石川県加賀市Y様邸にて東芝・全量買取り太陽光の設置工事~前編~

皆さんこんにちは!
ミカド電設・電気工事部です。
9月も半ばに突入し、日が落ちるのもだいぶ早くなってきました。
ここ石川県内では日中はまだまだ暑いですが、朝や夕方は涼しくなってきており少しずつ秋に向かっているように感じます。
季節の変わり目は体調を崩しやすいので、気をつけていきましょうね☆

さて、今回の工事日誌は「全量買取り太陽光発電システム」の設置の様子をご紹介します!
今年の6月に石川県加賀市のY様のお宅にて、東芝製太陽光パネルを10kw設置させて頂きました!
規模の大きな工事ですので、前編と後編の2回の工事日誌に分けてお送り致します☆


ファイル10 石川県加賀市・Y様邸 太陽光発電システム設置工事



今回設置させて頂いたのは石川県加賀市のこちらのお宅。
ホームページをご覧頂き、お問合せを頂いたのが始まりでした。
Y様は当初は余剰買取り太陽光も視野に入れられていたのですが、当社スタッフが現地調査時に屋根の寸法を確認したところ、東芝製の太陽光パネルならちょうど10kw載せることができるとわかりました。
ご家族でもご検討頂き、10kwの全量買取り太陽光システムの設置をご決断されました☆




こちらが屋根の全景です。
とても大きな屋根ですね!
今回のY様のお宅の屋根は真南に面しており、太陽の光がたっぷり当たる、太陽光パネル発電効率が最もいい方角でした☆
当社の太陽光工事部長の菅野も、工事前の最終確認で屋根に上った際に「方角的には申し分ない好条件の屋根」と絶賛していました!




さて、ここからいよいよ工事の様子をご紹介します☆




太陽光工事部長の菅野がハシゴに上っています。
高所での作業となるため安全に配慮しハシゴと屋根を固定しています。
ハシゴの上り下りは普段から高所作業で慣れている作業員でも細心の注意を払っています。






屋根に上ってまず行うのは架台の設置位置の“すみ出し”です。
“すみ出し”というのは、“工事中に必要な線や位置などを床や壁などに表示する作業”のことを言います。
つまり、瓦の寸法を計測し、架台を設置する位置をチェックして印をつけていく作業です。

今回は“アンカー架台”による設置ですので、アンカーを設置する場所の瓦に印をつけていきます。






すみ出しがすべて完了した後は、架台を設置する場所の瓦を外します。
外す際に瓦を割ってしまわないよう注意します。





瓦を外す作業が着々と進んでいます。




外した瓦を一度地面に降ろします。
そこで活躍するのが、写真の“荷揚げ機”です!
ハシゴ部分の途中に荷台が装着されているのがわかりますでしょうか?
この荷台に瓦を載せ、電動で下まで降ろすことが出来ます!

この荷揚げ機は架台レールやパネルを屋根上まで運ぶのにも活躍します☆





荷揚げ機で下した瓦は、下で待ち構えていた新人・平釜くんが作業を施しています。
何をしているのでしょうか???





この箱の中にあるのは先ほど外した“瓦”です。
平釜くんが行っているのは、専用の工具を使って瓦に穴をあけるという作業です!
今回は“アンカー架台”という種類の架台設置方法で、瓦の下にアンカーを設置し、その上に穴をあけた瓦を再度かぶせるという方法を取っています。

“瓦に穴をあける”と聞くと抵抗を感じる方もいらっしゃると思いますが、きちんと施工マニュアルにのっとって施工を行えば、雨漏り等の心配はまずありません。

実際、10年以上の施工経験がある当社ですが、雨漏りのご指摘を頂いたことは一度もありません。





穴をあけた瓦がコチラです。
この穴を開ける作業ですが、やってみるととても力がいる作業で時間もかかります!
しかも今回は10kwという規模の大きな太陽光システムですので、穴をあける瓦の数も多いです!
この日は気温の高い日でしたが、平釜くんが汗をかきながら一生懸命にもくもくと穴をあけていました。

この時点で入社3か月でしたが、短期間でたくましく成長したものです!





一方、屋根の上での作業も進んでいます。
はがした瓦の下の屋根材に瓦板を固定しています。
架台やパネルの重量に耐えられるよう屋根材を補強するために設置します。
瓦板は屋根材の下の“垂木”にしっかりとビスで固定しています。
垂木は見えない部分ですが、きちんと計測して垂木の場所を把握します。
架台をしっかりと支える部分ですので、正確な位置に設置します。




設置した補強板の上にアンカーを設置します。





穴をあけた瓦をアンカーにかぶせます。
アンカーをかぶせた後は瓦キャップをかぶせます。
写真にはおさめていませんが、キャップの下には防水用のシリコンコーキングが施されています。
さらにこの上に“瓦水よけシート”も貼るので、防水対策はバッチリです。




アンカーの設置が完了しました!!
あとは瓦水よけシートを貼り、いよいよ架台の設置に取り掛かります☆





架台レールを設置し、ボルトで固定します。
ガッチリ固定していますので、強度はバッチリです!





アンカー位置のズレもなく、作業はスムーズに進んでいます☆
1列ずつ順番に架台が設置されていき・・・




架台の設置が完了しました!!!
綺麗に縦並びとなっています☆

※これらの工事を行うには、電気工事士の資格が必要です。


次はいよいよ太陽光パネルの設置作業と、屋内の電気工事に取り掛かっていきますが、今回の工事日誌はここまでとします。
次回の工事日誌で、パネル設置から完了までの様子をお届けしますので楽しみにしていて下さい☆







↑全量買取り太陽光発電システムについて知りたい方はコチラをご覧下さい☆↑





↑無料現地調査見積りや概算でのお見積りのご依頼はこちらからドウゾ♪↑