照明のスイッチ交換・取付も行っています!お部屋の模様替えにもおすすめ!

みなさん、こんにちは☆

暑い日が続いていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?
わたしたちミカド電設のスタッフは毎日汗を流しがんばっております!
“残暑”と呼ぶにはまだまだ早い気がするほどの暑さですが、
熱中症には充分気をつけて過ごしていきましょうね。






さて、今までの工事日誌では太陽光など大きな現場の工事が多かったですが、
今回は逆に、とってもささやかな工事をご紹介したいと思います。

今日伺った現場なのですが、まだ新築間もない現場です。
下の写真をご覧下さい☆



皆さんのお宅にも必ずあるでしょう、照明のON/OFFスイッチです♪
故障でもなんでもないのですが、お客様より、
「点けた時にスイッチも光るようにしてほしい」
とのことで、交換の工事をさせて頂きました。

まずは、スイッチを一度外してみましょう~☆





カバー部分を外した写真です。
上の黄色いスイッチが階段のスイッチ、下2つの青いスイッチが玄関の外と中のスイッチです。
お客様からは下の青いスイッチを光るようにしてほしいとのことでした。



今回交換するスイッチはコチラです!!

・・・といっても、この写真ではわからないですよね(汗)
これは普通のスイッチではなく、「パイロットスイッチ」といいます。
照明がオンの状態のときにこのスイッチも光ります☆

普通のスイッチと比べて見ましょう。。。





表面と裏面の写真です。
パイロットスイッチの方が若干大きいですね。
この小さいスイッチの中に、光るランプと光らせる回路が入っているわけですから、
ちょっと驚きです!



スイッチと繋がっていた電線を外します。
もちろん、安全のためブレーカは切っておいての作業となります。
作業自体はプラスドライバーとマイナスドライバーで出来る作業ですが、
電気工事士の資格がなければできない作業になります。




パイロットスイッチに交換し電線を挿して、戻してドライバーで固定します。




まわりのカバーを取り付けて・・・・




スイッチカバーを付けたら完成です!
では、ちゃんと動作するかチェックしてみましょう☆




照明オフの状態です。




オンの状態です。
ちゃんと光りましたね☆
お客様にも満足頂けました♪
カバーの上には養生シールが貼ってありますが、
お客様の手によってはがして頂きます。




今回はパイロットスイッチの取り付けでしたが、他にもスイッチの種類があります。

スイッチオフのときに光る“ほたるスイッチ”(暗いときにスイッチの場所を確認できます☆)や、
オンとオフで違う色で両方のときに光る“パイロットほたるスイッチ”などがあります(オンのときは赤色、オフのときは緑色に光ります)。
お客様のご希望でいろいろかえることが出来ます。

スイッチをかえただけで使い勝手もかなり違ってきます!
気になる方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね♪




では、本日はこの辺で☆

※これらの工事を行うには、電気工事士の資格が必要です。