瓦屋根に太陽光パネルを設置する際のちょっとした工夫

北陸にお住まいのみなさま、こんにちは!
ミカド電設・電気工事部の 大縫 “オオヌイ” と申します。

本日は太陽光パネルを設置する過程を、みなさまにお伝えしたいと思います。
普段はなかなか見られない屋根の上での作業です。
太陽光発電に興味のある方はぜひごらん下さい。


今回説明するのは瓦の屋根のお宅です。
日本の住宅ではやはり多いです。
瓦のお宅に太陽光パネルを設置するにはちょっとした工夫をします。


まずは、決められた箇所の瓦に小さな穴をあけます。
この“穴”がとっても重要なんですね。
穴をあける瓦の位置とその穴の位置が正確かどうかによってパネルの傾きなどが変わり、仕上がりの見た目が変わってきます。
そこをしっかり正確に施工するのがプロというもの!
ミカド電設のスタッフはバッチリ、正確にやってのけます。


穴あけ作業は危険と正確性が伴うので、瓦を一旦屋根から降ろして作業します。
そして再び屋根に上り、屋根上作業を再開します。


瓦をめくるとルーフィングという防水シートが出てきます
その上に板を取り付けます。
垂木と野地板(屋根材)にしっかりビスを締め付け固定します。


取り付けた板に金具を取り付けます。
これは“アンカー”といい、パネルを支える大事な役割を持っています。
まさに『縁の下の力持ち』!
さっきとりつけた板は、このアンカーを支える土台だったんですね。


板とアンカーを取り付けたら、取り付けたビスの部分をきちんとコーキングします。
お客様からの問い合わせで、なかには雨漏りなどを心配される声を聞くこともありますが、
このように、太陽光パネル設置工事では防水処理も完璧に施していますので安心です。
雪の多い北陸地方でもバッチリです♪


アンカーの設置工事が終わったので、瓦を元の位置に戻しました。
ここからは瓦の表面の防水処理を行っていきます。
穴の回りの汚れを取り除き、プライマーという液体を塗ります。


さっきの液体は、接着剤のような役割を持っています。
コーキングがよりしっかりつくようになり、さらに防水効果が強力なものになります。


そしてコーキングを塗った上にさらにゴムのキャップをかぶせます。
密閉度も高く、コーキングの劣化も防ぐことができます。


さらにさらに、ゴムキャップの上部にカバーをします。
上の瓦から滴り流れてくる雨水も完全にシャットアウトしてくれます。
これでみなさん、安心ですよね!!!


そしていよいよ!パネルの設置にうつっていきます!
パネルを屋根に固定するための架台をアンカーに取り付けます。
ここでこの架台をきれいに並べて取り付けてあげれば、パネルが傾いたりしないので確実にまっすぐに高さも揃えて取り付けをします。

そしていよいよパネルの設置です!


パネルを1枚1枚丁寧にのせていきます。
この1枚1枚をケーブルで繋いで発電した電気を送ります。
パネルをしっかり架台に固定して完成!!!


きれいに取り付けることが出来ました!
これからたっぷり発電してくれることでしょう☆

※これらの工事を行うには、電気工事士の資格が必要です。