金沢市内のお宅にて、洗面台の交換の現地調査を行いました!

今回の現地調査は、洗面台の交換です。




こちらの洗面台にてご紹介します。
交換を考えたら、まずは・・・









まずは、既存の洗面台本体の、高さ・幅などの大きさの確認から始まります。
※今回はスペースを考え、既存の洗面台と同じサイズでの交換のケースです。




リフォームの場合は、よほどの事が無い限り、同じサイズか大きいサイズへの変更で、小さくするケースはほぼありません。

洗面台の本体サイズが把握できたら、本体の設置状況を確認します。





洗面台の左右にスペースがあるか、壁との接地の有無を確認します。壁と洗面台が接地していると、壁やクロスの補修が必要な場合があり、工事費を予め考えておく必要があります。

壁ですとクロスの貼替え、床ですとクッションフロアの貼替え・上貼りが多いです。
これは、既存の洗面台が設置された後に、内装工事を行ったためです。




次に、



給排水管は床と壁のどちらかになります。

基本的に配管状況を変えずにリフォームを行います。写真は壁給水、床排水です。
新しい洗面台の仕様に関わりますので、必ず確認します。


以上がポイントとなります。

その他では、マンション等で、天井に梁がある場合は、洗面化粧台の高さに影響する場合や、オプションの吊戸棚が設置できない場合もあります。
洗面化粧台の上部がどうなっているかも大事です。