お役立ちコラム

冷蔵庫の扉の開き方はどれが便利?メリット・デメリットを比べてみた!


冷蔵庫を買う時のポイントとして、色や大きさ、収納できる容量について悩みますが、扉の開き方も重要なポイントであります。冷蔵庫のドアのタイプは、片開き、観音開き、両開きの3種類に分かれます。扉の開き方により、冷蔵庫の使いやすさは果たしてどうなのでしょうか。

冷蔵庫のドアの種類について

冷蔵庫は、主に3種類のドアに分かれます。それぞれどんな特徴があるのでしょうか?

※上から見た図です。

片開き(右開き)

片開き(左開き)




右側にドアが開きます。左側に壁があるキッチンの場合や、右利きの方に使いやすいタイプです。

左側にドアが開きます。右側に壁があるキッチンの場合や、左利きの方に使いやすいタイプです。

観音開き

両開き




中央部分から二手に分けて開けることができます。間取りを気にする必要がありません。引っ越しや家具の配置換えをして冷蔵庫の置き場所が変わったとしても安心です。

ドアは1枚ですが、左右どちら側からでも開くことができるタイプです。置き場所を選ばず、ドアの開閉に場所をとりません。スペースに限りがあるキッチンでも余裕をもって使うことができます。

この中でも、特に使用されているのは、「右開き」と「観音開き」のタイプです。特に最近では、「観音開き」のタイプが一番人気があります。それは、それぞれのタイプのメリット・デメリットを比べてみましょう。

片開きの冷蔵庫のメリット・デメリット

一般的に冷蔵庫といえば、この形を思い浮かべるかと思います。片開きの冷蔵庫は、一人暮らしの人、開閉を楽にしたい人、冷蔵庫前にスペースがある人、ドアポケットに色々入れたい人に向いています。

メリット

  • 一枚扉なので開閉が楽
  • ドアポケットの容量が大きい
  • 卵パックを並べておくことができる

デメリット

  • 扉が大きいので、冷蔵庫前のスペースが必要
  • 引越しをした際、開閉の向きが使いずらくなる恐れもある
  • 開閉したときに口が大きいので、冷気が逃げやすい

冷蔵庫の中身を全て見たいときに、観音開きの冷蔵庫だと両手で開く必要がありますが、片開きの場合だと片手で開いて中を見渡すことができます。

観音開きの冷蔵庫のメリット・デメリット

メリット

今一番人気があるのが、観音開き(フレンチドア)タイプの冷蔵庫です。中央部分から二手に分けて開けることができるので、配置スペースや向きを考えなくても便利に使うことができます。ただ、冷蔵庫の中を全て見渡したいというときには、両方のドアを開けなくてはなりません。

  • 引越しや模様替えをした際にドアの向きを心配しなくてもよい
  • 使い勝手に応じて中の食品の配置を工夫すると、開閉範囲が少なくて済むので節電になる
  • ドアが小さいので開閉が軽い
  • 立体的に開くことができるので、一度に中を見渡すことができる
  • オシャレなデザインのものが多く、指で軽く触れるだけで開くことができるタイプもある
  • 片開きや両開きに比べると、ドアのポケットが細かく分かれているので、収納しやすい

デメリット

  • ドアが小さいので、卵パックをドアに収納できない
  • 両方開けるのに両手を使うから不便
  • ドアポケットに厚みがあるので、モノによっては取り出しにくい
  • 壁に隣接して設置した場合、壁側の扉を開きにくい

観音開きの冷蔵庫には、このようにメリットもデメリットもあります。デメリットといっても、他のタイプの冷蔵庫と少し違うというだけで、メリットが上回ること間違いなしです。特に、転勤族の方にはおすすめです。

両開きの冷蔵庫のメリット・デメリット

引越しなどをすることがなく、冷蔵庫を設置するスペースが確定している場合には、片開きドアでも問題ありませんが、転勤や引っ越しで家が変わったりすると、冷蔵庫の設置環境が変わってしまうため、片開きドアだと不便な点が出てくる場合もあります。しかし左右どちらからでも開くことができる両開きドアなら、冷蔵庫の設置スペースがどのような状況であっても、対応できることがあります。

メリット

  • 置き場所を選ばない
  • 引越し先でも気兼ねなく使える
  • 来客がよく来る人

両開きの冷蔵庫は、場所を選ばずに置くことができるのが一番のメリットです。また、よく来客が来るという場合には、右側からでも左側からでも開閉が可能なので、中身を見られたくないという場合に優れています。

デメリット

  • 壊れやすい?

両開きの構造上、右側を開けようとすると右側の軸が外れ左側の軸が固定されるようになり、左側を開けようとすると左側の軸が外れ右側の軸が固定されるので、「壊れやすい」という噂がありました。しかし、今では部品の強化が行われているため、ほとんど心配はいらないそうです。

番外編!ゴルフカートは左ハンドルなのは何故?



ゴルフのプレーはかなり体力を消耗します。そこで、コースを回る際にゴルフカートを利用しているゴルファーも多数いるかと思います。このゴルフカートですが、左ハンドルのもの一般的とされています。最近では、右ハンドルのものも増えてきてはいますが、何故左ハンドルのものがあるのでしょうか?

こちらについては、いろいろな説があります。ゴルフカートが最初に作られたのはアメリカなのだそうです。国内で生産することが決まって、右ハンドル仕様も検討したそうですが、すでに輸入されていた左ハンドルのカートに多くのゴルファーが慣れていたため、左ハンドルの形を残したのだそうです。
また、左ハンドルの利点がもう一つあります。右ハンドルの場合、タイヤハウスの張り出しによってアクセルペダルが中央に寄りすぎ、操作性が悪くなってしまいます。 さらに、ゴルフコースには信号機がないため、左ハンドルによる見通しの低下がないというのも理由のひとつだそうです。

最後に

いかがだったでしょうか。現在片開きの冷蔵庫をお使いの方は、次は観音開きタイプの冷蔵庫にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。観音開きタイプの冷蔵庫は、内部に最新の設備を搭載しているものも多いので、新しいもの好きの方や、転勤族の方にはいいかと思います。冷蔵庫は、ドアの開き方一つで収納力や使い勝手が大きく変わります。また、設置スペースだけでなく、どれくらいのスペースが確保できているのかも判断のキーポイントになるかと思います。
今回紹介した冷蔵庫のドアのタイプは、どれも良い所があるので、好みの問題になるかと思います。それぞれのメリット・デメリットを解消できるような上手な冷蔵庫選びができるといいですね。


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-225-3187 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)