石川県金沢市内にて、テレビ端子の交換工事を行いました

古いタイプのTV端子から、現行のTV端子への交換をご紹介します。

お宅でTVを見るためには、外部にあるTVアンテナ・ケーブルが無いとTVは見れません。
内壁面に設置されているTV端子が無いとTVは見れません。
TV離れと言われる昨今ですが、やはり重要なものです。



写真の古いタイプのTV端子をフィーダー端子と言います。
フィーダー端子の場合、アンテナケーブルとTV端子の間に整合器を接続する必要があります。
そのため、最近ではアンテナケーブルをそのまま差込みできる、F型のTV端子が主流となっています。








始めに、表面のプレートを外します。











それでは、次に『TVの裏側』をお見せします。





プレートでカバーされていると、TV端子とコンセントが一体かと思われますが、
プレートを外すと全く別ものである事が分かります。
普段何気なく見ていて、意外に知らないものの一つではないでしょうか。





古いTV端子を外します。
今回のものは、『渡り』タイプでIN・OUTがあります。
上の階から下の階へTV配線が直列に接続されています。

最近の住宅では、入力系統の影響を受けないよう、全てのテレビ端子が端末型になっています。







こちらが交換後です。
最近主流の、F型のTV端子です。
配線を差し込むタイプとはさみ込むタイプがあり、正確に行わないと電波が正常に伝わず、TVが映らない原因の一つになります。



そろそろ、完成間近です。



バッチリ水平が取れています。







完成です。
以上『TVの裏側』でした。


※これらの工事を行うには、電気工事士の資格が必要です。