かほく市アパート 部屋干しファン取付工事

みなさん、こんにちは!
北陸地方もいよいよ梅雨に入りましたね!同時に、気温が高くなってきて、夏本番も近づいてきました!
梅雨は湿気が多いので、洗濯物も乾きにくいため、苦手と感じる方がたくさんいるのではないでしょうか?

 

さて!今回の工事日誌は、”部屋干しファン”という、洗濯物を乾燥させる機器の取付をさせて頂いたときの様子をお伝えします。 私たちの住む石川県や北陸地方は年間を通して湿気が多く、特に今の時期のような梅雨時や悪天候時は、洗濯物を外に干せず部屋干しをせざるを得ません。

しかし、部屋干しだとカラリと乾かなかったり、洗濯物に部屋干し独特の臭いが残りますよね。 最近では共働きのご家庭も多く、外にずっと干しておけなかったり、花粉や排気ガス、PM2.5を気にされて、やむなく部屋干しをされてる方が多いのではないでしょうか? 部屋干しをしても、いい香りのままカラリと洗濯物が仕上がると嬉しいですよね。部屋干しファンはそんな北陸に住む私たちの強い味方になってくれます。

今回は、石川県かほく市のアパートでの部屋干しファンの取付工事の様子をお伝えさせて頂きます。

 



工事ファイル17 石川県かほく市 アパート 部屋干しファン取付工事

今回は石川県かほく市のとあるアパートのオーナーのS様より、「部屋干しファンを取付してほしい」とご依頼を頂きました。 アパートにお住まいの方は特に部屋干しになりがちで、洗濯物の乾燥について悩む入居者様が多いので、取付をご希望されたとのことでした。

今回、部屋干しファンを取付する場所は洗面所(脱衣所)です。洗濯物には湿気が多く含まれているため、部屋干しファンを使用する際は同時に換気扇で使用することになるので設置場所は換気扇のある部屋になります。(洗面所に換気扇がない場合は、お風呂が隣接されていればお風呂の換気扇で対応できます)。

それでは、施工を始めていきます! まずは取付位置を決めたら、壁・天井が水平であることを確認します。

 



部屋干しファンを動かすには、当然ながら電気を使用するための“電源”が必要になります。 今回は天井裏で配線をし、壁から電源となる電線を出しました。 写真では若干わかりにくいですが、設置場所の後ろにユニットバスがあるのがおわかりでしょうか?

ユニットバスの天井には必ず点検口があり、天井裏を覗くことができます。 今回はユニットバスの点検口から天井裏で配線作業を行いました。

 




壁面の下地を探し、確実に取付られるところを探します。確認できたら、その位置に水平になるように、ねじ止めで設置します。

しっかり固定できたら電源線を本体に接続します。

 



フロントパネルを取付します。カチっと音がするまで押し、ねじで固定します。

部屋干しファン取付工事完了です! そして、今回は洗濯物を乾かすために・・・




こちらの“ホシ姫サマ”を取付完了しました! この“ホシ姫サマ”というのは手動で出したり収納したりが出来るタイプの物干し竿です。 今回は手動のものでしたのでリーズナブルでしたが、電動で出し入れが出来るタイプもございます。電動式の物干しを設置ご希望の場合は、もちろん当社が配線工事から設置までさせて頂きます!

※これらの工事を行うには、電気工事士の資格が必要です。

部屋干しファンの試運転も無事完了し、アパートオーナーのS様にもご確認をして頂きました。 体感的にも心地のいい風が出てきて、気持ちよく洗濯物が乾きそうですね。また、スリムでコンパクトな形状で、S様にとても喜んで頂けました。洗濯物の部屋干しでお悩みの方は、一度、ミカド電設にご相談下さい!

今回はかほく市での対応をさせて頂きましたが、金沢市・野々市市などでももちろん対応可能ですので、近隣にお住まいの方はいつでもご相談下さい☆

 

ミカド電設では、毎月特集記事をアップしています! 7月は、部屋干しファンについて特集をさせて頂きました!

雨が多い石川県・富山県では、部屋干しが多くなるため、部屋干しに役立つ便利機器は、とても活躍してくれます! 何故、おすすめなのでしょう?

ぜひ、↓のリンクより、特集記事をご覧下さい!

 

 

部屋干しファンの特集記事はこちらからご覧下さい!



 

ミカド電設へのお問い合わせはこちらまでお願いします!

現地調査・お見積りは無料です。


石川県・富山県の電気工事のことならミカド電設にお任せ下さい!