お役立ちコラム

火が出ていないのにIHの鍋が熱くなるのは何故?

IH しくみ

IHクッキングヒーターをお使いの方も多いかと思います。IHクッキングヒーターのいいところは、なんといっても火を使わないところかと思います。火災原因の第一位はガスコンロの火です。火を使わないということで、夏場は部屋が暑くならず、気にすることなく調理ができます。
中でも、”火を使わなくても調理ができる”というしくみはとても不思議なものです。ガスコンロにかけた鍋が温まるのは、熱いガスの炎から鍋に熱が伝わって温度が上がり、鍋から鍋の中身に熱が伝わって温度が上がるからです。炎の熱は、鍋だけでなく、周囲にも伝わりますので、周囲の食材や物まで熱くなったり、引火してしまう危険性があります。では、何故、IHクッキングヒーターはI周囲を熱くせず、鍋だけを温めることができるのでしょうか。


IH しくみ

よく、”IHクッキングヒーター”と聞きますが、”Induction Heating”の略称で、別名は”電磁調理器”と呼びます。ガスコンロは直接炎で加熱しますが、IHクッキングヒーターは磁力が働いて、で加熱を行います。ガスは、火力の調整によって鍋底の温度差を少なくすることができます。IHクッキングヒーターは、その性質上、鍋底に温度差が出来やすくなります。

IHクッキングヒーターの構図は、図に示すように、トッププレートの鍋を載せる位置の直下に渦巻状のコイルが配置されています。コイルは、高周波領域の表皮効果の影響を小さくさせるため、細い銅線を数十本と集合撚りしたリッツ銅線を使用し、それを平面状に巻いたコイルです。このコイルに高周波電流が流れると、コイルを取り巻くように、磁力線が発生します。コイルから発生する磁力線により、鉄の材料であるやかんの底には、うず電流と呼ばれる電流が流れます。

このやかんの底にうず電流が流れると、鉄などの金属には電気抵抗があるため、ジュール熱が発生して、金属であるやかんの底が加熱されます。 IHは、コイル自体が過熱するのではなく、誘導加熱でやかんだけを加熱することができるのが最大の特徴です。 磁性体ではないので、トッププレート自体は加熱されません。やかんに伝わった熱が、やかんからトッププレートに伝わり、トッププレートが熱くなるという原理です。ですので、IHクッキングヒーターを使用した後は、トッププレートに手で触れないように気を付けなければいけません。

 

 


IH しくみ

IHクッキングヒーターは、鍋やフライパンの底に直接熱を伝えます。無駄なく加熱してくれるので、電気代がお得になります。また、ガスコンロよりも火力が強いので、料理時間の短縮にもなります。IHクッキングヒーターでの温度の調整は、コイルに流す電流の強さを変えることで行います。最近のIHクッキングヒーターは、温度センサーで、鍋底の温度を測定し、自動的に電流を調整することで、過熱を防止してくれるサーモスタットがついているのが一般的です。 温度センサーがついている位置は、製品によって異なりますが、センサーに鍋底が接していないと、正しく温度が測れません。調理する際は、鍋をトッププレートの正しい位置に置き、確認してから進めましょう。

IHクッキングヒーターの詳しいメリット・デメリットやガスコンロとの違い、電気代については、以前ご紹介した記事があります。下記よりご覧下さい。



IHのメリット・デメリットに関する詳しいコラムはこちらからご覧下さい!


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-225-3187 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)