お役立ちコラム

エコキュートのメリット・デメリットとは?電気代はどうなる?

みなさんの家ではエコキュートはお使いですか?エコキュートが家にあると、深夜の安い電気代のうちに、タンクにお湯を張り、お得にお湯を使うことができます。そもそも、何故お湯を貯めることができるのでしょうか?エコキュートのしくみ・お得な部分に迫ります。

エコキュートとは?

エコキュートは、ヒートポンプ技術を利用して空気の熱でお湯を沸かすことのできる電気給湯機です。安い夜間の電気を使って、夜間のうちにタンクにお湯を沸かして溜めておくことができます。そのお湯を日中に使うことができるので、お湯を安く使うことができます。



エコキュートの動くしくみ


                                                    拡大してご覧下さい。


  1. まず、空気の熱をヒートポンプユニットの熱交換器に取り込みます。
  2. 取り込まれた際は、CO₂を冷媒として圧縮機に運ばれ、電気エネルギーにより圧縮されて高温になります。
  3. 高温になったCO₂は、水熱交換器に運ばれて、貯湯タンクシステム内の水を温めます。
  4. 水を温め終わったCO₂は、膨張弁に運ばれて、また低温になります。
  5. 低温になったCO₂は、空気の熱を取り込むため空気熱交換器に戻ります。
  6. 貯水タンクユニット中で温められたお湯が、給水で設定温度に調節されてキッチンやお風呂で使われます。  

1~5までの流れをCO₂冷媒サイクルといいます

エコキュートは、ほぼエアコンと同じような原理です。外の機械(ヒートポンプユニット)が動いているときにそばに寄ると、とても涼しいです。逆に、冬はとても寒いです。
いくら外の気温が氷点下でも、お湯を作ることができます。何故なら、機械にとってはマイナス5℃であっても、マイナス10℃よりは5℃も暖かいということです。その5℃の温度差も加圧されることで、さらに高温になり、その熱をお湯に変え、タンク内に90℃のお湯を貯えることができます。

タンクのお湯切れ

エコキュートの使い始めによくあるのが「お湯切れ」です。エコキュートをご使用中で、入浴中にシャワーを使っていると、温かいお湯が出ずに、水しか出なくなったという経験はありませんか?
「故障?」と思いがちですが、実は故障ではなく、ほとんどがエコキュートの使い方が間違っていることで起こるトラブルです。では、お湯切れを起こさないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

お湯が切れてしまう原因

使用容量や環境に対してタンクが小さすぎる

エコキュートのタンク容量を選ぶ際、人数に対してのタンクの選び方がとても重要です。
4人家族の場合、エコキュートのタンク容量は約370~460Lを選ぶのが一般的です。その中で、370L程度の小さい容量を選んだ際、1日に何度もシャワーに入る人がいたり、お客様がたくさん来られたり、お風呂を沸かし直したりすると、途中でタンク内のお湯が底をついてしまう可能性があります。それは、エコキュートの構造上仕方ないことでもあります。エコキュートのタンクでは、実際に使ったお湯の分だけ水が給水され、空っぽになることはありません。お湯切れを起こした時は、タンク内はすべて水です。
全て水の状態でお湯を沸かしても、最初はお水とお湯が混ざってしまって、すぐにはお湯を貯めることができません。お湯を作るスピードが消費するスピードに追い付かないため、水しか出てこなくなるというわけなのです。

普段よりも多くお湯を使った

エコキュートは、タンクの中で操作している人がいるかのように、とても賢い機器です。タンク内のお湯が不足しそうになった際は、自動的にお湯が作られます。しかし、お湯を作るスピードが消費するスピードに追い付かない場合は途中でお湯が切れてしまいます。
お客様が来られたときだけでなく、冬に近づく季節の変わり目には、シャワー中心の生活から浴槽に湯舟を張る生活に変化する方も多いかと思います。今までと違う量のお湯を使うと、湯切れが発生しやすくなりますので、気を付けましょう。

湯切れしないための対策

では、湯切れを起こさないようにどのように対策を行ったらいいのでしょうか?

エコキュートの設定をこまめに変更する

前日に、翌日の湯量が増えることが既に分かっている場合は、前夜のうちに満タンでお湯を貯められるように設定を変えておきましょう。また、日中に沸き上げしないように設定している場合は、その設定を解除しましょう。また、お客様が来られる際は、近くの銭湯や温泉を利用するという方法もあります。

追い焚きは使わない

実は、追い焚きは節水にはなりますが、かなりの量のお湯を消費します。湯切れが頻繁に発生する場合は、追い焚き機能は使わないようにし、高温差し湯で浴槽内のお湯を温めるようにしましょう。

エコキュートに不具合が出たら

エコキュートが故障してしまうと、どのような症状が起こるのでしょうか?

足し湯をしても水しか出てこない

エコキュートに取り付けられている基盤が劣化している可能性があります。特に初期の方に生産されたエコキュートでは起こりやすい症状で、速やかにメーカーへ連絡して、対処してもらう必要があります。

お湯張りが止まらない、お湯が浴槽から溢れてしまう

浴槽循環口が汚れていると、水位センサーが誤作動を起こし、お湯が自動で止まらない場合があります。入浴剤を使用されている方は特に注意が必要です。

熱交換器配管が目詰まりしてエラーが起こる

水道水の質が悪いときに起こる症状です。特に水道水を山から引いている地域のご家庭では、水道水に鉄や砂などの不純物が混じっている場合があります。それが、目詰まりの原因になることがあります。

貯湯ユニットから水・お湯がポタポタと漏れている

炊き上げ運転中は、タンク内の膨張したお湯を常に排水している為、外部にポタポタと水やお湯が漏れます。ですが、これは故障ではありません。

ヒートポンプユニットから水が漏れている

ヒートポンプユニットは、背面に空気熱交換器があり、これが低温になると、外気との温度差によって結露が起こり、結露水が発生します。
また、発生した結露水はヒートポンプユニット下部から排水されます。

どんな種類がある?

様々なタンク形状



<角型> 標準サイズで、ファミリーマンションにも設置可能
<薄型> 隣地との間の狭いスペースでも楽々設置できます
<スリム型> 設置面積が小さいスリムタイプ

タンク容量の違い

エコキュート選びで大切になってくるのは、「タンク容量」です。基本は、「370リットル」「460リットル」「550リットル」の3種類からお選び頂くことになります。



370リットル・・・4~5人家族向け
460リットル・・・5~7人家族向け
550リットル・・・7~8人家族向け

多くの場合は、現在の家族構成だけを考えてついついタンク容量を選んでしまいますが、場合によっては後悔することになります。
”これからまだ家族が増える可能性がある”というご家庭や、”子供たちが巣立っていき、人数が減る”、”お盆やお正月に親戚や孫が帰省してくる”というご家庭は、よく考えて、容量を選択する必要があります。
通常4人家族で370リットルのところに、孫たちが帰省してきて7人になったら、お湯を使う量>お湯を作る量になってしまい、途中でタンクのお湯が切れてしまいます。
年に一度程度なら、銭湯へ行くなどの対処ができますが、こまめに人数が増える時がある場合は、一つ上の容量を選ばれることをおすすめします。
年に1度ならば深く考える必要もありませんが、こまめに帰ってくる場合などは、ひとつ上の容量を選ばれると良いかもしれません。

フルオート・オート・給湯専用の違い

エコキュート機能には、「フルオート」「オート」「給湯専用」の3種類があります。それぞれの機能の違いをご紹介します。

<フルオート> ボタン一つで「お湯はり」「保温」「足し湯」まで自動運転します。
<オート> ボタン一つで「お湯はり」をします。「ワンタッチ足し湯」もできます。
<給湯専用> 蛇口をひねるとお湯が出るというシンプルな機能のみです。

フルオートとオートが似ているような感じがしますね。フルオートとオートの違いは、「保温」「足し湯」を自動でするかしないかという点です。一見、自動で「保温」し、お湯が少なくなれば「足し湯」をしてくれるという機能は便利なように見えますが、それだけ余分な光熱費がかかってしまう場合もあります。
自動で保温してくれるというのは、自動で追い焚きをしてくれるのと同じことです。原則として、追い焚きは光熱費が高くなります。同じ温度にしたい場合に、温め直すのであれば、湯量は増えますが。足し湯の方が経済的です。せっかく光熱費が抑えられるエコキュートにしても、随時追い焚きをしてしまうと、本末転倒です。
ですので、これらの機能を選ぶ際には、自動湯張りがほしければ「オート」、必要なければ「給湯専用」を選ぶことをおすすめします。

エコキュートのメリット・デメリット

メリット

  • 電気代の安い深夜電力を利用するため、光熱費が安い
  • 断水時などにはタンク内の水を非常用水として使える
  • 停電が起きてもタンクから水を取り出すことができる
  • メーカーが豊富でより自宅に合った製品を選べる

光熱費 得

エコキュート、太陽光発電システムと組み合わせることで、電気代などの光熱費を大幅に減らすことができます。太陽光発電システムなら災害時にも発電できますので、停電時でも困りません。さらにタンク内に水がありますので、断水があっても数日間は水を使うことができます。
たくさんのメーカーから商品が出されていますので、性能や機能を比較しながら最適なものを選ぶことができるというのも大きなメリットです。また、初期コストが高いというイメージがありますが、今では以前よりも価格が下がって導入しやすくなっています。
実用面では火を発生させないため、火災が発生する可能性がとても低くなります。小さな子どものいる家庭や、高齢者世帯が安心して暮らすことができる。それもエコキュートを導入するメリットのひとつです。

デメリット

  • すぐにお湯が出ない
  • 使いすぎると湯切れが起こる
  • 故障しても自分の手では直せない
  • 深夜に低周波騒音を起こす可能性が有る
  • 空気の熱を利用するため、冬は効率が下がり、光熱費が上がる


インターネットなどで調べるとメリットばかり出てきますが、実はデメリットも少なくないのがエコキュートです。まずガス給湯器と比べると水圧が低いため、2階以上ではシャワーの勢いが弱くなったり、キッチンと浴室の同時使用ができなかったりします。
さらに、貯湯タンクはとても大きいため、室外に一畳分くらいのスペースが必要です。その分、お庭のスペースが必要です。お湯は貯まっただけしか使えませんので、入浴中にお湯切れが発生する可能性があります。タンク内の衛生環境を考えると、飲用にも適しません。
そしてもうひとつ重要なのが、一部で低周波騒音のトラブルが発生しているということです。エコキュートは耳に聞こえない低い周波数で音が発生しています。それにより眠れなくなる人もいるため、設置時には十分な対策が必要になります。

エコキュートのメンテナンスは必要?

エコキュートは、水をお湯に変えているだけなので、タンクや配管が汚れることはないと思われがちです。しかし、ご存知の方も多いですが、水道水の中には、様々な不純物が含まれています。その不純物が沈殿し、タンク内に溜まってしまいます。また、お風呂のお湯を循環させている場合は、その汚れがフィルターを通らず、目詰まりを起こしてしまうこともあります。こういった沈殿物や、フィルターの汚れを取り除かないと、エコキュートのタンクや配管の状態が悪くなってしまいます。タンクや配管の状態が悪くなってしまうと、エコキュートの効率が悪化し、最悪の場合故障してしまいます。その故障をなるべく防ぐためには、日頃のメンテナンスが重要なのです。

メンテナンス方法

ではエコキュートはどういったメンテナンスが必要なのでしょうか?
実はエコキュートのパーツ別にお手入れの仕方が違います。確認してみましょう。

風呂配管の洗浄

浴槽とエコキュートの間には、風呂配管があります。使用中は、ここをお湯が循環するため、汚れがつきにくい箇所ではあります。しかし、運転が停止しているときは、水が溜まって汚れがつきやすくなります。自動洗浄機能がついているエコキュートが多いですが、そうでない場合は、手動での洗浄が必要です。半年に1回は洗浄液を使って洗浄しましょう。

浴槽フィルターの掃除

浴槽フィルターが目詰まりしていると、追い炊きができなくなることがあります。浴槽についているフィルターを取り外します。そしてブラシを使って洗いましょう。

漏電遮断器の点検

エコキュートには、漏電発生時に電気を遮断する機能が搭載されています。この機能がきちんと動作するのかを確認する必要があります。

配管の点検

配管の接続部には、パッキンやシールが使用されています。
これらのパッキンやシールは、シリコンやゴムで作られています。日が経つと、劣化し、水漏れを起こす可能性があります。時々、水漏れを起こしていないかを目視で確認しましょう。

タンク内の掃除

エコキュートのメンテナンスで最も重要なのは、タンク内の掃除です。掃除の手順は、メーカーによって多少違います。掃除の手順は、取り扱い説明書に書かれていますので、必ず、手順に沿って行う必要があります。
タンク内の掃除は、基本的には、タンクの底面にある排水栓を開き、沈殿物を排出します。その機器の種類にもよりますが、3分間程排水を行えば、タンク内の沈殿物のほとんどは取り除くことができます。
タンク内の掃除を放ってしまうと、様々な問題が発生します。それは、浴槽内に浮かぶ沈殿物です。沈殿物が溜まると、給湯管に流れていきます。その結果、浴槽内にまたその沈殿物が浮かんでしまいます。給湯管に流れ出した水がキッチンへ流れていくと、汚れた水で食器類を洗ってしまう可能性があります。浴槽のお湯に沈殿物が浮くようになると、メーカーにメンテナンスを依頼することになります。ご自身で定期的にメンテナンスをされると、業者に頼むことなく、お金をかけずに済むので、定期的なメンテナンスはとても大切です。

エコキュートのお湯は飲めない!

一般的に、エコキュートのお湯は飲まないようにと説明書には必ず記載してあります。タンク内の汚れがお湯に入り込んでいる場合があるからです。お湯そのものに害はありませんが、エコキュートは、一度水を温めているため、カルキが抜けてしまい、安全状態ではないため、飲んではいけないとされています。
しかし、最新のエコキュートには、飲用可となっている商品もあります。どういうしくみかというと、飲用のお湯だけをタンクに貯めることなく、急速に水を沸かしてお湯を作り、蛇口から出すため、安全上も問題なく利用することができます。

まとめ

電気代が安くなる、省エネであるなどのメリットを考えれば、エコキュートの導入は便利だと思います。しかし、エコキュートは機械ですので、メンテナンスなしでは使い続けることができません。長く快適に使うには、日常のお手入れから定期的なお手入れをきちんと行わなければなりません。お手入れを怠ってしまうと、エコキュートの寿命が縮んだり、メーカーによる修理が必要になったりしますので、お手入れを忘れないようにしましょう。
また、設置から10年以上経過しているという場合は、エコキュートの寿命が近いため、清掃・修理を行うよりも買い替えの方がいいという場合もあります
エコキュートの初期費用は、ガス給湯器や電気給湯器と比べると、導入時の費用が高いと感じるかもしれませんが、他の製品と比べても、エコキュートは省エネ性にも環境性能にも優れていますので、長期的に使用することを考えたらお得です。また、選択する電力会社のプランによっては、さらに節約することも可能です。
まだ導入されていないという方は、ぜひ、エコキュートの導入をご検討されてみてはいかがでしょうか?