お役立ちコラム

電気代の節約術!契約アンペア変更で、電気料金を下げることができる!?

電気代 節約 契約アンペア変更 電気料金 下げる

「無駄な出費を抑えよう・・・」その時にまず始めに思うのが、"電気代の節約"ではないでしょうか?それから毎日、電気代の節約に励んでいるのに、料金明細を見ると、「あれっ高い!なんで?」なんて経験はありませんか?

月々の電気代の内訳はというと、電力量料金と基本料金の2つに分けられます。電力量料金は、電気をつけっ放しにしないことや、待機電力がかからないように、コンセントを抜くなど、日々コツコツ節約することで減らすことができます。しかし、基本料金の方は、契約アンペアによる固定料金となっています。この固定料金が安ければ、月々の電気代を、毎月確実に減らすことが可能になります。近頃では、契約アンペアにより高い基本料金を下げる、”アンペアダウン”と呼ばれていて、このアンペアダウンをする人が増加しています。地道な努力ももちろん大切ではありますが、同じ生活をしていても電気代を確実に節約することができる”究極の節約方法”ともいえます。

あなたの家庭の契約アンペアのしくみから、簡単に実行できるアンペア引き下げの方法まで、電気代節約の秘密を詳しく教えます。

アンペアとは!?

電気料金に関する単語で”アンペア(A)”という言葉を聞いたことはありませんか?こちらは、電流の単位を示しています。電気は、使用に応じて、契約アンペアの値を選択することができます。このアンペアの大きさにより、電気の基本料金が違います。北陸電気の基本料金は、ご家庭での電気の使用量に合わせて契約できるようになっています。アンペアにより基本料金が異なる、”アンペア制”は、主に、「従量電灯B」というプランに使われています。こちらは、10A・15A・20A・30A・40A・50A・60Aと7段階で契約数ごとに設定されています。契約数は、契約者が選択して契約できるようになっています。北陸電力の場合は、契約数毎に、以下のような料金が設定されています。

この中で、主に使用されている契約アンペアは、50A~60Aです。60Aから50Aに変更したとしたら、毎月の電気基本料金が307円下がります。年間で計算すると、3,684円節約になります。アンペア数が大きくなればなるほど、基本料金は高い金額に設定されています。ただ単に契約アンペアを下げて、電気代を節約しようとしても、電気の使用の際にブレーカーが頻繁に落ちてしまうことがあり、不便になることもあります。ご家庭の家族の人数や、電化製品の量により、異なってくるのです。このアンペア数は、契約した後でも、内容を変更することはできます。日々の電気代節約に加え、基本料金も抑えられるのは、かなり魅力的といえます。

ご家庭のアンペアチェック方法

まずは、自分の家の契約アンペアを調べてみましょう。この契約アンペアの確認は、毎月届く検針票(電気使用量お知らせ)の「ご契約」の欄に記載されている他、分電盤(ブレーカ)の数値等で確認できるようになっています。ブレーカーが落ちた際に、電気を復旧させるスイッチがありますよね。あれをアンペアブレーカーと呼びます。そのアンペアブレーカーの色や数字を確認してみて下さい。一度、契約内容がどのような状態になっているのかを確認してみましょう。

最適なアンペア数とは?

では、次に、我が家に適したアンペア数を調べてみましょう。やみくもにアンペアダウンをしてしまうと、度々ブレーカーが落ちてしまい、不便になってしまいます。契約アンペアは、1年間毎の年間契約ですので、すぐにまた変更することはできません。

今まで、生活をしていて、使用電力オーバーでブレーカーが落ちたことはありませんか?落ちたことがないようでしたら、契約アンペアを見直すチャンスです。まず、1年のうち、一番電気を使う季節一日のうちで一番電気を使っている時間帯を絞り込みます。そして、その時間帯に主にどの電気製品を使っているのかを思い出してみましょう。電気製品があがったら、各電気製品のアンペア数を調べます。それが、我が家のピーク電力になります。そのピーク電力を超えない数値が、現在の適している契約アンペア数となります。

一人暮らしの場合は、同時に電化製品を使用することが少ないので、30Aでも十分に不自由なく生活ができることが考えられます。例えば、今までは、家族みんながお家に住んでいて60Aの契約だったが、子供達が県外に行ったり、一人暮らしを始めて、家に住む人数が減った場合は、一度に使用するという機会が減るため、契約アンペアを見直すことにより、電気代の節約が可能になります。

もう一度、アンペア数の表を見て、今の契約アンペアより下げれるかどうかを確認してみましょう。

アンペア変更のメリット

基本料金が安くなり、電力量が減るので、毎月確実に電気代の節約ができます。

アンペア変更のデメリット

ブレーカーが落ちやすくなる

契約アンペアを引き下げれば、その分同時に利用できる電気量が減ります。契約アンペアを超える量の電気を一度に使用すれば当然ブレーカーは落ちます。ですので、家電の使い方には注意が必要となります。また、頻繁にプレーカーが落ちるとPC・HDDレコーダーなどの機器が故障する原因にもなるので、余裕をもってアンペア数を検討することが大切です。

季節ごとの変更はできない

電気は基本的に年間契約となっており、一度アンペアの変更を行なうと、その後1年間は、アンペア数の変更ができなくなります。ですので、契約アンペアの変更を行なう際は、1年を通した電気の使い方を振り返り、最も電気を使うときに合わせて変更することが重要です。

契約アンペアの確認、変更方法

契約アンペアの変更は、大変なことではありません。北陸電力で契約アンペア変更希望するときは、ホームページ上での変更申し込み又は、電話による変更申し込みが必要になります。その後、現在使用中の分電盤(ブレーカー)の取り換え工事が必要となります。
北陸電力 契約アンペア変更のお申し込み

まとめ

アンペア数を変更するだけで、電気代を節約できるのはとても魅力的ですよね!家庭の電気使用状況や、現在の電力消費量に合わせて、アンペア数を変更するかどうかをじっくりと検討してみましょう。

日中は家族は仕事や学校でみんなが不在、夜にみんながまとめて電気を使うというライフスタイルの家庭は、アンペアダウンすることで、頻繁にブレーカーが落ちてしまう可能性があり、とても不便です。

電気料金プランは、様々な生活スタイルの家庭向けに数多くのプランがご用意されています。ただ電気代が安くなればいいというだけではなく、生活スタイルに合った我が家流の節電の仕方をご検討してみてはいかがでしょうか?


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-225-3187 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)