洗濯槽クリーナーを使用すると洗濯機の汚れはとれるのかを検証してみました!


洗濯槽の掃除はしていますか?洗濯物を洗っているときに、黒いピロピロしたものが出てくることはありませんか?洗剤のカスや、洗濯した時に出たゴミに雑菌がついてカビとなり、それが洗濯槽にくっつきます。見えない部分にもカビが隠れているのです。そこで、洗濯機を専用のクリーナーで洗うと、どのくらいの汚れが出てくるのかを検証してみることにしました。

検証に使用した洗濯機はこちらです。


洗濯機 週に1回程度 ハンドタオルを洗う程度

洗濯機は「縦型」のタイプにて検証します。こちらの縦型洗濯機は、研究室で1週間に1回タオルを洗うときに使用するくらいなので、使用頻度は少なめです。
今回は、この使用頻度が低い縦型洗濯機で、汚れがどれだけ出てくるのかを検証してみることにします。





1.まずは、洗濯槽いっぱいに水を溜めます。



こちらの洗濯機は、全自動洗濯機なので、「洗い」だけを選択し、水を限界まで溜めます。


2.水が溜まってきたら、洗濯槽クリーナーの素を入れていきます。



洗濯槽の8割程度まで水が溜まってきましたので、洗濯槽クリーナーの素を投入しました。泡がぶくぶくとでき始めました!




真っ白な泡でいっぱいになりました。見たことがない光景です。このまま、3時間程放置します。


3時間が経過しました!



3時間が経過しました!
なにやら、茶色や黒色やらの浮遊物があるではありませんか!



これだけのカスをクリーナーを使ってとることができたので、検証成功です!
この後は、「洗い」⇒「すすぎ」⇒「脱水」の1サイクルをしていきます。
今回は、この1サイクルを6回繰り返しました。すると、もうカスが出てこなくなりました!



綺麗になった洗濯槽でタオルを洗ってみました・・・




今回の検証をやってみて・・・

今回は、頻度が低く、柔軟剤も使用していない縦型洗濯機での検証を行いました。
思ったよりも汚れのカスが出てきました。普段あまり使用しない洗濯機でもこれだけの汚れが溜まっているのだと知り、衝撃的でした。カス自体は、茶色く、粘り気のあるものでした。
主に、カビや洗剤の残りカス、水垢が原因ですが、皮脂汚れや髪の毛も雑菌と固まることであのようなものとして出てきたのでしょう。
次回は、使用頻度が高く、柔軟剤をたくさん使用している縦型洗濯機にて検証してみたいと思います。果たして、さらに汚いものが出てくるのでしょうか?どうぞお楽しみに!


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-225-3187 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)