太陽光パネル設置工事~TOSHIBA(東芝)編~

ミカド電設のホームぺージをご覧の皆さまこんにちは!
まさに季節の変わり目。私たちが住む石川県ではまだまだ肌寒い日も多く、ついついエアコンをつけたくなる日もたまにあります。
こんなとき、自宅に太陽光発電システムが導入していたら、電気代やエコにも気を使わずにエアコンを使えるから、太陽光発電は素敵ですよね!
さて、前回の工事日誌では和瓦のお宅の太陽光パネルの設置工事の様子をお届けしました。
今回は、ストレート屋根のお宅の工事の様子をお届けしたいと思います。
では、ご覧下さい。



今はこういったストレート屋根のお宅もかなり増えてきました。
前回ご紹介した瓦の屋根の場合は瓦を剥がしたり、瓦自体にも加工をしたりしていましたが、今回のような場合は屋根に直接架台を取り付ける方法で工事を行っていきます。
では、こういったストレート屋根は、瓦の屋根よりも工事が簡単なのでしょうか?



屋根に架台を取り付けるための金具を取り付けていきます。
この金具類は無造作に取り付けられているように見えますが、実はそうではありません。
取り付ける前に、設置位置を算出し、印をつける“墨出し”という工程を行います。
この墨出しがバッチリ決まると、パネルをのせたときにとっても綺麗な並びになります。
当社のスタッフも、この墨出しにはよりいっそう気を配って行います。



金具を拡大するとこんな感じです。
結構小さいですが、強度はバッチリです!
架台をしっかり支える役目を持っています。
周り部分もしっかりとコーキングをし、防水対策もしっかり行います。




金具をつけ終わったら、架台を載せていきます。
しっかり墨出しをしていたおかげで、架台も綺麗に並ばせることができました。


あとは、この架台の上に太陽光パネルを並べ、しっかり固定をしていきます。
では今回は、前回お見せしなかったお宅の中も少しご紹介します。
外からは見えない場所でも、太陽光発電には欠かせないシステムがあります。



さて、こちらは“パワーコンディショナー”、通称パワコンです!
このパワコンこそが、太陽光発電システムの心臓部といっても過言ではありません。
パネルで集めた“太陽光エネルギー”を、住宅で使える“電気”として変換してくれます。
このパワコンから分電盤へ繋ぎ、家のすみずみまで電気を送る役割をしています。
日中であれば、普通に生活する分の電気も賄えるほどの発電量です。



ではまた屋根の上に戻ります。
いよいよパネルの設置を行います。
1枚1枚のパネルは電線で繋がれており、太陽光のエネルギーを宅内のパワコンへと送り込みます。
ちなみにこちらはTOSHIBAさんのパネルになります。
表面の“セル”という部分が大きいタイプで、パワフルな発電をしてくれます。
デザインもとっても綺麗で、人気があります。



太陽の光を浴びて、サンサンと光っています。
設置した日は天気がよく、パネルくんも嬉しそうな気がしませんか?!
お客様も並んだパネルをごらんになってとても嬉しそうでした☆
スタッフとしても、パネルが綺麗に並んで、お客様の笑顔を見たあとはなんとも清々しい気分になります。
今回工事をさせて頂いたお宅のお客様にはステキな太陽光ライフを楽しんで頂きたいと思います。
また次のお宅の太陽光パネル設置工事もがんばりますよ!

※これらの工事を行うには、電気工事士の資格が必要です。



石川県・富山県・福井県のエリアにて工事を承っております。 (一部地域は、出張費を頂く場合があります。)

<対象地域>

石川県全域(金沢市、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、羽咋市、かほく市、白山市、能美市、野々市市、川北町、津幡町、内灘町、志賀町、宝達志水町、中能登町、穴水町、能登町)

富山県内一部(富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、舟橋村、上市町、立山町)

福井県一部地域


ビデオチャットアプリを使った現地調査