住宅配線工事。照明などのスイッチの取り付け工事の様子!

前回に引き続き、今回も器具付けのご紹介です。
今回は照明の入り切りをする“スイッチ”の取り付けです。

今回もなかなか見る機会のない部分ですので、ぜひご覧下さい☆



左側のものがスイッチの本体になります。
右側がスイッチを取り付けるための“取り付け枠”です。
まずはこの枠にスイッチを取り付けることから始まります。




枠にスイッチをはめ込みます。
カチッという音がしたらちゃんと固定された証拠です。

今回はスイッチ1個だけですが、こちらの枠には3個までスイッチを取り付けられます。



こちらはスイッチの裏側です。
コンセントのときと同様、電線を差し込む穴が空いております。
コンセントのときは「W」という表示がある穴に白い電線、表示のない穴には黒い電線を差し込みますが、
スイッチの場合は表示はありません。
穴は4つありますが、右に白い電線を差したら、左に黒い電線を差します。逆もしかりです。




電線を差し込んだら、取り付けをします。
壁の内部のボックスにビスで固定します。
コンセントと同じで、この段階ではビスはまだ本絞めにせず、ゆるめに絞めます。




次はスイッチプレートを取り付けます。
写真ではわかりにくいですが、「上下」の表示があるので、逆さまにならないよう注意して取り付けます。




水平器を使って、ちゃんと水平になっているかを確認します。
水平になった状態で、ビスを本絞めします。




固定した後はスイッチプレートを取り付けます。



最後に「ハンドル」を取り付けたら完成です。

今回は新築の家での取り付けでしたが、古くなったスイッチを交換することもできます。
スイッチやコンセントを新しくするだけでも、お部屋の印象がだいぶ変わりますヨ☆
こういったちょっとした電気工事に関するご依頼やお問い合わせもお気軽にご連絡下さい♪


※これらの工事を行うには、電気工事士の資格が必要です。