トイレのタンクの内部構造のご紹介の続き

前回の続きで、今回はトイレ水漏れの点検方法についてご紹介します。





まず、トイレは上記のような仕組み・部材名称となってます。








そして、写真に記載した3箇所がよく交換を行う箇所です。

逆に言うと老朽化しやすい箇所です。



まずは【ボールタップ】ですが、

役目は、タンクに給水するための部品です。浮き玉の上下で止水吐水します。

上下動作を繰り返すため、比較的不具合が発生しやすいです。

メーカー、タンク種類によって対応部品が多種あります。

水が止まりにくくなってきたらお取替時期となります。


次に【フロートバルブ(ゴムフロート)】

タンク内の一番下にあり、レバーを『大・小』と動かすと連動して、止水吐水する部品です。おもにゴム製です。

いつも水中にあるため、劣化消耗が最も多い部品です。

タンクのタイプ(メーカー・機種)により大きさ/形状が異なります。

フロートバルブはレバーと鎖でつながっており、『鎖がひっかかると動きが不安定』、『切れると水を流せない』といった事となります。

又、フロートバルブ自体を触ると手が黒くなるとお取替時期です。

最後に【オーバーフロー管(サイフォン管・排水弁)】

タンク内に立ち上がっているパイプ形状の部品です。あふれ防止が役目です。

まれに立ち上がりパイプの根元に亀裂が生じ、水漏れすることがあります。

ボールタップ、フロートバルブを取替ても改善しない場合、点検が必要 です。



最後になりますが、

水道局の検針で、『水道代金が高くなってます』『漏水の疑いがあります』などのお知らせがあった場合、最初に確認すべき場所がトイレです。

トイレの水漏れはさまざまで、判別しにくい場合が多いです。

簡単な確認方法としては、
トイレを使用後2~3分以上たってもタンクへたまりにくい、タンク内からポタポタと小さく音がする、便器内にチョロチョロと流れているなどが主な症状となります。

トイレの水漏れは定期的に点検し、早期の発見・修理をお勧め致します。