石川県河北郡津幡町にてスレート屋根への太陽光発電設置工事を行いました!

皆さんこんにちわ!
本日も、弊社のホームページをご覧頂きましてありがとうございます。
さて、本日の工事日誌も太陽光パネル設置工事です。
ここ数年、石川県はもちろん、北陸地方全体で太陽光発電システムの導入が増加傾向にあります。
今回は、石川県河北郡津幡町の一軒家にお住まいのお客様よりご依頼を頂きました。


今回設置工事をさせて頂く屋根の様子です。
スレート屋根ですので、架台を直接屋根に取り付ける工事をします。
工事日誌でも何度かご紹介していますので、おなじみの工程ですね!


写真のスタッフは、ミカド電設の太陽光設置工事の中心人物、菅野(かんの)さんです。
写真は、パネルの架台の部品を1つずつ取り付けている様子です。
あらかじめ、正確に墨出しをして設置箇所に印をつけておき、取り付け作業に入ります。



電動ドライバーを使用しての作業の様子なのですが、となりには掃除機を置きます。
何故掃除機を置くのかといいますと、電動ドライバーを使ったときに出る粉を吸いながら作業をしているからです。粉を1粒でも残さないように、丁寧に掃除機をかけていきます。



架台をしっかり固定している様子です。
もちろん、この後コーキングもばっちり行いますので、防水対策も万全です。
菅野さんは月に何件もの太陽光パネル設置工事を行っているので、作業もとても正確でスムーズにやってのけます!


架台の設置が完了しました。
太陽光の工事では、パネルを載せる工事以上に、この架台をいかに正確に丁寧に設置するかが重要になってきます。
やはりどんなことでも“基礎”が大事なんですね!



パネルの設置も完了しました。
太陽光を浴びる角度もばっちりです。屋根の上での作業はこれにて完了です。


こちらはパワーコンディショナー、通称“パワコン”です。
太陽光パネルで発電された電気を、住宅で使用できる電気へと変換してくれます。
屋内に設置する場合もありますが、今回は屋外への設置となりました。


そしてこちらは、電力メーターです。
皆様がお住まいの家にも必ず1台は設置されていますよね。
ただし、太陽光発電システムを設置したお宅には電力メーターが合計2台設置されます。
この工事日誌をご覧の皆様の中にも、昼間は仕事でほとんど家に居ないという方が多いと思います。
しかし、太陽光発電ができるのは太陽の上がる日中だけ・・・
では日中に発電された電気は無駄になってしまうのでしょうか!?

決してそうではありません!
実は、太陽光発電で作られた電気で使わなかった分は、電力会社に売ることができます。
この売電の制度があるからこそ、太陽光発電はお得で楽しいものになっています♪
左上が通常の買電用のメーター、右下が売電用のメーターです。


そしてこちらが、家の中に設置する太陽光発電の表示モニターです。
このモニターで、その日にどれだけの量の電気の発電をしたかがチェックできます。
買電の量もチェックできるので、毎日目にするだけで自然とエコへの意識が高まります。
今までのお客様も、このモニターをチェックするのが日課となり、毎日の暮らしの中の楽しみの1つにしていらっしゃるようです。
このモニターの使い方をお客様に説明して、一通りの工事が完了となります。
モニターの表示をお見せして、実際に電気を発電している様子をご説明させて頂いた時のお客様の嬉しそうなお顔を見ると、とても幸せな気持ちになります。
このモニターをご覧頂きながら、太陽光発電システムのある素敵な生活をお過ごし下さいね♪
※これらの工事を行うには、電気工事士の資格が必要です。




石川県・富山県・福井県のエリアにて工事を承っております。 (一部地域は、出張費を頂く場合があります。)

<対象地域>

石川県全域(金沢市、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、羽咋市、かほく市、白山市、能美市、野々市市、川北町、津幡町、内灘町、志賀町、宝達志水町、中能登町、穴水町、能登町)

富山県内一部(富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、舟橋村、上市町、立山町)

福井県一部地域


ビデオチャットアプリを使った現地調査