ブレーカーがよく落ちてお困りの方へ

でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

ブレーカーがよく落ちてしまい、困ったことはございませんか?ブレーカーが落ちると落ちたブレーカー回路の電気が使用出来なくなり生活に多大な支障をきたしてしまいます。また、漏電によりブレーカーが落ちている場合は一刻も早い修繕が必要です。

考えられる原因と対策

ブレーカーが落ちる原因として、容量以上の電気を使用している場合と、漏電しているという場合と、ブレーカーそのものが故障している場合などの要因が考えられます。その場合はミカドプラスが点検に伺い、要因を探します。

漏電によりブレーカーが落ちてしまう場合は、その漏電の原因を探します。天井裏の電線がネズミにかじられていることもあれば、落雷などによる電化製品の故障で漏電ブレーカーが落ちることもあります。また、ブレーカー本体の経年劣化による故障という場合もあります。ひとつひとつ時間をかけて原因をつぶしていき原因をつきとめます。

漏電でなくブレーカーが落ちやすい場合は、単純に容量以上の電気を使ってしまった場合がございます。電子レンジ・オーブントースター・ドライヤーなどは消費電力が非常に高く、同時使用すると容量オーバーになりブレーカーが落ちることがあります。同時使用しないように気をつけるというのも有効ですが、ブレーカーの落ちにくい容量に上げる工事を行うというのも快適な生活を手にする上で有効です。

容量変更する場合は、電力会社にまず相談することがおすすめです。無料で容量アップできる場合もあります。

ブレーカーのトラブルは生活に支障をきたすだけでなく火災の原因にもなりえますので、一刻も早いお問い合わせをお待ちしております。

漏電点検(修繕費は別途見積り)

30,000円(税別)〜

容量変更工事(※申請書込み)

40,000円(税別)〜

よくあるご質問

漏電していたら危険なのですか?

通常、電気配線や電気器具類には、電気が漏れないように”絶縁”という処理がしてあります。電線などが傷ついたり、また、老朽化して被覆がはがれるなどの原因で外部に電気が流れ出ることを”漏電”といいます。また防水性がない電気器具が水に濡れても漏電が起こります。

この漏電は、感電事故や火災の原因につながる非常に危険な現象です。すぐに、ミカドプラスまでご連絡下さい。

ブレーカーの容量を上げるにはどうしたらいいですか?

まずはご契約されている電力会社にご相談下さい。相談員が現地調査をし、ある程度までの容量アップなら無料で容量変更できる場合があります。現地調査の結果、電線やブレーカーの入れ替えが必要と判断される場合がございますが、その際は我々ミカドプラスにご相談下さい。無料で現地調査・御見積りを致します。


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-225-3187 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)