石川県能美市にある2階建6部屋のアパートへの太陽光発電設置工事の様子〜前編~

皆さんこんにちは!ミカド電設営業部です。
最近は住宅への太陽光発電システムの導入が増えてきていますが、実はアパートや企業での太陽光発電の導入も目立ってきました。私達が住む石川県でも確実に増えてきています。
今回の現場は石川県能美市のとあるアパートでした。
「うちのアパートにも太陽光パネルを設置しようかなぁ・・・」
そうお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は紹介したい内容がたくさんありますので、前編・後編に分けてお送りしたいと思います♪では、前編スタートです!



こちらが、今回の現場となる2階建て6部屋のアパートです。
アパートともなると屋根も広く、たくさんのパネルが載りそうです。
日差しに対する屋根の向きも良好です。さっそく作業に取り掛かりましょう。


屋根の上の様子です。
こちらの屋根は瓦屋根です。屋根の上に登って、これからこの屋根にびっしり太陽光パネルが並んだ様子を思い浮かべると、スタッフもわくわくしてきます!


まずは指定の屋根をはがし、そこに“ベース補強板”を取り付けます。
たくさんのパネルを支える重要な土台となる部分です。
この板を取り付けることによって強度はバッチリになります。


ベース補強板の上に“支持瓦”をはめこみます。
様々な形の中から、あらかじめこの屋根にぴったりのものを選んで用意します。
ね、ぴったり収まっているでしょう♪



そこに“支持瓦ベース”をはめます。
野球のホームベースのような形をしています。


そして、架台を固定するための金具を取り付けます。
ここまでやったら、少しおもしろい工程に入ります。
雪国ならではのアイディアが詰まっていますよ。


こんなものを屋根の端に取り付けます。
この網の筒、何だと思います??
この網の名前は“ゆきもちくん”です!
実はこの網は屋根に積もった雪が下に落下するのを防ぐ役割を持っています。
このゆきもちくんが落雪を食い止め、少しの雪であれば発電時にパネルに発生する熱が少しずつ雪を溶かしてくれます。
雪の多い北陸地方の冬にはとっても便利なアイテムです♪
(ただし、あまりにひどい積雪の際は雪おろしが必要です)
さて、あと少しで架台も完成です!


下から架台を取り付けていきます。前回紹介したTOSHIBA製の架台は縦並びでしたが、今回のSHARP製の架台は横並びです。メーカーによってこんなところに違いがあるのもおもしろいですね。選ぶ楽しみもあります♪


“SHARP”のロゴ!!
かっこいいです。


架台がキレイに並びました。
よーく見るとわかるのですが、1番下側の架台だけ支える金具の数が多いんです。
強度を上げて、パネルをしっかり支えてくれます。


以上で、前編を終わりたいと思います。
次回の後編はいよいよパネルを載せます!
後編の、石川県能美市、2階建6部屋のアパートへの太陽光発電設置工事の様子〜後編〜はこちらからご覧下さい。
お楽しみにしていて下さい。

※これらの工事を行うには、電気工事士の資格が必要です。



石川県・富山県・福井県のエリアにて工事を承っております。 (一部地域は、出張費を頂く場合があります。)

<対象地域>

石川県全域(金沢市、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、羽咋市、かほく市、白山市、能美市、野々市市、川北町、津幡町、内灘町、志賀町、宝達志水町、中能登町、穴水町、能登町)

富山県内一部(富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、舟橋村、上市町、立山町)

福井県一部地域


ビデオチャットアプリを使った現地調査