お役立ちコラム

少しの電気で寒い冬を乗り切る5つの方法


もうすぐ寒い冬がやってきます。寒くなると、暖かい部屋でゆっくりと温まりたくなりますよね。冬は、暖房代・光熱費がかさみ、電気代が高くなるのも悩みの一つでもあります。できるだけ暖房を使わないようにすれば、電気やガスなどの光熱費の節約になりますし、地球温暖化の防止にも役立ちます。そこで、光熱費を削減するために、ちょっとした工夫をしてみませんか?

1.布団乾燥機で暖房代わりに!

気温が低い秋・冬の夜は、布団が冷たいとなかなか寝付けないですよね。そこで、電気毛布をシーツの下に敷いている方も多いかと思います。電気毛布はすごく温かいですし、かなりぐっすり眠りにつくことができますよね。ですが、電気代はもちろんかかりますし、夜中に暑くて目が覚めるといったこともあります。

そこで、なるべく電気代を抑えるためには、布団乾燥機であらかじめ布団の中を暖めておくのがおすすめです。布団乾燥機は、温風を出すことで、布団の湿気を取り除く家電です。”布団乾燥機”という名称なので、布団を乾燥するための家電かと思いきや、衣類や靴の乾燥もすることができます。また、乾燥だけでなく、布団のダニ対策をすることができます。操作やお手入れが簡単で、持ち運びもしやすいコンパクトなサイズです。

また、布団乾燥機には、いろいろなモードが搭載されています。機種によってできることは異なりますが、購入時は機能をよく確認した上で決めていきましょう。

2.石油ファンヒーターの温風をこたつに導く!

冬場なら当たり前のように登場する石油ファンヒーター。部屋を快適に暖めてくれるので、使っている方も多いかと思います。そして、冬場はこたつも必需品です。温まったこたつ布団に冷たくなった足を乗せるとすごく気持ちがいいですよね。この2つの冬の必須アイテムを、うまく合致させるためのアイテムがあります。雪国ではよく使用されていますが、関東では珍しい暖房グッズです。それが、”温風ヒーター用の省エネダクト”というものです。石油ファンヒーターから吹き出る温風をこたつの中に、ダクト(ホース)で誘導してくれます。ホースといっても、口径10㎝程度のジャバラのホースで、アルミ製、伸縮折り曲げ自由、ファンヒーターの吹き出し口に合わせて端部スタンドで起こせるように設計されています。

こちらを使用するにあたって、ダクトを、ファンヒーターの吹き出し口より25㎝以上離すことが決められています。また、ダクトとファンヒーターの吹き出し口の高さを合わせる必要があります。
こたつの電源を入れなくても、部屋を暖めるついでにこたつも暖めることができるので、節電になります。実際、こちらを使用していると、ファンヒーターの風の大きさにもよりますが、こたつの中は温度が急上昇します。「暑すぎるな・・・」と感じたら、スタンドの向きを曲げてみたり、方向を変えてみたりして、自分で加減しなければなりません。

こちらのダクトの使用注意点としては、こたつには潜らないようにすること(一酸化炭素に注意!)、ダクトを触らないこと(温風導入口は触れないほど熱いので)などがあります。ペットや小さなお子様がいるご家庭では、使用場所や時間を特に注意した方がよいです。
ファンヒーターの少量の温風でもこたつをおおいに暖めてくれるとなると、隣の部屋に導いたり、足元に導いたりすることができるので、ダクトを1本持っていれば、温風を有効活用することができるでしょう。

3.加湿器を使うのがおすすめ!

部屋の温度を上げることはもちろん大切ですが、体感温度を上げると手っ取り早く暖まることができます。そのために、加湿器を使うのがおすすめです。暖房器具を使用することで、湿度が低く乾燥してしまうと、余計に部屋が寒く感じます。乾燥することで、肌の潤いや風邪のウイルスの活動もさかんになります。
加湿器を使用することで、電気代がかかるのが気になるという方は、ストーブの上にやかんが置ける場合は、お湯を沸かして蒸気を立てるだけでも十分な加湿効果があります。また、洗濯物を干すだけでも、適度な湿度で体感温度が上がります。
温めることを意識すると、ついつい乾燥がちになりますので、これらの方法はとてもおすすめです。


~番外編~電気を全く使わずに温まる方法!

銀マット・アルミシートを利用する

フローリングに座ると、”冷たい”と感じるかと思います。実は、床からの冷気も部屋を寒く感じさせる大きな要因となっています。部屋内の暖かい空気は床からも出ていきます。逆にいえば、床は冷気を感じやすいのです。冬場に寒さを特に感じるという方は、足元が寒いのかもしれません。そこで、カーペットと床の間に銀マット(アルミシート)を敷くことで、床からの冷気を感じにくくすることができます。銀マットには、床のクッション効果以外にも地面からの底冷え対策の効果もあります。暖気を溜めてくれるので、普通にカーペットを敷いてあるよりも暖かく感じることができます。

肝心な、銀マットのどちらの面を上にするのかということですが、夏は銀の部分を下に、冬は銀の部分を上にして敷きます。銀マットの銀色のアルミシート部分は、放射現象によって出る赤外線を反射する素材です。ですので夏は、地面から出る熱(赤外線)を反射して、体に届かないようにするため、アルミの部分を下にします。体から出る熱も反射しないようにする効果があります。
逆に冬の場合は、アルミの部分を上にすることにより、地面から出る熱は反射せず、体から出る熱を反射させ、熱を逃さないようにします。
冬場は、普段からお使いのカーペットの下に敷き、電気カーペットを使用しなくても温かいマットを作っていきましょう。

湯たんぽを利用する

上記にて紹介した、少しの電気を使用して布団とこたつを暖める方法。実は、電気を全く使用しなくても、布団とこたつを暖めることができる方法があります。みなさんおなじみの「湯たんぽ」があります。今ではあまり使用されないことが多いですが、ご使用されたときはありますか?

湯たんぽをカバーに入れ、布団の中に入れたり、足元に置いたり、抱くように持つと、とても暖かく過ごすことができます。こたつの電源を入れずに、湯たんぽを入れてみても足元がぽかぽかで気持ちいいかと思います。いまでは、100円均一でも湯たんぽが手に入ります。湯たんぽカバーもいろいろな種類がありますので、お気に入りのデザインを選んで暖まりましょう。ただし、湯たんぽはずっと同じ場所で皮膚に当たっていると、低温火傷をしてしまうかもしれないので、気を付けましょう。

昔は、練炭を使用した、”練炭掘りこたつ”があったそうですね。堀りこたつの中に練炭を炊いて温まっていたようです。電気を使わなくても、様々な方法があるのですね。


最後に

いかがでしたか?今までしたことがある!という方法はありましたか?寒い季節は家にこもりがちになり、余計に光熱費がかかってしまいます。上記の方法を実行するのとしないのとでは毎日の電気代が違ってくると思います。”ちりも積もれば山となる”という言葉があるように、毎日の積み重ねが大きなものになります。出来ることからぜひ実践してみてはいかがでしょうか。
このコラムを書き終えて思ったことがありました。この中の全てを同時に実行すると、部屋の温度は何度上がるのかということです。また、体感温度にも違いはあるのでしょうか。いつか、やってみたシリーズにて検証してみたいと思います!


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-225-3187 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)