お役立ちコラム

お風呂の暖房”浴室暖房換気扇”はヒートショック対策に最適です!


寒くて凍える季節は、熱い湯船にゆっくりと浸かって暖まりたいですね。しかし、冬は”ヒートショック”の危険性が高いことを知っていましたか?ヒートショックにより亡くなる方は、年間で一万人以上います。毎年、交通事故死亡者数よりもヒートショックによる死亡者数の方がはるかに多いのです。そこで、ヒートショックを予防する必要があります。簡単にできる予防法もありますが、お風呂の暖房である「浴室暖房換気扇」や脱衣所やどこにでも設置できる「ウォールヒート」といった機器を使用することで防ぐことができます。

ヒートショックとは何か?

”ヒートショック”という言葉をご存知でしょうか?ヒートショックとは、急激な温度差によって身体に影響を及ぼす影響のことをいいます。
暖房の効いた暖かい部屋から、冷たく冷え切った浴室で熱いお湯に浸かる、実はこの当たり前の行動が心臓に大きな負担をかけているのです。入浴するまでの温度変化が急激すぎることで、血圧が一気に上下し、心臓や血管に異変が起きます。
ヒートショックは、軽い症状から重い症状まであります。軽い症状のものでは、立ちくらみ、めまい、失神、血圧の低下などがあり、気分が悪くなる程度の症状です。重い症状としては、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞を起こし、最悪の場合死に至ります。
また、重い症状が出なかったとしても、軽度のヒートショックによる立ちくらみやめまいなどで、浴室で転倒して頭を打ったり、湯船で溺れてしまうということもあります。このように、ヒートショックは大変な危険が伴ってきます。

ヒートショックを起こしやすい人の特徴

では、どのような方がヒートショックを起こしやすいのでしょうか?
ヒートショックが起こりやすいのは、主に高齢者の方です。家庭内で死亡する高齢者の4分の1は、ヒートショック死というデータもあります。ですが、高齢者の他にも、下記に当てはまる方がヒートショックを引き起こしてしまう可能性があります。チェックしてみましょう。

  • 65歳以上の高齢者
  • 高血圧・糖尿病・動脈硬化である方
  • 不整脈がある方
  • 肥満気味の方
  • 熱めのお風呂が好きな方
  • 一番風呂に入ることが多い方
  • 飲酒後に入浴する習慣のある方

体が健康で丈夫であったとしても、入浴時には注意が必要です。高齢者でなくとも、高血圧や糖尿病などの成人病の持病がある人、メタボリック症候群(予備軍)の人も、急激な血圧の変化によって、ヒートショックを引き起こしてしまうこともあります。”お酒を飲んだら運転してはダメ”というように、”お酒を飲んだら入浴してはダメ”なのです。
「自分はこの中の一つに当てはまるかも・・・」と思ったら、一番風呂を避けて二番目以降に入浴されることをおすすめします。一番風呂だと、浴室自体の温度が低く、冷え切っているからです。また、お湯自体も沸かしたばかりなので、熱々のため体にとってはとても危険な状態です。誰かが入浴をした後だと、浴室内に蒸気が上がっており、お湯も適度な温度になっているので、急激な温度差を防ぐことができます。ヒートショックの危険性を感じる方は、二番目以降に入浴するようにしましょう。これらは家族がいる場合ですが、もしも一人暮らしの場合は、お風呂のお湯を沸かしたら、入浴する前に、蓋を少し開けておきましょう。お湯も適度な温度に下がり、室内も蒸気で暖まるので、ヒートショックを起こす確率を低くすることができます。

また、ヒートショックは家の造り自体が原因の場合もあります。タイル張りで窓のある浴室は、熱が逃げやすい造りになっています。築年数が長い家は、隙間風が吹いたり、壁にも断熱材が入っていないため、身体が冷えて入浴の際の温度差が激しくなります。中でも、浴室の冷えの一番の原因は”窓”ですので、大きな窓がある場合は、窓からの冷気を防ぐのが効果的です。
窓からの冷気を防ぐには、窓を二重窓にするのが効果的です。しかし、工事の費用等が気になるところでもあります。そこで、窓ガラス用の断熱シートを貼ることで、外からの冷気を防ぐことができます。また、床がタイルの場合は、マットを敷くことで足が冷たくならないので、体温も保つことができます。

浴室以外で起きるヒートショック

ヒートショックは、浴室だけで起きるのでなく、トイレや寝室にもその危険性が隠れています。

日本のトイレは、北側に設置してあることが多く、気温が低いため、よりヒートショックを引き起こしやすいといわれています。入浴時のように体温差がそこまであるようには感じないので、何故か疑問に思います。トイレでは、排便の際にいきむため、血圧が上昇しやすいこともあります。ですので、トイレに行く際は、何か上着を一枚羽織って暖かくしてから行きましょう。また、暖房便座を利用することで、お尻が温まり、体温を保ちやすくなりヒートショックを防ぐことができます。暖房便座でないご家庭では、便座シートを敷いたり、トイレ内に置けそうな暖房器具を設置してみるのもよいでしょう。
寝室の場合は、布団の中と部屋の温度差によりヒートショックが起こってしまいます。朝起きると、布団の中は温まっているのに、部屋内は寒いので、急に起き上がるとヒートショックを引き起こしてしまうことがあります。朝起きて、部屋内が寒いなと感じたら、ゆっくりと立ち上がるようにしましょう。また、起床する何分か前に暖房器具が運転するようにタイマーを設定しておくのもおすすめです。

簡単にできるヒートショック予防法

ヒートショックは、日頃のちょっとした心がけで防ぐことができます。比較的簡単な予防法として、”脱衣所に暖房器具を置く”という方法があります。一番避けたいのが、急激な温度変化です。ですので、脱衣所で服を脱いでから湯船に浸かるまでの温度差をなくすことが重要です。暖かい部屋から寒い廊下に出て少し冷えた身体を元に戻してあげるという流れです。ファンヒーターや電気ストーブやカーボンヒーターなどの比較的場所をとらない大きさの暖房器具を置くことで、脱衣所程度の広さのスペースならすぐに暖めることができます。入浴の10分前にあらかじめ付けておくことで、入浴する頃には温度が上がっているかと思います。
また、入浴後に脱衣所に出た際は、寒い思いをしなくてもいいので、1台用意しておけば、ヒートショックを防ぐことができ、快適に入浴をすることができるので、安心して入浴をすることができます。

浴室暖房換気扇のしくみ

浴室暖房換気扇は、主に4つの機能が搭載されています。暖房・衣類乾燥・涼風機能・浴室換気の4つです。1台でこれらの機能が搭載されており、それぞれの機能に特長があり、季節に合った使用方法ができるので、年間を通して使うことができます。それぞれの機能についてご紹介致します。

その他にも、ミスト機能が搭載されている機器もあります。ミスト機能を使用することで、浴室がミストサウナに早変わりします! ミストサウナでは、「冷え性の改善」、「デトックス効果」を体感することができます。ミストサウナは、全身浴よりも水圧がない分、身体への負担が少ない上、身体の末端まで温まり、温かさが持続します。また、身体が温まって発汗することによって、汗とともに老廃物などを体外へ排出してくれます。それによって血行が促進され、新陳代謝が高まり、ダイエット効果に繋がります。 ミストサウナは、温泉施設でしか味わうことができなかったため、自宅で毎日体感できるとなるとリラックス効果もありストレス解消にもなるかと思います。 ミストサウナ機能が搭載されている換気扇は下記のとおりです。

三菱電機製「エコミスト」


写真は三菱電機製「エコミスト」 クリックするとサイトに飛びます。


Panasonic製「i・ミスト」


               写真がPanasonic製「i・ミスト」 クリックするとサイトに飛びます。


これらの機器は、暖房・衣類乾燥・涼風機能・浴室換気等の機能が搭載されつつ、プラスアルファとして、ミスト機能も搭載されています。自宅の浴室でミストサウナが楽しめるので、特に女性にとって嬉しいですよね。生活が快適になるだけでなく、美容効果も高めることができる浴室暖房換気扇はおすすめです!上記にご紹介した以外にも、多種機能搭載の浴室暖房換気扇がありますので、予算や目的に応じて設置されるといいでしょう。

ウォールヒートのしくみ


              写真はコロナ製「ウォールヒート」 クリックするとサイトに飛びます。


”ウォールヒート”とは、暖房機器メーカーのコロナの製品です、壁掛型の遠赤外線暖房機です。特徴としては、下記のとおりです。

  • 壁掛けコンパクトサイズ
  • 瞬間暖房
  • 簡単操作
  • お手入れ簡単
  • 安心設計
  • 信頼の日本製

こちらの機器は、新聞紙一面の1/2の大きさで、脱衣所の狭いスペースに設置できるコンパクトサイズです。また、壁掛けができるので、脱衣所以外でも今まで暖房を置きたかったスペースにも最適です。
脱衣所に限らず、トイレや洗面所、玄関など、今まで寒いのを我慢していた場所に最適です!
付けた瞬間に温まるので、いつでもすぐに温まることができます。
特におすすめしたい設置場所は、脱衣所です。お風呂あがりに、寒い脱衣所で着替えるのは、せっかくお風呂で温まっても、すぐに湯冷めしてしまいます。ウォールヒートがあれば、お風呂から上がってすぐにスイッチをONすれば、赤熱輻射と温風で温かい身体を持続させることができます。また、脱衣所でそのままドライヤーを使用していたとして、「暑いな~」と思ったら、機械が室温を検知し、勝手にヒーター出力を自動で切り換えしてくれます。
また、気になるのが掃除の仕方です。掃除に手間がかかると、面倒だなと感じてしまいますが、ウォールヒートは、お手入れが簡単になっています。
そして最も気になるのが電気代です。ウォールヒートを600Wの設定で、計1時間暖房で使用した場合、約13円です。(北陸電力での一般的な電気料金の場合です。)
ハロゲンヒーターやオイルヒーターなどの他の暖房機器と比べてみると、同等の電気代になります。人数が多いご家庭でも、お風呂上りに少しだけ使用する程度なら、一日で計13円以下で過ごすこともできるかもしれません。そして、その他のメリットや機能の充実を見ると、安いように感じます。

まとめ

ヒートショックを防ぐためには、様々な方法があります。
ヒートショックの危険性がある場所の浴室・トイレ・寝室は毎日使用する場所でもあります。高齢者に多いヒートショックですが、実際は誰にでも起こり得る可能性があります。
家族が声を掛け合い、家族の体調の様子や無事にお風呂に入れているのかを気にかけてあげることも有効な対策となるでしょう。
ヒートショックについてよく知り、予防・対策をきちんと行っていきましょう!


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-225-3187 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)