シャワーヘッドを交換すると節水できるのかを検証してみました!

みなさんは、入浴時のシャワーの節水について考えたときはありますか?特に冬場は寒いので、髪や身体を洗う際は湯量が増えて光熱費がかさみますよね。毎日、家族のみんなが入浴時に使用するものなので、少しでもお湯を節約できると家計が助かります。節水アイテムとして、いろいろなメーカーから”節水用のシャワーヘッド”が販売されています。果たして、シャワーヘッド交換の節水効果はどれほどなのでしょうか!?検証して確かめてみることにしました!

<検証方法>

洗面器にお湯が溜まる時間を計測します。溜まるのにかかった時間が長いほど、節水効果が高いということになります。

 

普段使っているシャワーヘッドはこちらです!

こちらのシャワーヘッドは、手元でシャワーの入・切ができるタイプです。手元で操作できるので、いちいちレバーを操作しなくてもお湯を出したり止めたりできるので、便利さもあります。



節水ではないシャワーヘッドでお湯を出すとこんな感じです。洗面器に溜まるまで、24秒でした。勢いがあり、お湯の量も豊富に出てきます。

 

 

続いて、節水シャワーヘッドを用意しました!




シャワーヘッドだけ見ると、不思議な感じがしますが、スリムなタイプでとても持ちやすいです! 約30%節水!(当社比)と記載してあります。 ほとんどのメーカーに対応しているらしく、アダプターも付いているので、付け替え可能です。今回はこちらのシャワーヘッドに交換して、検証を行いたいと思います!



節水シャワーヘッド

穴と穴の感覚が広いように見えますね。お湯を出してみると・・・



お湯を出すとこんな感じです。シャワーの線が細い感じがしますね! 洗面器にお湯が溜まるまで、47秒かかりました! 手に当ててみると、肌触りがいい感じがします!そして、注目すべきなのは水量ですが・・・ 手に当ててみたところ・・・水圧も前と変わらず、水量が減っている感じはしません!



まとめ

シャワーヘッドの検証を行ってみて、同じ水圧でもお湯が溜まるスピードが遅いことから、節水の効果があるのではないかと思いました。 普通のシャワーヘッドの場合だと、気が付かないうちに、余計なお湯を使って洗っているのかもしれません。 節水のシャワーヘッドは、交換するだけで簡単に水道代・ガス代の節約をすることができます。シャワーヘッド自体も格安で販売されています。シャワーヘッドを導入して、無意識にできる節約から始めてみてもいいですね!

※こちらは、弊社が行った検証結果についてまとめた記事です。  環境・状況・使用するものの種類によっては、結果が異なる場合もあります。