富山県富山市にて金属屋根への太陽光発電工事を行いました!

みなさまこんにちは!
太陽光発電システムの工事担当の菅野(かんの)です。
今回は、先日富山県富山市にて施工させて頂いた太陽光発電工事の流れの様子をご紹介します。



今回は富山県富山市での3.7Kwの太陽光発電工事を行います。
新築の金属屋根への設置工事になります。金属屋根工事は、屋根に直接ねじを打ち込むので、雨漏りの心配があります。そこで、工事一つ一つ細心の注意が必要です。



まずは、パネル設置架台の取り付け金具の墨出しをしてから架台を設置していきます。
この墨出しが、太陽光工事では一番大事で肝となる部分です。
墨出しが少しでも狂うと後々大変なことになってしまいます。
最初から、一番神経を使う場面であります。



墨出しを終えると、ここからは、設置架台の工事に取り掛かります。
金具の裏には、ダム工事の防水としても使用されているブチルゴムシートが張り付けられています。これで絶対に水漏れはしません。



固定するビス(ねじ)にも防水パッキン傘付が使用されているので、こちらも雨漏り対策は万全です!



架台取り付け金具に架台を設置していきます。
この設置架台も、メーカーにより、様々な設置方法となっているので、たくさんの知識が必要です。
弊社ミカド電設はほとんどの太陽光発電メーカーの施工IDを取得していますので、お客様のご要望に応じたメーカーのパネルを設置させて頂くことが可能です。



迅速に工事を進めるためには、欠かせない相棒となる、台車付ハシゴ。
これで、太陽光部材、商品の荷上げを行います。
私もこれに乗って屋根の上り下りをしたいところですが、残念ながら人は乗ることができません。(笑)



パネルを敷き詰めると、”太陽光発電システム”らしくなってきました!
きれいに並ぶと、爽快です。
これにて屋根仕事は完了です。次は配線を行うため、宅内にお邪魔させて頂いての工事となります。



こちらが、パワーコンディショナー(通称:パワコン)です。太陽光発電は、乾電池と同じで直流電気です。そして、家庭の電気は交流電気です。(直流と交流の違いは、後日どこかのコーナーでご紹介致します。)
この直流電気を交流電気に変換するのが、このパワーコンディショナーの役割です。こちらのパワコンが故障したり、変換効率が悪かったりすると、せっかくたくさん発電しても、100%力を発揮することはできません。人間の体で示すと心臓部のような役割をしています。



そしてこちらが発電モニターです。売電モニターでは、どれだけ発電しているか、どれだけ売電しているかなど、太陽光発電の細かな情報を一目で確認することができます。(今回の設置完了時間が夕方18時頃だったため、発電は0.1Kwでした。)少し寂しい感じもしましたが、太陽が昇れば太陽光君も喜んでどんどん発電してくれることでしょう!!
このモニターを家族全員がすぐに確認できる場所に設置することで、1人ひとりが、節電売電を意識するきっかけになります。売電ランプがついたときは、嬉しくなるものです!

今回の工事日誌は以上になります。最後までご覧頂きまして、ありがとうございました。

※これらの工事を行うには、電気工事士の資格が必要です。




石川県・富山県・福井県のエリアにて工事を承っております。 (一部地域は、出張費を頂く場合があります。)

<対象地域>

石川県全域(金沢市、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、羽咋市、かほく市、白山市、能美市、野々市市、川北町、津幡町、内灘町、志賀町、宝達志水町、中能登町、穴水町、能登町)

富山県内一部(富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、舟橋村、上市町、立山町)

福井県一部地域


ビデオチャットアプリを使った現地調査