お役立ちコラム

残暑の時期はエアコンを使わないようにして電気代を節約しよう!

エアコン 電気代 節約

夏はどのようにして暑さ対策をしていますか?暑いと、辛いだけでなく、熱中症の原因にもなります。そして、真夏が過ぎても、初秋はまだ気温が高く、まだまだエアコンが手放せまんよね。しかし、一日中エアコンを付けっぱなしにしていると、電気代も跳ね上がります。そこで今回は、お金をかけなくても涼しく過ごせるような対策方法をご紹介します。

残暑でも熱中症にの危険性がある!?


エアコン 電気代 節約

夏休みが終わり、9月に入ると、少し涼しくなってきます。涼しくなると過ごしやすくなり、暑さから解放されて、「熱中症になるのは真夏だけ・・・」と思いがちです。しかし実は、真夏だけが熱中症になるわけではありません。真夏の暑さの疲れが溜まって、身体に表れてくるのが8月の終わり頃から9月の中旬までの時期のため、その時期も気を付ける必要があるのです。
「残暑バテ」という言葉を聞いたことがありますか?
そもそも、残暑とは、8月8日の立秋から9月20日の秋分の日までの間の暑さのことを示しています。残暑バテは、ひどいときには10月まで不調が出ます。
残暑バテになる一番の原因は、内臓機能の低下が挙げられます。内臓機能の低下は、冷たい飲み物や食べ物ばかりを大量に摂取している方、エアコンの冷房の風をガンガン当てている方です。また、夏は、暑さで、湯船に浸かることが少なくなりますので、余計に残暑バテを引き起こしてしまうのです。
冷たい飲み物・食べ物を摂取していると、内臓の血の巡りが悪くなり、内臓機能が低下してしまいます。また、エアコンの冷房の風によって、身体が冷えてしまい、暑い場所へ行ったり冷房の効いた部屋に行ったりすることで、体に負担がかかってしまうのです。
そこで、10月に入るまでは、体調管理をし、残暑バテを防ぐ必要があるのです。冷たい飲み物や食べ物を摂取しないようにする、湯船に浸かって体を温めることの他に、エアコンを使用せずに残暑を乗りきることが大切です。
今回は、エアコンを使わずに残暑を乗り切る方法をご紹介します。

就寝後の暑さ解消法


エアコン 電気代 節約

夏場、熱帯夜だと寝苦しい夜を過ごしてしまいます。しかし、毎晩エアコンを付けっぱなしにしていては、相当な電気代がかかってしまいます。深い眠りにつくまでの時間を予想して、タイマーを設定していたとしても、また気温が上がり、寝苦しくなると目が覚め、エアコンを付け直して・・・と、ゆっくり眠ることができません。夜中に何度も起きることで、寝不足にもつながってしまうのです。
そこで、できれば、エアコン以外のアイテムで暑さをしのいで気持ちよく熟睡したいですよね。

電気代が安い!扇風機で暑さをしのぐ!

エアコン以外で暑さをしのぐ方法といえば、扇風機や氷枕を使うといった方法がありますね。扇風機はエアコンよりは涼しさは劣りますが、電気代が安いので、一晩中付けていたとしても、安心です。扇風機の電気代は、エアコンの電気代の約10分の1程度です。毎日のことなので、1ヶ月間に換算すると、300倍の電気代削減につながります。今までエアコンを使用していた方は、一度、扇風機でしのいでみることをおすすめします。
また、扇風機の置き場所も重要です。扇風機は、足元に置く方が涼しく感じられます。ずっと風を当て続けると体が冷えてしまいますので、そこは、首降り機能や風の強さ、扇風機までの距離で調節してみましょう。

保冷剤で体を冷やす!

保冷剤で頭・脇・股を冷やすという方法もあります。睡眠時は、頭に熱がこもりやすいため、眠りが浅くなってしまいます。そこで、普通の枕ではなく、氷枕で眠ることをおすすめします。風邪の時に使用する氷枕をタオルで包み、後頭部を冷やすと、よく眠れるようになります。
また、保冷剤をタオル巻き、脇や股の間にはさんでから寝ることで、暑さをしのぐことができます。脇や股には、大きな血管が通っているため、この部分を冷やすことで、体を冷やしてくれる効果があります。氷枕の場合も保冷剤の場合も、冷やし過ぎると体に逆に良くないので、タオルに包んで使用しましょう。

ひんやりジェルマットを活用!

最近では夏場に売り場でよく販売されているのを見かける、冷感の枕やシーツを活用することで、身体全体がひんやりとして、気持ちよく寝ることができます。電気を使わずに、適度に冷たさを感じられるので、電気代を抑えることができます。そもそも、生地を冷たく感じるのは何故でしょうか。
触れた瞬間に冷たいと感じる生地は他にもいろいろとありますが、共通しているのは熱伝導性が良いことです。熱伝導性がいいと、熱が移動しやすいので、温度の低い方へ移動する習性があります。
鉄棒を触ると冷たく感じるのは鉄の熱伝導が高いためで、触れた瞬間に皮膚の熱が奪われて、ひんやり冷たく感じるからなのです。
約1時間経つと、マット表面の温度が体温ぐらいまで上がってしまうため、冷たさは感じられなくなります。しかし、また寝返りをうつことで、寝る場所を変えると、またマット表面の温度が下がり、冷たさが感じられるようになります。

帰宅時の暑さ解消法


エアコン 電気代 節約

日中は家を空けていて、夕方から夜に帰宅した時、一日分の熱気がこもっていて、もわ~っと暑いと、疲れもさらに大きくなりますよね。共働きのご家庭だとよくあることかと思います。”今すぐにでも涼しくなりたい!”と思い、とっさに、エアコンを入れて、設定温度をかなり低く設定してしまう方も多いかと思います。しかし、それはとても電気代がもったいないので、やめたほうがいいのです。部屋に、一日分の熱気がこもったままエアコンをつけても、部屋全体の温度が下がるまでに時間がかかるし、電気代も高くなります。たまにならまだ大丈夫ですが、毎日のようにそのやり方をしていたら、「ちりも積もれば山となる」ということわざがあるように、毎月の電気代が跳ね上がってしまいます。そこで、下記の解消法をされることをおすすめします。

  1. 窓を全開にしましょう
  2. 扇風機(換気扇)を利用しましょう
  3. 汗を流す

家に帰ってきてから、エアコンの設定温度をかなり低くしても、なかなか涼しくなりません。また、温度が下がっても、今度は下がり過ぎてしまい、温度を上げて・・・の繰り返しになってしまいます。帰宅して、すぐにエアコンを入れて、その間に入浴を終えることで、部屋も快適温度になり、汗を流すことでさらに涼しく感じることができるのです。

お金をかけずに涼しくなる手軽な方法


エアコン 電気代 節約

保冷剤や冷たいタオルで体を冷やす

涼しくなるためには、身体を冷やすことでしょう。首の後ろを冷やすと体感温度が下がりますので、首に巻く用の冷感グッズが効果的です。スカーフのようなデザインのものから動物のデザインのものまで様々です。また、グッズの中にはデザインが可愛いものもありますので、気分も上がるとより快適に過ごせるかと思います。また、そういったアイテムを手作りすることもできます。ケーキを買ったときについてくる保冷剤をタオルの中に入れ、くるくると巻き、それを首に巻くという方法です。
外を歩くときや走るとき、家にいるときにもお手軽に装着することができます。

薄着になる

とても基本的なことですが、薄着になるということがポイントです。薄着をせずに冷房をガンガンつけて過ごすのも気持ちがいいものですが、節電のためには、なるべく薄着をしていることが重要でしょう。また、衣類の素材選びも重要です。麻素材は通気性がいいので、麻素材を選ぶと、涼しく感じられるかと思います。

観葉植物やインテリアで清涼感を出す

自身の衣類や身につけるものだけでなく、視覚的に涼しく感じられる方法があります。インテリアをブルー系の色で揃えると、涼しく感じられます。赤色は熱い色、水色は冷たい色という感覚があるように、青系の色に変えるだけで、体感温度が約3℃も下がるそうです。また、窓際に観葉植物を置くのも効果的です。

まとめ

様々な暑さ解消法について紹介してみました。
現代の社会では、会社の事務所内はもちろん、スーパーやデパート、移動手段のバスや電車でもしっかりエアコンが効いており、身体の温度調節機能は崩れやすくなっています。気象庁の予報によると、2017年の7月~9月は、平年よりも気温が高くなるとのことです。ですので、エアコンを全く使わないというわけにはいきませんが、「少し気温が低いかな?」と感じた日は、エアコン以外の方法で涼しくすることもおすすめします。昔ながらの方法でも、残暑をのりきることができることもあります。
また、食品の値上げなどもあり、ずっとエアコンを付けっぱなしだと、電気代がかかって家計にも負担がかかります。たまに、エアコンを使わずに、適度に涼しく過ごせるように工夫してみるのもおすすめです。
お金をかけずに、快適に過ごせると、なんだか得した気分になりますね。
エアコンの使用回数・使用時間を減らすことは、体調管理もでき、CO2削減にもなりますし、温暖化防止にもつながります。さらに電気代の節約になるということであれば、いいことずくめですね。浮いたお金で旅行へ出かけたり、欲しいものを購入できることもあるかもしれません。
自分に合った暑さ対策を見つけて、初秋を楽しみましょう!


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-225-3187 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)