トイレリフォーム工事!金沢市内で便器本体の交換工事をしました!

以前、トイレの便座交換の工事をご紹介しました。今回はトイレ本体(便器本体)の交換をご紹介していきます。洋式トイレから洋式トイレへの交換です。まずは、既存トイレの撤去から始めます。



向かって左にある止水栓を閉め、タンクの水を流し水抜きをします。それから、タンクから順番に取り外していきます。



最後に残るのは、フランジという部材になります。フランジとは、配管と便器を接続するために、 両方の間に挟まる部材です。



今回、新しく設置する商品はPanasonicのアラウーノです。



まず、こちらの台紙を床に置き墨だしします。
台紙に、”取り付け墨”が書かれているので、それに合わせればOKです。




今回は、タンクレストイレへ交換します。ただ、これだけではありません。



こちらは、手洗い器を設置するための背板です。
写真がありませんが、背板を壁に固定した後に、金具を取付け手洗い器をはめ込んでいきます。



しっかり固定した後に、配管をつなぎ下側にあるカバーを取付けしたら設置完了です。




手洗い器を新たに設置しましたが、給排水の配管は新たに配管工事を行わなくてもよい商品ですので、リフォームにおすすめです。

※これらの工事を行うには、電気工事士の資格が必要です。



現地調査のご依頼を頂いた方へ BOXティッシュ5箱をプレゼントします! 現地調査・お見積り無料です。


石川県・富山県・福井県のエリアにて工事を承っております。 (一部地域は、出張費を頂く場合があります。)

<対象地域>

石川県全域(金沢市、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、羽咋市、かほく市、白山市、能美市、野々市市、川北町、津幡町、内灘町、志賀町、宝達志水町、中能登町、穴水町、能登町)

富山県内一部(富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、舟橋村、上市町、立山町)

福井県一部地域