白熱電球・LED電球の温度変化の違いを比べてみました!

電球には、白熱電球・LED電球・電球型蛍光灯があります。その中でも、「LED電球は熱をもたない」とよく聞きますが、それは本当なのでしょうか?照明真下の温度は何度くらいあるのでしょうか?白熱電球は、LED電球と比べると熱くなるのでしょうか?2種類の電球の温度の変化をひたすら検証してみました。

まずは、検証の準備から行います!


白熱電球・LED電球の温度変化の違い

「博士!検証の準備ができました!」「ご苦労。白熱電球とLED電球はどれだけ温度差があるのか楽しみだな!」

段ボールを開けたまま縦にし、その中に温度計を置きます。温度計の下に台を置き、離れすぎているライトとの距離を30㎝程度に設定します。そして、表面から温度がどうなっているかを見るために、透明のラップをかぶせ、段ボール内を密閉します。このような状態で検証を開始します。


ラップをかけて密閉状態にします!

当たり前ですが、人生で初めてする検証に、わくわくしております!



白熱電球・LED電球の温度変化の違い

準備バッチリです!白熱電球はオレンジ色の光で、LED電球は白色の光です。


「検証、スタート!」


白熱電球・LED電球の温度変化の違い

部屋の電気を消して・・・スタートです!


「おっと!部屋の明かりを消すのを忘れていました・・・!」


白熱電球・LED電球の温度変化の違い

10分後

白熱電球が、開始から10分にして、1.5度も上昇しました! LED電球は、温度変化がありません。

 


白熱電球・LED電球の温度変化の違い

20分後

20分が経過し、白熱電球の方がさらに0.5℃上昇しました。このまま30℃まで上がったりして・・・


「照明の色も、白熱電球の方は暖かそうに見えますね!」「そうだな!段ボールは断熱材のような役割をしてくれるけれど、LED電球の温度が変わらないのはLEDが熱をもたない証拠だ!」


白熱電球・LED電球の温度変化の違い

30分後

 

 


白熱電球・LED電球の温度変化の違い

40分後

白熱電球の方は、しばらく22.0℃をキープしています。LEDの方は、何の変化もありません。

 

 


白熱電球・LED電球の温度変化の違い

50分後

おや!?

白熱電球が、さらに0.5℃上り、22.5℃になりました!


「なんだか、オレンジ色がより一層濃くなったように感じます・・・」「完全に、段ボール内が暖まってきたのかもしれんな!」


白熱電球・LED電球の温度変化の違い

60分後

 

 


白熱電球・LED電球の温度変化の違い

120分後


「博士、50分後の状態からは、どちらも全く変化ありませんね!」「そうだな!このまま一定の温度なのか・・・」


白熱電球・LED電球の温度変化の違い

180分後


「あ~れ~!このままでしたね。」「白熱電球の温度は、もう少し上がると思ったけどな!」

※こちらを真似した検証による事故・怪我などについては一切責任を負いかねますので、ご了承の程宜しくお願い致します。

今回の検証のまとめ

今回、白熱電球とLED電球の温度の違いを検証してみて、大きな温度の差はありませんでしたが、LED電球よりも白熱電球の方が2.5℃温度が高いことが分かりました。
材料に段ボールを使用しているため、燃えないかを心配していましたが、ずっと目の前で注意深く見張りながらの検証でしたので、大丈夫でした。
検証後は、白熱電球の方は、照明器具自体がとても熱くなっていました。しかしLEDの照明器具の方は、一切熱くなっておらず、素手で触れるほどでした。
この検証をして分かったことは、LEDは熱を持たないということ、白熱電球は器具自体が熱くなりやすいということです。電球自体が熱くなりにくいLEDは、虫が寄ってこないので、照明器具に溜まる虫でお悩みの方にとっては、嬉しいですよね。
今回、手作りの段ボール箱での検証で、白熱電球とLED電球では2.5℃の差がでましたが、気密性の高いお家や、ダウンライトがたくさんある部屋の場合だと、白熱電球はさらに温度が上がり、二つの電球の温度はかなりの差が出るのではないかと思います。LEDの特性を目で確かめることができた検証となり大満足でした。


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-225-3187 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)