お役立ちコラム

ブレーカーが落ちたら?分電盤の確認方法や復旧方法とは?


みなさんのお宅に1台は必ずある分電盤。その分電盤はどんなはたらきをしているか知っていますか?分電盤とは、電気を安全に使用するために必要なサービスブレーカー・漏電ブレーカー(漏電遮断器)と安全ブレーカー(配線用遮断器)を1つにまとめた箱です。分電盤は、電力から届いた電気を分配するほか、電気の使い過ぎや漏電した際に事故にならないように、建物内で使う電気をチェックする大切な役割を果たしています。

分電盤の中身について知ろう!



①サービスブレーカー(契約ブレーカー)

電力会社との契約ブレーカーで、契約時に家庭で使用する電気器具の量に合わせてアンペア数を決めます。スイッチの上に記載されている数字が使用可能な契約電力です。それ以上の電気が流れると、自動的にスイッチが切れる仕組みになっています。ブレーカーが落ちたときにスイッチを入れ直す場所が、このサービスブレーカーになります。

②漏電ブレーカー(漏電遮断器)

漏電ブレーカーは、ご家庭の配線や電気器具の故障で漏電したとき、その異常を素早くキャッチし、0.1秒の速さで自動的に電気を止めます。これを取り付けると、家中の電気設備・器具の漏電による事故や火災を未然に防ぐことができます。必ず取付しておきましょう。

③漏電表示ボタン

漏電を検知すると、③の黄色いボタンが飛び出します。

④つまみ

  • 漏電表示ボタンがある場合・・・ボタンを押してから、つまみを上げて下さい。
  • 漏電表示ボタンがない場合・・・つまみを一度下げた後、押し上げて下さい。
  • つまみを上げても、またさがる場合・・・契約されている電力会社へ聞いてみましょう。

⑤テストボタン

漏電した場合と同じ状態をつくり、ブレーカーが正常に働くことをテストするボタンです。

⑥配線用遮断器

安全に流せる電気の量には限りがあります。各部屋に分けて配線してあります。
それぞれの配線の安全を守るのがこの配線用遮断器です。

こんな症状が起きたら・・・

・家の中が全部消えているが、近所の家も消えている
・近所の家は点いている
・家の一部だけが消えている

こんな症状がある場合は、分電盤を確認する必要がありますが、まずやるべきことがあります。

  • アイロン、ドライヤー、ヒーター、ストーブ、こたつなどの電熱器具・装置の電源を切り、コンセントを抜く
  • ハンドミキサー、電気ドリル、電動ノコギリなどの回転器具・装置の電源を切り、コンセントを抜く


また、停電中に出かける際には、分電盤のブレーカーを切ってから外出するとより安全です(停電解消後は、ブレーカーを入れた後に機器のプラグを差し込んでください。

パソコンを使用していた場合は、停電から復旧する際に、過大な電流・電圧がかかる場合がかかります。パソコンや周辺機器が故障する可能性があります。一度作業をやめてコンセントを抜きましょう。

停電中は、エアコンや扇風機などの冷暖房器具などが使えなくなります。もしも、真夏に停電してしまった場合は、熱中症に注意が必要です。こまめな水分補給を行いましょう。また、気を付ける必要があるのは、冷蔵庫です。食材が傷んでしまうので、冷蔵庫内の温度が上昇しないように、なるべく開け閉めはしないようにしましょう。

感電事故防止のために、アースと漏電遮断器が必要です。漏電した場合にも、アースがあれば、アースを通して電気を大地に逃がします。また、漏電遮断器は、アースに漏電したことを検知し、自動的に電気を止めてくれます。

それでは、分電盤を確認してみましょう!!

急に電気が復旧してしまった場合の備えができたら、いよいよ分電盤を確認していきます。

  • アンペアブレーカーが切れている場合
  • 配線用遮断器(回路ブレーカー)が切れている場合
  • 漏電遮断器が切れている場合

アンペアブレーカーが切れている場合

アンペアブレーカーが切れている場合は、一度に電気を使い過ぎたという場合があります。

①コンセントからプラグを抜き、使用していた電気器具の数を減らして下さい。
②アンペアブレーカーのつまみを「入」にして下さい。



配線用遮断器(回路ブレーカー)が切れている場合

配線用遮断器が切れている場合は、一つの部屋、または回線で電気を使い過ぎたという場合があります。

①電気を消し、コンセントからプラグを抜き、使用していた電気器具の数を減らしてください。
②下りている配線用遮断器(回路ブレーカー)のつまみを「入」にしてください。



漏電遮断器が切れている場合

漏電や電気の使いすぎ、雷によるショックなどが原因という場合があります。



①アンペアブレーカーのつまみが「入」になっていることを確認して下さい。
②配線用遮断器のつまみを全て「切」にして下さい。



③漏電遮断器のつまみを「入」にした後、配線用遮断器のつまみを1つずつ「入」にして下さい。
④配線用遮断器を「入」にした時に、漏電遮断器が切れた場合、その回線に漏電の可能性があります。



⑤全ての配線用遮断器を「切」にし、再び、漏電遮断器のつまみを「入」にして下さい。



⑥問題のある回路以外の配線用遮断器を「入」にして下さい。

では、どんな電化製品がアンペア数が高く、ブレーカーが落ちやすいのでしょうか?


         ※表のアンペア数は平均値です。


特に消費電力が大きいのは、電子レンジ、オーブン、IHクッキングヒーター、炊飯器、ドライヤー、掃除機、電気ケトル等です。これらを含めた電気製品を大量に同時使用するとアンペアブレーカー、もしくは安全ブレーカーが落ちる可能性があります。ブレーカーを復旧させるのも手間がかかるので、家族でどれか使用している人がいたらほかの電化製品の使用を控えるなどして、ブレーカーが落ちないようにしましょう。

漏電していたら危険?

「漏電」とは、その名の通り、電気が漏れている状態のことを言います。
私たちが、普段使用している電気には、漏電の危険が潜んでいます。
漏電の原因としては、電線が傷ついたり、老朽化して被覆が剥がれることが関係しています。また、防水性がない電気器具が水を被ることでも漏電は発生します。

漏電による影響は、電力の損失以外に、人体に影響を及ぼすことがあります。それが、「感電」です。「感電」は、ビリっと感じる程度のものもあれば、致命的な障害が残ったり死に至る場合があります。



そして、この漏電の規模がさらに大きくなると、火災を引き起こしてしまいます。一般家庭でも、漏電が原因で火災を引き起こすことも稀ではありません。特に注意すべきなのは古い家電の電気コードです。まだ使用できて大丈夫であっても、配線の中が劣化し、そこから漏電を起こし発火を起こしてしまうことがあります。では、漏電は防ぐことができるのでしょうか?

漏電遮断器で感電や火災の防止を!

そのほかの予防策として、日常のちょっとした心がけで漏電を防止することができます。

  • 電気コードを折ったり曲げたりしない
  • プラグにホコリを溜めない
  • タコ足配線をしない
  • 塗れた手で電気機器を扱わない
  • コンセントに感電防止用のカバーを取付る

漏電についての詳しい内容は、何故漏電で火災や感電が起こるの?電気代が上がる要因でもあった!をご覧下さい。

まとめ

いかがでしたか?分電盤を触る際は注意が必要になります。ブレーカーは主に、電気の使い過ぎと、漏電が原因で落ちます。ブレーカーの復旧作業は、今回ご紹介した通りに行えば回復しますが、何度もブレーカーが落ちることは避けたいものです。そのために、消費電力の大きい電化製品は同時に使用しないようにしましょう。