天気によって除湿機の水のたまり具合がどのように変わるのかを検証してみました!

梅雨の時期に突入しました!石川県は年間の降水量が全国一位ということでも有名です。「弁当忘れても傘忘れるな」という言葉があるように、本当に雨が多い地域であります。
雨の日は、湿気が多く、じめじめとしますよね。身体も水分を含み、ベタベタと感じます。逆に、晴れの日は、からからとして湿気を全く感じません。ですので、過ごしやすく、洗濯物もすぐに乾きます。除湿機は、雨の日に洗濯物を乾かすために使う方が多いかと思います。しかし、晴れの日も除湿機の水が溜まるものなのかとふと疑問に思いました。
そこで、晴れの日・曇りの日・雨の日の天気の状態によって、除湿機の水の量は変化するのかを検証してみることにしました。湿度・気温の変化にも注目して検証してみることにしました。


「う~ん。私の予想では、晴れの日は水が全然溜まらないと思います!雨の日は満タンになるのでは?そして、曇りの日は、半分くらい溜まるのではないかと予想します。」「湿度は気温に関係しているから、気温によっては、予想したよりも水が溜まる・溜まらないといった結果が出るかもしれないな!」

除湿機 湿度計

<用意するもの>

  • 除湿機
  • 湿度計
  • メモ(ペン)
  • カメラ

「博士!除湿機と温度・湿度計の準備ができました!」「OK!それでは、除湿機のタンクが空っぽになっていることを確認して、検証を始めるぞ!」


天気によって除湿機の水のたまり具合がどのように変わるのかを検証してみました!

「スイッチON!」

タイマーなど、何も設定せずに「入」ボタンを押しました!



晴れの日➡曇りの日➡雨の日の順番で、検証をすることにしました。


晴れの日の検証

1番目は、「晴れの日」から検証することにしました。

検証日はとってもいいお天気でした。


天気によって除湿機の水のたまり具合がどのように変わるのかを検証してみました!

ご覧の通り、スタート時の気温は25℃、湿度は50%です。

4時間後、8時間後に検証することにします。



天気によって除湿機の水のたまり具合がどのように変わるのかを検証してみました!

4時間後(温度:26.0℃ 湿度:49.0%)

4時間が経過しました。少しずつ、水が溜まり始めました。


「お!少し水が溜まっているぞ!」「晴れの日は湿気を感じないので、とても不思議です!」


天気によって除湿機の水のたまり具合がどのように変わるのかを検証してみました!

8時間後(温度:27.5℃ 湿度:44.0%)


「晴れの日は水が全く溜まらないと思っていましたが、意外に溜まるんですね~!」「晴れていても、雨の日の湿気が残っている場合や、風通しが悪かったり、日当たりが悪い場合があるからな!」

これにて、晴れの日の検証は終了となりました。続いては、曇りの日の検証を行います。



曇りの日の検証


スタート時の気温は22.5℃、湿度は67.0%です。


晴れの日と比べると、気温が下がり、特に湿度が大幅に上がっていますね!」「今日は、少しじめっとしているな!曇りの日は雨の日よりも湿度が高いといわれている!」


天気によって除湿機の水のたまり具合がどのように変わるのかを検証してみました!

4時間後(温度:25.0℃ 湿度:52.0%)

4時間経過すると、湿度が15%も下がっていました!

しかし、お昼で日が昇ってきたからか、気温は上がってきましたよ!



天気によって除湿機の水のたまり具合がどのように変わるのかを検証してみました!

8時間後(温度:26.0℃ 湿度:50.0%)

結果、湿度はそのまま下がり、気温は上がりました。



雨の日の検証

天気によって除湿機の水のたまり具合がどのように変わるのかを検証してみました!

スタート時の気温は25.0℃、湿度は52.5%です。


「あれれ?雨の日なのに、湿度が晴れの日と変わらないですね!」「気温が晴れている日とほぼ同じことも関係しているのだろう!」


天気によって除湿機の水のたまり具合がどのように変わるのかを検証してみました!

4時間後(温度:26.0℃ 湿度:43.0%)


「雨の日は、なんだかお部屋が暗いですね!」


天気によって除湿機の水のたまり具合がどのように変わるのかを検証してみました!

8時間後(温度:26.5 湿度:45.0%)

結果、晴れの日とほぼ変わらない検証結果となりました。

まとめ

3つの天気によって、除湿機の水の量は、下記の結果となりました。晴れの日の検証は、予想よりも除湿された水の量が多めでした。晴れていても、湿気はあるものだということが分かりました。
雨の日よりも曇りの日の方が湿度が高かかったのには、おそらく、気温が関係しているからでしょう。気温が下がれば湿度は上がります。ですので、曇りの日の方が気温が低いことから雨の日よりも湿度が高くなったというわけです。


最終的な湿度・気温変化

最終的な湿度・気温変化の差は晴れの日、曇りの日、雨の日の全てをそこまで大差がありませんでしたので、除湿機の水の溜まり具合に差が出なかったのだと思います。


晴れ 曇り 雨

今回は、晴れの日・雨の日・曇りの日共に6月中の検証でしたが、冬場や真夏になるとまた差が出たり、大きく違う結果になるかもしれません。検証して結果をご報告していきますので、次回のやってみたシリーズもどうぞお楽しみに!


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-225-3187 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)