お役立ちコラム

洗濯機を正しく使い定期的な洗濯槽の掃除でいつも清潔な洗濯機に!

しっかり洗ったのに、”洗濯物が臭い!”と感じた経験はありませんか?せっかく時間をかけて洗った洗濯物がそうであるととてもショックな気持ちになりますよね。洗濯物の嫌な臭いの原因は何なのでしょうか?そして嫌な臭いを撃退するための方法についてもみていきましょう。

服が臭くなる原因・対処方法

①細菌

気になる洗濯物の嫌な臭い。ひどいときは、雑巾のようなきついツーンとした臭いがすることもあります。臭いの原因の1つとして”菌”があります。中でも、”モラクセラ菌”という菌が繁殖すると、嫌な臭いを放ちます。洗濯物が乾くまでに時間がかかることで、モラクセラ菌が、洗濯物に残ったたんぱく質や皮脂を分解し、その結果、嫌な臭いを発生させます。洗濯物を干しているときに、濡れた洗濯物の水分は、部屋の天井・壁・ドア・カーテン・畳・カーペットなど部屋にあるものに吸収されます。吸収された水分に、雑菌・カビ菌が含まれていることになります。部屋干し時に雑菌をバラまいていることになるとしたら、息を吸う度に菌を体内に取り入れていることになります。

こんなに嫌な臭いだから、どれだけ体に悪影響なんだろう・・と思ってしまいますが、実は、モラクセラ菌は、体内に存在する菌なので、健康に悪影響を及ぼすわけではありません。しかし、洗濯物から嫌な臭いがすると、気分まで下がってしまいます。
また、臭いを消すために消臭スプレーや香水をふりかけたとしても、汗や雨で水分や皮脂の量が増えると、再び増殖し、嫌な臭いが戻ってきます。


        洗濯物から、雑巾の臭いが・・・


対処法:洗濯物は放置しない!除菌スプレーで対処!

細菌は、高温多湿の場所を好みます。夏場は菌の繁殖も早まり、洗濯物を放置しておくと菌の宝庫となります。ですので、汚れた洗濯物は早めに洗濯することがおすすめです。
時間がなくてすぐに洗濯できない時は、除菌スプレーを吹きかけておくだけでも、増殖する菌の数を抑制することができます。最近話題の、次亜塩素水は、除菌率99.9%で、肌に触れても問題ない液ですので、さらにおすすめです。

②洗濯槽のカビ

細菌以外にも、洗濯物の臭いの原因として考えられるのは、”洗濯槽のカビ”があります。洗濯物の汚れをとってくれる洗濯機自体がカビだらけということは、洗濯物の汚れを落としきれず、無駄な汚れが付着し、嫌な臭いを放ちます。洗濯機は、カビを生むにあたり、条件は抜群に揃っています。洗濯機内の環境についてみていきましょう。

<カビが発生する3つの条件>

  • 栄養
  • 湿度
  • 温度

    洗濯槽のまわりにこびりついた黒カビ


カビが発生する条件として、上記の3つが挙げられます。この条件に全て当てはまっているのが洗濯機です。”湿度”、”温度”は、洗濯槽の中を想像したときにイメージが付きますが、”栄養”は何が栄養なのでしょうか?実は、石鹸や洗剤の残りカスが、まさにカビのエサ(栄養)となって、カビを増殖させてしまうのです!目には見えにくいですが、洗濯槽の裏には黒いカビが大量に潜んでいるのです。
カビも一緒に洗濯をしていると思うと、恐ろしいですよね。こんな黒カビの中で洗濯物を洗うことで、衣類にカビが付着し、菌が増加していくのです。そして臭い匂いを放ちます。

お風呂よりもカビやすい洗濯槽

お風呂場もカビが生えやすい場所です。しかし、窓があったり換気扇があるので、完全に乾くということは難しいかもしれませんが、掃除をすることでカビを防ぐことができる場所であります。実は洗濯槽は、風呂場よりもカビが発生しやすいのです。洗濯機は、普段閉めておくことが多いので、湿気がこもりやすくなっています。洗濯機の蓋は、使わない時は開けておきましょう。

対処法:月に1回は洗濯槽クリーナーで洗濯槽の掃除をしましょう!

洗濯槽の黒カビは、洗濯槽の掃除で解決することができます。洗濯槽の掃除は、自宅で手軽に行うことができます。
市販で販売されている、洗濯槽クリーナーを使用する場合もありますが、重曹やクエン酸を使用して掃除する方法もあります。詳しくは、本サイトの洗濯槽クリーナーを使用すると洗濯機の汚れはとれるのかを検証してみました!part2の記事をご覧下さい!
新品の洗濯機も、3か月後にはひどく汚れています。新しい洗濯機だからしばらくはカビが生えないと思いがちですが、3ヶ月もすると、洗濯槽の裏にはカビが生えています。しつこい頑固なカビになると、なかなか落ちにくくなってしまいます。綺麗なうちに、定期的にクリーニングをして、綺麗な洗濯槽を保ちましょう。



また、専用の洗濯槽クリーナーを購入しなくても、家にあるもので洗濯槽の掃除をすることができます。

・重曹

粉末で200グラム投入します。重曹はアルカリ性の中和反応が働き、洗濯槽についた汚れや臭いをとってくれる効果があります。洗濯機によっては、重曹の使用が禁止されているものもありますので、取扱説明書をよく読んで、可能な場合は使用しましょう。

・酸素系漂白剤

粉末であれば、500g~1kg、液体の場合は500㎖~1ℓを投入します。水が10ℓにつき100gの割合とします。汚れがひどいと感じる場合は、量を足して、様子をみて調節しましょう。

<手順方法>

①水またはぬるま湯に、重曹もしくは酸素系漂白剤を入れます。
②「洗濯コース」で3分間~5分間回します。
 ②を30分間もしくは1時間おきに2.3回行いましょう。
③3~4時間程度つけおきします。
 次第に、汚れが浮いてきます。
④3~4時間のつけおきを終えたら、もう一度洗濯コースで3分間~5分間回します。
 浮いてきたゴミは、ゴミすくいネットで取りましょう。その後、水を捨てます。
⑤水を溜めて、すすぎ洗いで3分から5分程度回します。
 残った汚れが出てくるかと思いましたので、再び網ですくいます。
 すすぎ洗いを繰り返して、汚れが出てこないようになれば完了です。

対処法:洗濯洗剤は適量を入れましょう!

洗剤は、水の量に対して溶ける量が決まっています。溶けきらない程の量を入れてしまうと、すすぎが不十分になってしまい、洗剤が残ってしまった部分がシミになってしまうこともあります。また、洗剤に加えて柔軟剤も投入しているため、同じ水の量でもなかなかすすぎきれていないことがあり、投入口も洗剤が残ってしまっていることがあります。
洗剤のメーカー会社は、洗濯物の量・水量に対しての洗剤の適量を表記してあります。衣類の臭いが気になっても、適量を必ず守りましょう!

対処法:洗濯機に入れる量は控えめに!

洗濯機には”容量”というものがあります。容量以上の洗濯物を入れてしまうと、うまく回らず、汚れが落ちにくくなります。洗濯槽に容量いっぱいで洗濯をするよりも、7~8割ぐらいで洗濯をする方が、洗濯能力が下がらず、洗濯することができます。縦型の場合もドラム式の場合も、めいいっぱい入れすぎないように気を付けましょう。洗濯槽の中をしっかり回し洗いできることで、雑菌を洗えることになります。


         洗濯物の入れすぎ注意!

まとめ

洗濯物が臭う原因は、様々な要因が重なって発生していました。

  • 汚れた洗濯物を放置
  • 洗濯槽の黒カビ
  • 洗濯洗剤の入れすぎ
  • 多量の洗濯物を一度に洗う
  • 部屋干し時の湿気

洗濯物は溜めない、入れすぎない、洗剤も適度に、そして月に一度は洗濯槽の掃除を行うことで、嫌な臭いを発生させることなく、洗濯機自体もクリーンな状態に保つことができます。洗濯槽の掃除については、本サイトのやってみたシリーズにて、洗濯槽のクリーニングをした際の洗濯槽クリーナーを使用すると洗濯機の汚れはとれるのかを検証してみました!part1がありますので、ぜひご覧下さい!また、お家の中も換気をして、空気を通してあげることも大切です。洗濯物が臭って、もう一度洗濯をしなければいけない手間を考えると、効率的に洗濯することができます。ぜひ、実践してみて下さいね!