防犯対策や訪問販売対応に重宝するテレビインターフォン交換工事

TVインターホンへの交換についてご紹介します。

今回ご紹介するのは、インターホンからTVインターホンへの交換なので、
一番シンプルなケースです。



既存がインターホンの場合、電線とOP線という細い電線が既にインターホン裏まで配線されています。
OP線とは親機と子機を繋ぎ、映像・音声等を通信する線です。





配線がされているため、器具本体の入替えというシンプルな施工となります。
TVインターホンの下のものは、メクラプレートです。
既存インターホンが少し低い位置にあったため、既存の位置より設置位置を上げました。
そのため、既存の穴はメクラプレートで処理しました。





次は、外機(子機)を交換し完了となります。






交換後
↓  ↓  ↓



次回は、違うケースの設置方法をご紹介します。
TVインターホンは、最近特にご依頼を頂きます。
中でもアパートが多いです。チャイムやインターホンよりTVインターホンは、防犯上より安心です。
又、訪問販売への対応など何かと重宝しますね。

※これらの工事を行うには、電気工事士の資格が必要です。