お役立ちコラム

空き巣が嫌がる防犯対策のポイントとは?


みなさんは、防犯対策を考えたときはありますか?”自分の家は大丈夫だろう・・・”と思っていても、いつ空き巣に狙われるか分かりません。空き巣被害を防ぐためには、まずは、空き巣が嫌がる家作りをする必要があります。今日から始められる簡単な防犯対策から、本格的な防犯グッズ・機器を使った防犯対策までありますので見ていきましょう。

侵入されやすい家の特徴

空き巣対策をする上で、侵入されにくい家作りをすることが大切です。では、一体どのような家が空き巣に侵入されやすいのでしょうか?
死角があり、高い塀や草木で隠れてしまう家は、空き巣のターゲットにされやすい傾向にあります。家に住んでいる人からすると、外から家の中を見られる心配がなく、なんとなく安心してしまいますが、空き巣犯にとってみれば、一歩、庭に入ってしまえば、犯行を誰にも見られることなくできてしまう可能性があるのです。プライバシーが守られている場所は、逆に一歩中に入ってしまえば、空き巣犯にとって好都合な場所なのです。
また、家の奥の場所もひと目がつかなくなるので、危険です。

そして、足場になりそうなものが置いてある場合も危険です。はしごや、カーポート、小屋など、つたって登っていけるものがある場合は、2階から侵入されてしまう恐れがあります。
空き巣犯は、必ず一階から侵入してくるとは限りません。ベランダやバルコニー、エアコンの室外機も空き巣犯にとっては最高の足場です。足場になりそうなものは、登ってこれないようにしかけをしておきましょう。
空き巣に侵入されやすい家を紹介しましたが、空き巣に狙われる確率が最も高いのは、何の防犯対策もしていないお家です。泥棒にとって、対策をしていない家のほうが、成功率が高く、楽して儲けられるからです。そこで、何らかの防犯対策は必要不可欠なものになってきています。

簡単にできる防犯対策

簡単にできる防犯対策として、主に家の外回りをどう工夫するのかが重要です。割と簡単にできる防犯対策です。

ポストに郵便物を溜めない

長期旅行などで長期で家を空ける場合、郵便受けに、郵便物や新聞紙が溜まっていると、空き巣に”この家は留守だな・・・”と気付かれてしまいます。そこで、新聞をとっているご家庭は、新聞屋さんに、「○日~○日は新聞を止めてほしい。」という内容を伝えましょう。郵便物は、お近くの郵便局へ行き、一旦STOPをかけてもらうといいでしょう。
空き巣に、どれくらいの期間留守にしているのかを探られないように注意しましょう!

防犯フィルムを窓に貼る

ほとんどの空き巣は窓ガラスから侵入してくるというデータが出ています。そこで、窓ガラスを守ることが重要になってきます。窓に防犯フィルムを貼ることで、割るまでに時間がかかり、侵入してこようとする空き巣を威嚇し、諦めさせることにつながります。防犯フィルムが貼ってあると、窓ガラスを割るために1分以上かかります。侵入までに1分以上かかるのは、空き巣にとって、不利な状況です。また、通常の窓ガラスの状態で割ると、そこそこの音しか出ないのに対し、シートが貼ってあることで、窓ガラスが強化され、割るまでに時間がかかります。そして、大きな音を出して割らなければならないので、周囲に気付かれてしまう可能性があります。泥棒は、大きな音が出ることや、時間がかかること、周囲に気付かれてしまうことを嫌がります。
防犯フィルム自体は、ホームセンターやネットで千円程度から販売されています。

電気機器での防犯対策

電気機器でできる防犯対策として、人感センサー付照明・防犯カメラ・TVモニター付インターホンがあります。どの機器も、初期費用を当ててしまえば、維持費はそんなにかかりません。

人感センサー付照明での防犯対策効果とは?

人感センサー付照明での防犯対策は、もうおなじみになってきているかと思います。人感センサーを設置することで、夜の空き巣対策に効果的です。空き巣犯が住宅に侵入する時間として、午前10時~午後4時が最も多いとされています。この時間帯に空き巣が多いのは、仕事や学校で家の人がいない時間帯と重なるからです。では、旅行時や夜の外出時はどうでしょうか?夜に電気が点いていないことを発見した空き巣は、その隙を狙って侵入してくるかもしれないのです。そこで、玄関先や侵入されそうな窓のところに、人感センサー付照明を設置することで、夜の空き巣の侵入を防ぐことができます。
また、人感センサー付照明をガレージに設置することで、大切な車にいたずらされないように威嚇することもできます。

防犯カメラでの防犯対策効果とは?

”防犯カメラ”というと、店舗や会社に設置してあるイメージがあります。しかし、最近では、ご家庭で設置する方が増えてきました。防犯カメラは、年々性能が上がり、綺麗にくっきりと撮影できるようになりました。空き巣は”見られる”ことを気にします。そこで、勝手口や人通りのない箇所に防犯カメラを設置することで、空き巣を威嚇することができます。
また、設置を検討する際は、監視したい場所と時間を考える必要があります。使用したい環境に合った防犯カメラでないと、防犯効果を十分に発揮することができません。特定の場所を監視した方がよいのか、広範囲を監視するのかなどを、設置する場所が決まったら、すぐに決めていきしょう。また、夜監視したいのか、昼に監視したいのかを決め、カメラの種類を決めましょう。

TVモニター付インターホンでの防犯対策効果とは?

TVモニター付インターホンは、多くの方が既に使用されているかと思います。中には、録画機能が搭載されているものもあり、多くの方が役立っているかと思います。自宅への訪問者の顔をはっきりと見ることができ、玄関先まで行かなくても、確認することができるので、とても便利な機能です。モニター付インターホンが防犯対策になるとはどういうことなのでしょうか?
空き巣は、侵入する家に人がいないかを確認します。TVモニター付インターホンがあれば、泥棒が下見をすることも威嚇して防ぐことができ、事前に、怪しい人物が訪問していないかをチェックすることができます。

まとめ

いかがでしたか?
防犯対策は様々な方法がありますが、簡単にできる対策から、お金をかけてする防犯対策まで様々です。どの方法が向いているのかを家族で話し合ってみましょう。
また、空き巣は、ターゲットにする家をマーキングします。チャイムやポスト、表札やガスメーターの付近に怪しいマークやシールが書かれていたら、ターゲットにされている可能性があります。気を付けて家の外回りを見ていきましょう。
空き巣は人に見られること、侵入に時間がかかることを嫌がります。「自分の家は大丈夫だろう・・・」と思わず、危機感をもって空き巣対策をされることをおすすめします。


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-225-3187 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)