お役立ちコラム

電磁波による健康への影響とは!?携帯電話・パソコン・電子レンジなどに潜む電磁波は1日どのくらい浴びたら危険なのでしょう?

電磁波 危険 対策

電波などの、直接影響を感じない程度の低周波の電磁波による人体への影響が、今、注目されています。日本では、まだ研究の取り組みが遅れていますが、他国では、大きく取り上げられ、大きな課題とされています。そこで、身近でよく使っている機器の電磁波の影響と対策についてお伝えします。

電磁波による人体への影響とは?

電磁波とは、空間の電場と磁場の変化によって作られる波のことです。電気の影響が及ぶ範囲を「電場」といい、磁気の影響が及ぶ範囲を「磁場」といいます。電場と地場がお互いに影響し合い、電磁波の波が作られ、私たちは影響を受けているのです。マイクロ波が及ぼす人体への影響として、がん発症率の上昇、頭痛・発熱・めまいなどの症状、睡眠・学習能力への悪影響があげられます。科学的な証明はまだないそうですが、世界的に、電磁波を規制しようという動きが強まっています。

人の体は、1日どのくらいの電磁波を浴びたら危険なのでしょうか?電磁波の人体への影響は、「強さ」×「時間」で表れるとされています。1日どれくらい浴びたかが1日あたりの被爆量です。つまり、電磁波の強い電気製品であれば、使用時間を抑えることが大切です。また 一番大切なことは、電気製品と距離をとることです。発生源から距離をおくことで、影響を軽減することができます。

以下のようなことが当てはまる方は、電磁波の影響を多く受けている可能性大です!

  • イライラしやすい
  • 目が乾く
  • こめかみが痛い
  • 目が痛い
  • 頭痛持ち
  • 肩こりがひどい
  • 目がかすむ
  • 腰痛持ち
  • パソコンは毎日使用

こうした症状が複数同時に発症したときは、電磁波の影響を受けている可能性が高いといえます。電磁波により、ストレスを感じることを、「テクノストレス」と呼びます。

電磁波を発生するものとは?

家庭内は、電磁波に囲まれていると言っていいほど、テレビやパソコンから電磁波が発生しています。場合によっては、高圧送電線より強い電磁波が、家電製品から出ていることもあります。日頃よく使割れている家電製品を、”特に電磁が強い製品”、”頭部に近いことで注意が必要な製品”、”長時間の使用により危険な製品”に分けてみました。

特に電磁波が強い製品

  • ミキサー
  • ホットプレート
  • IH(電磁調理器)
  • 洗濯機(乾燥機)
  • 電気ストーブ
  • エアコン
  • 電子レンジ
  • オーディオ類

特に電磁波が強い製品は上記のとおりです。一般的に、消費電力が大きい製品は、多く電磁波を発生させている場合がほとんどです。

 

頭部に近いことで注意が必要な製品

  • ビデオカメラ
  • 電気シェーバー
  • 携帯電話
  • ヘアドライヤー
  • 電動歯ブラシ

※電気シェーバー、電動歯ブラシ、ビデオカメラは、100V電源使用のタイプです。

電磁波は特に、頭部への注意が必要です。頭部付近で使用する製品には特に注意しましょう。


長時間の使用によって危険な製品

  • 電気毛布(電気カーペット)
  • 電気こたつ
  • パソコン

上記の製品は、電磁波が強いというよりも、長時間の使用で、電磁波を浴び続けるため、家庭内では、最も危険な製品と認識しなければなりません。

 

一般的な家電製品からの電磁波発生量

電磁波の発生量を数値にしたものを比べてみました。


電磁波 危険 対策

         ↑クリックして拡大↑

左記の表を見ると、掃除機や電子レンジ、こたつや電気シェーバーの電磁波が多いことがわかります。電子レンジからは、「マイクロ波」と呼ばれる電磁波が、大量に放出されています。しかし、電子レンジが作動している間は、一定の距離を置くことで、電磁波の影響を心配しすぎる必要はなくなります。人体から近い距離で使用するシェーバーも電磁波の量が多い家電製品としては割と有名です。

また、上記の表以外にも、見えない場所からも電磁波が発生しています。壁や天井、床などに埋め込まれている見えない配線からも、電磁波が発生しているため、注意が必要です。配線は、見ることができませんので、電磁波測定器などで測定し、電磁波の発生率を確かめてみましょう。

電磁波ストレスを受けやすい場所は○○だった!

人は、眠っている状態で最もエレクトロスモッグやジオパシックストレスの負担がかかることが、専門家のこれまでの研究で明らかになってきています。理由としては、私たちが眠っている間、毎日少しずつ影響を与えるのです。そして、睡眠中は起きているときよりも抵抗力が少ないので、より、電磁波の影響を受けやすいのです。また、寝る直前まで、携帯電話(スマートフォン)を使用している方は、注意が必要です。夜寝る時だけは、スマートフォンを体から遠ざけた場所に置くか、寝室には持っていかないなどの工夫をしましょう。心配であれば、寝るときは、電源を切ることで、睡眠中は、スマートフォンの電磁波から解放されます。そして、スマートフォン以外にも、寝るところのまわりには、なるべく電気製品を置かないようにしてみましょう。

電磁波と上手に付き合う方法

電磁波が健康に悪いとわかっていても、現代の我々の生活では、電磁波から逃れられない状態になっています。電磁波を受け、起こる病気や疲労などの症状が急増しています。ですので、自らが最低限の安全策を取る必要があります。今からすぐにできる電磁波対策をご紹介します。

携帯電話(スマートフォン)は耳から3センチ離す

耳から離せば離すほど、良いとされています。
聞こえにくくなる限度の3㎝程度は離すのがベストです。

子供(幼児)には携帯電話(スマートフォン)を使わせない

小さいうちは、使用を控えさせましょう。

パソコンのモニターから70㎝以上離れて使用する

パソコンを使用するときは、モニターから70㎝以上は離れましょう。字が見えにくい場合は、文字を拡大するなどして、見やすくしましょう。

電気暖房器具の使用を控える

電磁波対策のされていない電気毛布やホットカーペットなどの使用は控えましょう。特に、赤ちゃんや小さい子供への影響は大きいとされています。電磁波対策済みのホットカーペットや、電磁波抑制温熱ケットなどが販売されています。利用しましょう。

まとめ

いろいろな電磁波の原因となるものを挙げてきました。現代は、電磁波が当たり前に存在しています。しかし、全部の製品に気にして生きていくのは、ストレスが溜まります。これだけ多くの電磁波を日常的に浴び続けていても、ほとんどの人は健康に暮らせています。
そこで、電磁波に対して、電磁波で対抗するという発想の転換をすることもできます。人間の体は、筋肉・心筋・骨格筋から電流を作り出しています。運動を行うと、電磁波の量は増えているのです。ですので、体内の電磁波が多いときは、外部からの電磁波の影響を受けにくいと考え、電磁波を気にしすぎ、ストレスを抱えてしまわないようにしましょう!


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-225-3187 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)