金沢市内にて、IHクッキングヒーターの入れ替え工事を行いました!

いまやガスコンロに代わって勢いよく普及してきているIHヒーター。
今回はそんなIHヒーターの入替え工事の模様をご紹介致します。
一般住宅にてお使いのIHの調子がよくないとのことで、新しいものに入替えさせて頂いたときの様子です。



まずはIHの電源をコンセントから抜き、本体を取り外します。
IHヒーターはガスコンロに比べて汚れがつきにくいですが、周りにはどうしても多少の油汚れがつくことあるため、洗剤を吹き付けて拭き取ってあげます。




IHの台の下の扉を開けると、奥の方にIH専用のコンセントがあります。

IHは俗にいう“200ボルト機器”と呼ばれ、通常の家電製品などよりも使う電気の量は大きくなります。
(通常の家電製品などはほとんどが100V機器です)
そのため、普通のコンセントよりも大きなコンセントを使用します。
当然、ブレーカーからコンセントまでの電線も太いものを配線しています。
大きな電流が流れても大丈夫なようになっています。

もしガスコンロからIHヒーターへの入替えの場合は、IH用のコンセントの設置と配線工事も必要となります。
もちろん、そちらの工事もミカド電設にはお手の物です☆





こちらが外したIHヒーターです。
少なくとも10年以上は使っていたそうですが、ここ最近になって温度が安定しなくなっていたそうです。



新しいIHヒーターを設置し、コンセントに接続したら設置は完了です!
あとは試運転をし、正常な動作を確認したら作業は終了となります。

以前は黒い色でしたが、白もなかなかステキですよネ☆



完了です!

以前のものより機能も充実し、使いやすくなりました。
3つ口のうち、下の大きい2つは電磁誘導により熱を発し、調理を行います。よって、調理の際にはIH専用のお鍋などをお使い頂く必要があります。

上の小さい1口は、直接熱を発する部分になります。
以外と知られていないですが、ここでノリを炙ったりなんかもできます♪

側面にはグリルもついており、お魚を焼くこともできます。

これでも機能的にはシンプルな方なので、金額もそんなに高くないですよ!
(詳しくは現地確認にて、ご案内致しますネ♪)


便利で使い易いIHヒーター☆
値段も手ごろなものから、本格仕様まで様々あります。
IHの導入をお考えの方は、ぜひミカド電設までお問い合わせ下さい☆
現地確認~工事~使い方説明まで当社スタッフが責任を持って行いますので、安心ですよ♪

お待ちしておりますm(_ _)m


※これらの工事を行うには、電気工事士の資格が必要です。