水道水の赤水・赤さびの原因となる給水管(水道管内部)を洗浄する「水道管クリーニング」の施工方法

水道水の赤水・赤サビの原因となる給水管(水道管内部)を洗浄する「水道管クリーニング」の施工方法をご紹介します。

例としてご紹介するのは、 約築25年 一戸建てのお宅です。



【施工方法】
水圧は水封された管内部で水が静止の状態ですと、管のすべての方向に等しく働いています。
この時管内に圧縮エアーを断続的に発射すると、圧縮エアーが管内の水に衝突して微粒子の気泡を作り、次第に壊れて大きくなります。
壊れる時、高周波を発し管内部の異物を剥離し水と共に排水します。

水道の元栓から近い蛇口から施工します。
※管は繋がっていますので、遠くから施工していくとその分汚れが多く、長時間かかってしまいます。
 近くから行う事で、距離が短い範囲を順番に比較的 短時間で効率的に施工する事が出来ます。
 また、汚れを正確にしっかり落とす事が出来ます。


以下の順番で施工していきます。
※建物によって順番は異なります。


■トイレ


■キッチン 給水管


■キッチン 給水管・給湯管の汚れ


■洗面台 給水管


■洗面台 給湯管


■洗面台 給水管・給湯管汚れ


■洗濯機


■洗濯機 汚れ


■浴室 洗い場


■浴室 洗い場汚れ


■浴室 浴槽部


■浴室 浴槽部:給水管汚れ


■浴室 浴槽部:給湯管汚れ








こちらのお宅は、トイレが水道の元栓から近いため、トイレから始まりキッチン、洗面、浴室と施工行いました。
長い間の汚れが見受けられましたので、念入りの洗浄を行いました。
最初は赤いサビ水が大量に出て来ましたが、工事を進めるにつれ赤い色が薄くなり、次第に透明な水となっていきます。

引き続き今後も、施工した事例をご紹介していきますので、お楽しみに。