金沢市内のお宅にて洗面台の交換の現地調査を行いました!

ミカド電設のホームページをご覧の皆さま、こんにちは!
今回の工事日誌は洗面台の交換の現地調査へ伺った際の様子をご紹介します。



こちらの洗面台にてご紹介します。
交換を考えたら、まずは・・・



まずは、既存の洗面台本体の、高さ・幅などの大きさの確認から始まります。
今回はスペースを考え、既存の洗面台と同じサイズでの交換のケースです。リフォームの場合は、よほどの事が無い限り、同じサイズか大きいサイズへの変更で、小さくするケースはほぼありません。
洗面台の本体サイズが把握できたら、本体の設置状況を確認します。



洗面台の左右にスペースがあるか、壁との接地の有無を確認します。壁と洗面台が接地していると、壁やクロスの補修が必要な場合があり、工事費を予め考えておく必要があります。
壁ですとクロスの貼替え、床ですとクッションフロアの貼替え・上貼りが多いです。
これは、既存の洗面台が設置された後に、内装工事を行ったためです。



給排水管は床と壁のどちらかになります。
基本的に配管状況を変えずにリフォームを行います。写真は壁給水、床排水です。
新しい洗面台の仕様に関わりますので、必ず確認します。
以上がポイントとなります。
その他では、マンション等で、天井に梁がある場合は、洗面化粧台の高さに影響する場合や、オプションの吊戸棚が設置できない場合もあります。
洗面化粧台の上部がどうなっているかも大事です。



石川県・富山県・福井県のエリアにて工事を承っております。 (一部地域は、出張費を頂く場合があります。)

<対象地域>

石川県全域(金沢市、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、羽咋市、かほく市、白山市、能美市、野々市市、川北町、津幡町、内灘町、志賀町、宝達志水町、中能登町、穴水町、能登町)

富山県内一部(富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、舟橋村、上市町、立山町)

福井県一部地域


ビデオチャットアプリを使った現地調査