お役立ちコラム

北陸電力をご利用中の方が引っ越しをする際の準備をまとめました

北陸電力 電気 手続き

新しい部屋での暮らしを想像すると胸がわくわくしますよね!ですが、引っ越しの準備といってもやるべきことがたくさんあり、何から始めたらいいのか分からなくなり焦ったりもします。基本的なことは引っ越し屋さんのホームページなどに記載してありますが、電気関係のことは、ややこしく、よく考える必要があります。そこで今回は、北陸電力をお使いの方の電気手続きについてや電気製品の引っ越しについてをまとめました。

引っ越しが決まったらすぐにやるべきこと

引っ越しをするとなると、たくさんの準備や細かい手続きをしなければいけません。するべきことをまとめておかないと、「うっかり忘れていた・・・」なんてこともあるかもしれません。やるべきことを一つ一つチェックしながら進めていきましょう。

<やることリスト>

  • 退去日を決めたら大家さん(不動産屋さん)に連絡
  • 引っ越しの移動方法を決める(車、バス、電車等)
  • 学校の転校手続き
  • 市町村役場に転出手続き
  • 引っ越し先のインターネット回線を申し込む
  • 郵便局に「郵便物転送」の手続き
  • 電気・ガス・水道の仕様中止・開始手続き
  • その他、住所変更が必要なものの手続き(銀行・保険会社・クレジットカード・新聞・定期購入しているもの、各種ポイントカード等)

引っ越し準備のポイントは、市役所でできる手続きはまとめてやってしまうことです。リストを作成し、効率よく動けるようにしましょう。旧居から新居への移動方法は、徒歩で行ける程のかなりの近距離であれば、台車がおすすめです。車で30分以内で移動できる距離であれば、自家用車と宅配便の組み合わせがおすすめです。細かいものは段ボールに詰め、大型の家具や家電は引っ越し業者に依頼するという形です。家族や友人に手伝ってもらったら、一往復で済むかもしれませんね。

電気の手続きをしよう

引っ越し時における電気に関する手続きは、電力会社によって異なります。北陸エリアでの引っ越しの際には北陸電力に連絡をして、退去時の電気使用の停止と新居での電気使用の開始の申し込みをする必要があります。しっかりと確認し、確実に引っ越しを行えるようにしましょう。電気使用停止の手続き方法や最低限抑えておくべきポイントについてご説明します。

電話もしくはネットで引っ越しの手続きが可能です!

多くの世帯では、電話による手続き申し込みを進められる方が多いのですが、普段夜遅くまで仕事をされている方は、電話の受付時間が終わっていたということもあるかと思います。その場合は、ネットによる申し込みも可能です。 ネットでの申し込みの場合は、専用フォームに入力するだけでいいので、普段ご自宅でインターネットをされている方は、短時間で入力ができ、便利かと思います。 電話の場合もネットの場合も、気を付けなければならないことがあります。それは、基本的には引っ越しを行う日から逆算して3日前までに申し込みを完了していなければならないということです。3日といっても、土日や祝日を入れない営業日でのカウントになりますので、場合によっては5日、6ンチ、7日前には申し込み手続きを完了させる必要があるのです。また、年末年始の場合は、北陸電力は年末年始休暇期間に入ってしまうため、年明けすぐの引っ越しを予定される方は、早め早めの手続きが必要になるのです。手続きをする際は、「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」、「電気料金領収書」を手元に用意して、「お客様番号」が確認できるようになっているとスムーズに手続きができます。電力会社の方には、主に下記の内容が聞かれます。


○ネットからの申し込み 北陸電力ホームページ 電気のご使用廃止の申し込み

○電話からの申し込み お客さまサービスセンター 0120-776453

 

  • 住所(引っ越し前)
  • 契約者名
  • お客様番号
  • 電気の停止日
  • 引っ越し当月料金の支払い方法
  • 引っ越し先住所
  • 連絡先電話番号
  • 契約者との関係
  • 申し込み先の連絡先
  • その他連絡事項

北陸電力では、同じ管内であれば、旧居の解約手続きの際に転居先での電力使用開始についても同時に手続きを申請することができます。これは、北陸電力管内から別エリアに引っ越しをする場合でも同じです。新居で加入予定の電力会社への乗り換えを丁寧に指導してくれるケースもあります。また、電力会社を変えるときには気を付けるべき注意点があります。オール電化住宅でご契約されている一部の料金メニューでは、電気の使用開始から1年以内に解約する場合、解約金・精算金などが発生する契約になっている場合がありますので、確認しておきましょう。しかし、既存の電力会社の場合は、引っ越しなどによる移転、天災等やむを得ない場合は、除外となることがほとんどです。

使っていた電気製品をもっていくには?

引っ越しの際、ほとんどの家具は引っ越しの際に新居へと移動させるものです。ですが、エアコンや照明などの電気機器に関しては、新居に移動させるのかを考えた方が良いものなのです。ミカド電設では、電気機器のお引越しのお手伝いをさせて頂いております。対象電気機器は下記の通りです。

  1. エアコン
  2. 照明
  3. IHクッキングヒーター
  4. ウォシュレット
  5. 食洗機(据え置き型に限る)
  6. 太陽光発電システム
  7. アンテナ

北陸電力 電気 手続き

①エアコンのお引越し

買って2~3年までの割と新しいエアコンであれば、新居に持っていったほうがお得です。というのも、せっかく大金をかけて引っ越しをしたのに、すぐに使い物にならなくなるのでは、もったいないですよね。しかし、昔から使用している型の古いエアコンであれば、新しいものに買い換えた方がお得です。新型エアコンであれば、電気代節約にもつながり、その後も長期的に使用することができます。長期的な目で考え、選択をしましょう。

②照明のお引越し

引っ越しをする際、旧居に忘れてしまいがちなのが照明器具です。部屋の上部にあり、部屋と同化しているように見えるので見落としやすいのです。照明器具の引っ越しの準備も忘れずに行いましょう。主に、部屋などの天井にある照明、リビング等のダウンライトや間接照明、廊下等のスポットライト、外のガーデンライトなどは小さいので、忘れやすいので、要注意です。

③IHクッキングヒーターのお引越し

卓上型のIHクッキングヒーターについては、電源コンセントさえあれば、そんなに広くない新居でも使うことができますので、ぜひお引越ししましょう。しかし、その他のIHクッキングヒーターやガスコンロについては、新居でも使えるか確認しておきましょう。据え置き型の場合、新居の台所の作りにより、設置できるかどうかが分かりません。また、新居が賃貸住宅の場合は、大家さんに工事の許可をとる必要があります。

⑤ウォシュレットのお引越し

時々、ウォシュレットをご自分で取り外しされる方がいらっしゃいます。しかし、ウォシュレットにつながる水道管は高圧のため、取り外す際や取付けする際には、きちんと栓をして、しっかり水漏れ対策をしておかないと、トラブルを招くこともあります。また、ウォシュレットは、100V電源がコンセントから供給されていますので、水と電気があるトイレでは感電する危険があり、素人がいじるのはとても危険です。
ただ、引っ越し先にウォシュレットが付いている場合、現在のウォシュレットは必要ありません。その場合、ウォシュレットをそのまま残していけるケースがあります。故障していたり、よっぽど古い場合は無理かもしれませんが、OKしてくれるケースもあります。不動産屋さんや大家さんに確認してみましょう。

⑥食洗機のお引越し

据え置き型の食洗機は、台所の水栓からアダプターで水道水を取り込み、洗浄に使用しています。引っ越し先も同じタイプの水栓で既存のものが使えればよいのですが、数多くの水栓があるので、型が違う場合は、別途部品代が必要になります。

⑦太陽光発電のお引越し

せっかく高いお金をかけて設置した太陽光発電システムですので、引っ越し時に一緒に持っていきたいところですよね。太陽光の取り外しは簡単にできます。しかし、太陽光のお引越しは不可能ではありませんが、コストが見合わないことがあります。そして、現在使用しているメーカーの10年保証などは取り消しとなります。再設置後の再申請はできません。再契約が必要かということですが、上記諸々の契約を結ぶ必要があります。

⑧アンテナ

引っ越しの際、衛星放送などのアンテナの取り付け・取り外しをしないといけないこともあります。引っ越し業者さんでもオプションサービスとして、アンテナの取付け・取り外しを行っている業者さんもあります。しかし、場所が変わると、受信状態が悪くなったり、アンテナの方向がぶれてしまうので、引っ越し時のアンテナの取り付け・取り外しは、あまりおすすめできません。

まとめ

電気に関する廃止の手続きは、ネットもしくは電話にて北陸電力に連絡し、なるべく早いうちに済ませましょう。電気製品は、上記に紹介したものであれば、新居にお引越しが可能です。アンテナのお引越しはあまりおすすめできませんが、場合によっては移設することも可能ですので、一度、業者より現地を確認してもらう必要があります。その他の引っ越しの準備も効率よく進め、すがすがしい気持ちで引っ越し当日を迎えられるように準備しましょう。


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-225-3187 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)