やがて、2019年になると、2009年に買取をスタートしていたら、買取り制度期間が終了する家庭が続々と出てきます。買取り終了後は、余剰電力を買い取ってもらえる保証はまだありません。何故かというと、政府が電力会社に、余剰電力の買取りを指示できなくなり、全ての決定権は、電力会社に委ねられることとなるからです。これが、2019年問題です。しかし、買取期間終了の10年間の間に、太陽光発電システムの購入費用は、回収できている家庭が大半かと思います。売電期間中は、発電しても、自宅で使いきれなかった余剰電力のみの売電でした。しかし、2019年以降は、売電はもうなくなり、太陽光で発電した電力全てを自宅の電力として使う、完全自家消費型へと移行してゆくのです。そこで、必要になってくるのが、”蓄電池”です。


電力会社ごとの余剰買取価格 契約 買取48円に変更 PV設置 10年保証期間 メーカーの機器保証 保証切れ 

太陽光パネルで発電した電気を貯めて使用する為には、蓄電池が必要です。蓄電池は、そのほかに深夜の安い電気料金のうちに電気を貯め、電気代が高い昼間に使用することができる便利な機器です。蓄電池を活用することで、大幅に、電気代の節約になります。では、蓄電システムの働きやしくみを見ていきましょう。

 

 

 


これからの太陽光発電システムは蓄電池でもっと効率良く!

2009年に、太陽光の固定買取制度がスタートし、普及が進んでいる太陽光発電システム。太陽光発電の採算性やメリットは、確実に広まってきました。しかし、デメリットを挙げるなら、その性質上、天候の悪い日や、夜間、雪の日には発電量が伸びず、「もう少し発電量が伸びたらなぁ~」と、思う日々もあるでしょう。そこで、太陽光発電システムに、蓄電池を併設し、連携させることで、暮らしに役立つ、節電装置として、さらなるメリットを得ることができます。

太陽光発電と蓄電システムを連携するメリット

昼間は、太陽光発電システムで発電した電力を、早朝や夕方に使い、夜間は、蓄電池に貯めた電気を使用することができます。そうすることで、北陸電力から購入する電力量を大幅に抑えることができます。


割安の深夜電力 蓄電 使う電力 つくる電力 余って売る電力 太陽光発電でまかなえる電力 発電量が少ないとき 買電 太陽光が沈んだ後 蓄電池から供給 割高な電力の購入を減らせます

蓄電池には、「省エネモード」や、「ピークシフトモード」といった、様々な運転モードがあり、太陽光発電システムの設備容量や、ライフスタイルに合わせ、運転してくれます。例として、太陽光発電システムの設備容量が大きく、日中の電気使用量が少ないという場合は、太陽光発電システムの電力に加え、夜間に貯めた蓄電池の電力を使用することで、売電量アップを実現することができます。 ※ただし、この場合は、太陽光発電システム単独の買取価格ではなく、W発電の買取価格が適用されるため、注意が必要となります。(導入時にどちらかを選択できます。)

 

 


太陽光発電+蓄電池で頼りになる非常用電源

太陽エネルギー 太陽電池 パワーコンディショナ 蓄電池 特定の電化製品 通常の電化製品 電力会社

もしも、大規模な災害があった場合、停電が長引く場合も考えられます。停電により、携帯電話が充電できなかったり、パソコンが使えない、テレビが見られない、照明が使えないなど、不便なトラブルが起きることが予想されます。太陽光発電システムだけでは、対応しきれない部分もあります。また、蓄電システムの場合でも、いつまで電気がもつかは分かりません。太陽光発電システムと、蓄電システムを併設することで、自然災害が起きたときも安心です。停電時に、日中は太陽光パネルが発電した電力を使用し、余った電力は蓄電池に貯めることで、夜にも電力を使用することが可能になります。パワーコンディショナの自立運転機能よりも多くの電力を使用することができるため、暮らしへのダメージも減り、節約につながります。

 

 


ピークシフト運転 平常時にも経済効果

一般に、太陽光発電システムをお持ちのお客様の電気契約で、深夜電力対応機器を設置の場合、夜間料金が昼間の料金の1/3から1/2に設定されています。そこで、蓄電池を設置することにより、平常時の充電はこの安い電気料金の時間帯に充電し、電気料金が高い昼間の時間帯に、夜間貯めた電気をお使い頂けるようになっています。これにより、本来は非常時だけの為のシステムを、平常時から役立つシステムとしてお使い頂けます。また、この蓄電システムは、太陽光発電システムをお持ちでない方や、オール電化などを契約している方にも有効です。蓄電システムのピークシフト機能は、太陽光発電が稼動する昼間のバッテリーの電力を使用するため、蓄電システムが放電しているときは、本機につながれた特定負荷では、太陽光発電の電力も、購入した電力も使いません。そのため、その分だけ、売電量が増え、その分経済効果が高まります。



集中する電力消費時間を避けることで、消費電力の総量を変えずに、ピーク時の消費電力を抑えることができます!

 

 

 

石川県・富山県・福井県のエリアにて工事を承っております。 (一部地域は、出張費を頂く場合があります。) お問い合わせは、電話もしくはメールにて承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。 ※土日祝の場合は、メールでの受付のみ承っております。


”ミカドのしごと”の、「蓄電システム」でも、蓄電池の機能のことや設置工事の流れについて、詳しく説明しています!


蓄電池の導入コスト

現在、国内において、販売されている蓄電池は、正極材・負極材・電解液に用いられている物質により、大きく4種類に分類されています。種類により、電圧や蓄電容量といった特性が変わるのはもちろん、導入に掛かるコストも大きく異なります。蓄電池を企業や家庭に導入する場合、ある程度の固まった費用が必要になります。設置する際にかかる様々なコストについてご説明します。

蓄電池には2種類のコストがかかる!?

蓄電池を導入する際は、イニシャルコストと、ランニングコストの2種類がかかります。イニシャルコストとは、蓄電池の機器や、それに関連する設備を導入するときにかかる費用のことです。設置する建物の規模により、金額は異なります。一方、ランニングコストとは、システム自体の機能を正常に稼動させるための費用です。こちらのランニングコストも、蓄電池の種類や、設備環境により、設置費用は大きく異なります。詳しくは一度、ミカド電設までお問い合わせ下さい。無料で、現地調査・お見積りさせて頂きます。

 

 

蓄電システム単体 

蓄電システムがあれば、安い深夜電力を、蓄電システムに貯めておくことができます。貯めた深夜の安い電力を、日中の電気代が高い時間帯に使用するので、電気代を大幅に削減することができます。万が一、蓄電システムの電気がなくなったら、電力会社から電気を購入します。


太陽光発電システムと併設

太陽光発電システムも設置している場合、日中は、太陽光発電による電気でまかない、余った電気(余剰電力)は、電力会社に売電します。雨天時や積雪時など、太陽光発電の発電量が足りないときは、蓄電システムに貯めた、深夜の安い電気を活用することができるので、電気代を削減することができます。


電気使用量 太陽光発電の発電量 余剰電力量 売電 電池充電 太陽光発電 自家使用 電池放電 電池充電 貯めた電気を使う 割安な電気を使う

電気使用量が一目で分かるモニター


蓄電システム モニター(放電中)


電気使用量が一目で分かるモニターです。リアルタイムに表示されるので、家族みんなで、節電を意識することができます。

 

 


補助金はどうなるの?

「蓄電システムも、太陽光発電システムと同様、高いお金がかかるんじゃ・・・」といった問題に悩む方も多いのではないでしょうか?実は、蓄電システムも太陽光発電システム同様国や県、自治体から補助金が支給される場合があります。補助金制度の内容をしっかりと把握して、導入を検討してみましょう。

※平成27年度の蓄電池の補助金事業は、平成27年3月30日~平成27年12月28日まで、蓄電池の購入に、国からの補助金が交付されました。

 

 

国からの補助金


家庭用 100万円 企業用 1億円

ただし、上限とあるとおり、必ず100万円が交付されるわけではありません。複雑な計算が行なわれ、実際の補助金が決定します。

補助金の対象蓄電池


補助金対象 リチウムイオン蓄電池  補助金対象外 鉛蓄電池 ナトリウム蓄電池 ニッケル水素蓄電池

今回の補助金では、対象の蓄電池は、リチウムイオン蓄電池に限定されていました。

 

 

 

県・市町村からの補助金

平成27年度は、石川県からの補助金事業はありませんでした。市町村別では、内灘町と、羽咋市では、補助金が交付されています。

河北郡内灘町


補助金額 一律10万円 補助上限額 10万円 申請提出期限 2015年4月1日~2016年2月29日

※平成27年度の補助金制度内容です。

羽咋市


補助金額 ①市内在住者 一律5万円(全額を商品券で交付)②転入者 一律10万円(半額を地域商品券、半額を現金で交付) 補助上限額 10万円 申請提出期限 2015年4月1日~2015年12月28日

※平成27年度の補助金制度内容です。

上記は、平成27年度の国・県・地方自治体の補助金制度内容です。ただいま年度切り替え中です。平成28年度の補助金事業内容は、もうしばらくお待ち下さい。

 

 

 

 

石川県・富山県・福井県のエリアにて工事を承っております。 (一部地域は、出張費を頂く場合があります。) お問い合わせは、電話もしくはメールにて承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。 ※土日祝の場合は、メールでの受付のみ承っております。

<対象地域>

石川県全域(金沢市、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、羽咋市、かほく市、白山市、能美市、野々市市、川北町、津幡町、内灘町、志賀町、宝達志水町、中能登町、穴水町、能登町)

富山県内一部(富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、舟橋村、上市町、立山町)

福井県一部地域

bt-pagetop