太陽光発電システムの販売・施工なら 株式会社ミカド電設(石川県野々市市)

太陽光発電システムの販売・施工なら
株式会社ミカド電設(石川県野々市市)

TEL 076-225-3087


2019年以降で太陽光の売電が終了する方必見!蓄電池で電気を貯めてさらにお得な生活へ

太陽光発電における『2019年問題』が、もうすぐそこに迫っています。2019年は、太陽光発電の余剰買取制度で設定された10年間の買取義務保証期間を満了した人が出てくる年です。このことから、『2019年問題』といわれています。これまでは、太陽光で作った電気は家庭で使い、残った分は売電していました。では、保証期間が終了してしまったら、家庭で使う分以外の残った電気はどうしたらいいのでしょうか?

「2019年問題」とは?


2019年問題 太陽光

2019年は、2009年に太陽光発電システムを設置した方の、「余剰電力買取制度」期間が終了となる年です。余剰電力買取制度は、家庭での太陽光発電パネルで発電をし、余った電力を10年間、固定価格で電力会社に電気を売ることができるという制度です。余剰電力買取制度が始まった頃は、48円/kwhで買い取りが行われていました。それから徐々に売電額が下がりましたが、買取制度ありきの太陽光発電システムでした。

2009年に設置した方が2019年に買い取りが終了するため、「2019年問題」といわれていますが、2010年に設置した方、2011年に設置した方・・・と順に、「余剰電力買取制度」が終了していきます。


2019年以降も順次買い取りが終了していきます!

売電期間が終了となるのは、2019年が初めてなので、騒がれていますが、以後、順次終了していきます。

※10kw未満の売電期間は10年、10kw以上の売電期間は20年


自宅に設置してある太陽光発電システムの今後


買い取り期間終了後は太陽光発電システムをどのように活用すればいい?

 

それでは、2019年問題は、今後どのようになり、どんなことをする必要があるのでしょうか?買い取り期間が終了し、「2019年問題」に直面した場合、太陽光発電システムの3通りの活用方法があります。まずは、電気を「売る」のか「売らない」ということも考える必要があります。


太陽光 売る 売らない

①大手電力会社・新電力と安い価格で売電契約を結び直す

②従来通り、昼間の自家消費を行い、昼間の電気だけを使用する

③蓄電池を設置し、余剰電力を蓄えて、蓄えた電気は夜間に使用する

買い取り期間が終了した後は、これらの3通りの方法があります。では、それぞれの詳細をみていきましょう。

 

案①大手電力会社・新電力と安い価格で売電契約を結び直す

2018年7月時点、電力会社(北陸電力)がどのような対応を取るかは、いまだに判明していません。現在の時点で予想されているのは下記の通りです。

● 電気の買い取りそのものを拒否される可能性がある

● 買い取りができたとしても価格が大幅に下がってしまう

これまでの通り、太陽光で発電した電気は、優先的に自宅で使用し、余った電力は売ります。これまで通り、電気代削減を実現することができます。今までのように高い売電価格で買い取ってもらうことは無理ですが、買い取り期間終了後も、「電気代削減+売電収入」というメリットを得ることができます。

案②従来通り昼間の自家消費を行い昼間の電気だけを使用する

売電が難しい場合には、昼間に太陽光で発電した分を自家消費のみするという方法があります。自家消費分の電気は今まで通り、太陽光発電で作った電気を使用し、余った電力は、無償で電力会社の電力網へ流すことです。太陽光で発電した電力を使用することで発生する「電気代削減メリット」は今後も得ることができます。しかし、「余剰電力収入がゼロ」になってしまいます。

案③蓄電池を設置し余剰電力を蓄えて発電できない夜間に使用する

太陽光で発電した電力を売電するのではなく、蓄電池に貯めるという方法です。太陽光発電で発電した電気を蓄電池に貯めて、使用することで、電力会社から電気を買わずに自家消費をするという形です。①~③のうち、注目が集まっているのは、こちらの、「蓄電池設置」です。蓄電池の設置には、追加の投資が必要になりますが、災害時への備え、電気料金の節約などの効果は、十分に考慮に値します。蓄電池の導入コストよりも、多くの電気を作り、生活の上で使うことができれば、買い取り期間終了後でも蓄電池を導入し、メリットを得ることができます。


電気を「買う」より作る方がお得な時代へ!

太陽光発電は売るよりも使う時代へ

北陸地方は、電気代負担が全国で一番多いことを知っていましたか? ということは、他の電力会社に比べてダントツで電気代が安いことで有名です。しかし、何故、電気代負担が大きいのでしょうか?

北陸地方は、持ち家を持つ世帯が多く、家が大きく部屋数が多いことでも有名です。家が大きいということは、照明やエアコンの数も必然的に多くなり、多くの電力を消費することにつながります。


北陸地方 大きい家

グリッド・パリティとは?


グリッド・パリティ 家庭用電気料金 発電電力の売電価格

売電メリットが非常に大きいため、太陽光発電システムが非常に普及しました。今後、太陽光発電による売電価格は徐々に低下し、逆に電力会社から買う電気代は値上げされる傾向にあります。 その後は、買う電気代よりも売る売電価格の方が安くなる可能性があります。 上記のグラフのように、電気代が売電価格を上回る地点をグリッド・パリティといいます。 太陽光の売電の総額より、電力会社からの買電の方が高額になることを意味します。 電気代が高額になるほど、太陽光発電システム設置のメリットが大きくなります。売電するよりも、蓄電池に電気を貯めて、自家消費をする方がメリットが大きいことを意味します。太陽光発電システムを設置し、貯めた電気を家庭内で使用することで、売電するよりも大きなメリットを得ることができます。

買取り期間終了前でも蓄電池を導入するとお得です!

蓄電地のしくみについての詳しい記事はこれらの記事をご覧下さい!

蓄電地紹介関連記事

画像をクリックして頂くとページに飛びます。



蓄電地設置のメリット①

蓄電池で深夜の安い電気代の時間帯に電気を貯めておくことができます。

蓄電地設置のメリット②

深夜に貯めた電力で、昼間使う電力を賄うことができるので、作った電気を多く売電することができます。

蓄電地設置のメリット③

蓄電池を導入すると、いつも通りの生活でも楽々節電ができます。

買い取り期間終了後の太陽光+蓄電池はどのように活用する?


太陽光 蓄電池

パターン①


太陽光発電量 余剰分は蓄電池に充電 昼間の電気は太陽光でまかなう 消費電力量 蓄電池から放電

昼間は太陽光でつくった電気を家で使いながら、余った電気を蓄電池に貯めます。 太陽光が稼働しない朝夕も昼間に貯めた電気で生活します。足りない分だけ、電力会社から電気を購入します。電気代の節約と自給自足が実現します。

パターン②


深夜の割安な電気を電力会社から買って蓄電池に貯めます。昼は太陽光でつくった電気は変わらずに売電します。 太陽光が稼働しなくなる夕方からは蓄電池に貯めた電気を使うことによって電気代を1/2に削減できる場合があります。

 





メールからのお問い合わせはこちら


お急ぎの方にビデオチャットアプリを使った現地調査はじめました

ビデオチャットアプリを使った現地調査はじめましたのページはこちらから

bt-pagetop