石川県金沢市N様邸 電気自動車充電設備 設置工事

北陸地区にお住まいの皆さまこんにちは!
ゴールデンウィーク真っ只中!素敵な連休をお過ごし下さい!

お出掛けする日が増えるかと思いますが、そんな時こそ、空き巣が増加する時期なのです。
最近では、SNSでの「今、○○に来ています!」などの投稿を見て、自宅は留守なのだと判断され、狙われることもあるようです。
レジャーを楽しむためにも、空き巣被害に遭わないために、きちんと戸締りをし、防犯対策をしておきましょう!

今回のお宅は、石川県金沢市内のお宅で、電気自動車充電用設備(EVコンセント)の新設工事をさせて頂いた時の様子を皆さまにご紹介したいと思います。

 

工事ファイル25 石川県金沢市N様邸 電気自動車充電用設備 設置工事

今回のエアコン工事をご依頼頂いたのは、石川県の金沢市にお住まいのN様です。
ご依頼の内容としまして、「電気自動車を購入したので、家で充電できる収納式の電気自動車用コンセントを取付してほしい。」ということで弊社にご相談を頂きました。
一度、現地調査に伺わせて頂き、カタログで商品をお選び頂き、工事をご依頼頂けることとなりました。

最近、電気自動車の充電設備の設置工事をご希望されるお客様が増えてきました。
充電設備にもいろいろな形状のものがあり、シンプルな形状の電気自動車コンセントや、鍵付きのもの、今回ご依頼頂いたような収納ボックスつきのタイプなど便利なものもたくさん出て来ています!

では、作業風景をご紹介します!



まずは、専用回路の配線工事を行います。

多くの電気自動車は200V電圧で、1個のブレーカーからコンセントまで専用の配線を1本引く必要があります。

分電盤の蓋を開け、新しいブレーカーを設置し、屋外の設置箇所まで配線をします。天井裏や床下などを潜り配線してきます。

 

 



こちらの写真は天井裏から撮った壁内の写真です。
分電盤から天井裏で配線を行い、その電線をこの壁内を通して床下に落とします。
その後、作業員が床下に潜り、コンセント設置位置まで床下配線を行います。




コンセントを設置する位置に穴をあけ、床下から配線した電線を引っ張り出します。

床下からうまく外部へ電線を出すことができました!

続いては、電気自動車用コンセントの取付にとりかかります。

 

 

 



電気自動車用充電器本体を設置します。写真はありませんが、水平器を使い、水平になるように、固定していきます。

 

 

 


本体設置後、側面をコーキングという防水処理を行います。




設置完了しました!

試運転を行い、きちんと充電できたことをN様にもご確認頂きました。
電気自動車用充電設備の取付工事、これにて完了です!
これで、いつでもご自宅で充電ができますね!

※これらの工事を行うには、電気工事士の資格が必要です。


N様

この度は、ホームページをご覧頂き、工事のご用命ありがとうございました。その他、何かございましたら、いつでもお待ちしております。
今後共、お付き合いの程、どうぞよろしくお願い致します。

石川県・富山県で、EVコンセントの取付・交換工事をご検討されている方は、以下のリンクよりお気軽にお問い合わせ下さい。無料で現地調査・お見積りをさせて頂きます。その他、ご相談なども承っております。




メールからのお問い合わせはこちらから