新築の住宅配線 まずは換気扇やエアコン配管の“逃げ”作業を行います!

前回は外部逃げ作業で必要な材料の切り出しをご紹介しました。
今回は、その切り出したスリーブを実際に現場で“逃がす”作業をご紹介します。

“外部逃げ”というのは、エアコンや換気扇など建物の外壁を貫通して設置する器具のことを考慮し、外壁が張られる前にあらかじめスリーブを入れておく作業のことをいいます。
この作業をしておくことで、後で硬くて丈夫な外壁に穴を空ける手間を省くことができます。

エアコンスリーブの逃げ作業



まずは、スリーブを出す位置を調べます。
図面の位置を確認し、メジャーで高さを出して印をつけます。



次に、柱の印をつけた高さのところに“垂木(たるき)”という木材を短く切って固定します。
柱に直接スリーブをつけてしまうと、外作業の際に困ります。
この垂木の分の寸法を横に“ふかす”ことが大事になってきます。




次は、スリーブを防水シートに当て、マジックで丸くなぞります。




マジックでなぞった部分をカッターで切り取ります。
ここにスリーブを入れることになります。



次は、スリーブの外に出す部分をテープで養生します。
スリーブから雨が浸入してくるのを防ぐためです。
これは外壁が張られるまでの一時的な処置で、
あとで切り取って適切な処置を施します。



スリーブをビスで固定します。
きちんと固定したらこの部分は完了です。



写真では分かりにくいですが、スリーブは固定する際、中側から外側へ向かってやや下向きに“勾配”をつけて固定します。
この処置は、外から雨水が屋内へ入りにくくするためのものです。
外作業でも防水対策は徹底しますが、こういったちょっとした工夫も重要です。

以上がエアコンスリーブの逃げになります。
建築段階でエアコンを取り付けることが決まっている部屋はもちろん、
取り付けが決まっていない部屋でもあらかじめ外部逃げをしておけば
後々エアコンを設置したくなったときもスムーズに設置できるようになります。
次回は換気扇や、アンテナ線・外部照明の電線など残りの外部逃げをご紹介します。



石川県・富山県・福井県のエリアにて工事を承っております。 (一部地域は、出張費を頂く場合があります。)

<対象地域>

石川県全域(金沢市、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、羽咋市、かほく市、白山市、能美市、野々市市、川北町、津幡町、内灘町、志賀町、宝達志水町、中能登町、穴水町、能登町)

富山県内一部(富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、舟橋村、上市町、立山町)

福井県一部地域


ビデオチャットアプリを使った現地調査