お役立ちコラム

暖房便座でも1年で電気代〇円以下のトイレの節電&節水術!

トイレ 節電

みなさんが毎日使うトイレ。そのトイレの水の使用量は、家庭内での水の使用量の約30%も占めることを知っていましたか?また、トイレといえば、温水洗浄便座がごく当たり前になってきているため、電気代も気になるところです。機種や性能、使い方によって大きく金額に差が出るのがトイレです。トイレでの節電・節水方法をみていきましょう!

「貯湯式」と「瞬間式」の違い

どんなトイレが電気代が高いのでしょうか?やはり、温水洗浄便座は電気を多く使うので、”電気代が高い”というイメージがあります。そして、現在発売されている温水洗浄便座には、お尻を洗浄する水を温める方式として「瞬間式」と「貯湯式」の2種類があります。さて、それぞれどんな特徴があり、電気代がお得なのはどっちなのでしょうか?


瞬間式 貯湯式

貯湯式・瞬間式の特徴を挙げてみました。

貯湯式

貯湯式とは、内臓タンク内の水をヒーターで温めておく方式のことです。

  • 一度にたっぷりの温水で洗浄できる
  • 温水を常時保温するための電力が必要
  • 内蔵タンクがあることから、本体の厚さがある
  • 本体価格は瞬間式に比べると安め

瞬間式

瞬間式とは、使用ごとに水を温める方式のことです。

  • 水を温めて保温する内蔵タンクがないので温水の量が限られる
  • 温水を保温する電力は不要だが、瞬間的に水を温めるとき大きな電力が必要
  • 内蔵タンクがない分、本体はコンパクト
  • 本体価格は貯湯式に比べて高め

貯湯式・瞬間式のそれぞれの電気代

貯湯式  年間3,650~4,940円  月々304円~412円
瞬間式  年間1,570~3,320円  月々131円~277円

貯湯式の場合は、年間電気消費量が135kWhで、1kWhの単価を27円で計算すると、月々の電気代は304円、年間の電気代は3,650円となります。
一方、瞬間式の場合は、年間電気消費量が58kWhで、1kWhの単価を27円で計算すると、月々の電気代は131円で年間の電気代は1,570円となります。(経済産業省の資料より)
比較すると、貯湯式は瞬間式の2.3倍ほどの電気代がかかります。
貯湯式のトイレをお使いの方は、特に節電を意識することが電気代節約につながります。そこで、トイレの節電・節水方法についてみていきましょう。

節電と節水

トイレの節水

トイレは、用を足した後には、水を必ず使用しなければいけないので、水の節水はなかなか厳しいところがあります。しかし、大と小のレバーを適切に選んで水を流すだけでも。水の使用量を抑えることができます。こちらは、今からでも簡単に実行できるので、ぜひやってみましょう。

トイレでの節電

トイレでの節電方法は様々です。中でも、温水洗浄便座の場合は、使い方によって大きく電気代に差が出ます。以下は、節電方法について見ていきましょう!

温水洗浄便座での節電方法

”トイレの節電”の中で、節約のコツは、「暖房機能」の使い方が重要になってきます。温水洗浄便座の電気は、お尻を洗うための洗浄機能と、便座を暖めるための暖房便座機能によって電気代が計算されます。そこで、以下の節電方法を試してみましょう。

トイレを使わない時は便座の蓋を閉めて放熱を防ぐ



便座のふたを開けっぱなしにすると、便座は冷めてしまいます。冷めてしまうと、また温めるために電気を使うため、電気代がかかります。
ふたを閉めていたほうが熱を逃がさず、再び便座を温める必要がなくなるので、1日あたり約15%の節電になります。ただふたを閉めるだけなので、今すぐにでも実行することができます。年間あたり、およそ1000円程度の節約をすることができます。
また、”瞬間暖房機能”が搭載されている便座もあり、座らない間は、暖房の電源が入っておらず、使用していないときの無駄な暖房を省くことができます。

夏場は便座の暖房を切る(季節に合わせて便座の暖房の温度調節をする)



便座の表面温度は、季節に合わせて調節できます。ふたを閉めているときに「高」と「低」の設定を比べると、「低」のほうが1日あたり約45%の省エネになります。
便座暖房と洗浄水の設定温度が「高・中・低」の3段階のとき、それぞれ設定温度を「中」から「低」にすると、約1000円程度節約することができます。冬場は、トイレでのヒートショックの恐れもあるため、あまりおすすめはできませんが、夏場は、暖房の設定を「低」に下げましょう。
スイッチで手軽に変更できますので、季節や気温に応じて、切り替えてみましょう。
また、温水も、「ぬるめ」を選択することで、電力を大幅に削減することができます。温水の場合も、年間あたり、およそ1000円程度の削減につながります。
”一年中節約したい!”という場合には、便座に敷く、便座シートを利用しましょう。100円ショップでも販売されており、ひやっとした感じがなくなり、便座の暖房代を0にすることができます。

長時間の未使用時は電源プラグを抜く



暖房便座・温水の使用を一切控える場合には、使わない時は忘れずに電源のプラグを抜いておくこともおすすめです。家族皆が長期不在になる場合には、プラグを抜いておくと待機電力さえもかからないことになります。ご存知の方も多いですが、どの家電もプラグを挿しっぱなしにしておくと、使用しなくても待機電力がかかります。温水暖房便座はテレビの待機電力よりも待機電力が冬に便座がひんやりするのが嫌で使っている場合は節電の為、暑い夏にはプラグを抜いて使用するという事もできます。家族で節電意識をもって生活することで、トイレだけでなく、家の中全体の節約につながり、年間で大幅に節約できることもあります。”ちりも積もれば山となる”という言葉があるように、地道にコツコツ節約していきましょう。

こまめな掃除は節電・節約効果も高い!


           ノズルは清潔に保ちましょう!


温水洗浄便座を使用するにあたり、定期的に便座を掃除することで電気代を節約する事にもつながります。お尻を洗うためのノズルも、定期的に清掃しなければ汚れていってしまいます。ノズルには一応自動的に洗浄する機能が付いているものもあるとはいえ、それではなかなか間に合いません。 少しずつ溜まっていく汚れは放っておくと頑固な取りづらい汚れになってしまいます。ノズルの動きにも問題が出たり、機能の低下にも繋がります。そうなる前に掃除しておく必要があります。
意外ですが、温水洗浄便座の寿命は、ノズル出口の汚れとノズルシャワー部の汚れによって左右されます。温水洗浄便座は、とても汚れやすい環境で使う家電製品のため、トイレを使用した時に稼働するノズル部分に汚れが付着すると、作動しなくなってしまい、負荷がかかって余計な電力を消費してしまいます。こまめにお掃除をしましょう。
掃除の際はいらなくなった歯ブラシで軽く擦り、薄めた洗剤で拭き取るという方法があります。ノズルの汚れを放っておくと、節電の妨げになるだけではなく、バイ菌が繁殖してしまい不衛生です。ひどい場合はカビが生える場合もあります。

<温水洗浄便座のお掃除のポイント>

  • ノズル出口の汚れは週1回がお掃除の目安です。
  • 中性洗剤をしみこませた柔らかい布やスポンジで汚れを拭きましょう。
  • 乾いた布やトイレットペーパーを使うと本体に傷が付く原因になりますので、気を付けて下さい。ノズルシャワー部の汚れは2週間に1回が目安です。
  • メーカーや機種にもよりますが、まず本体を操作してノズルを引き出し、ノズルを中性洗剤を染み込ませた柔らかい布で拭きましょう。
  • ノズルの先端を無理に引っ張ったり、回したりしないように気を付けて下さい。


トイレは清潔に保ち、節電に繋げましょう!

まとめ

いかがでしたか?トイレの節電方法は意外にもいろいろとありました。掃除をしたり、電源を切ったりと、ちょっとした工夫を続けていると大きな節約につながります。
古い機種でかなり電気代がかかっているという場合には、買い替えで大きく節電できる場合もあります。また、現在貯湯式のトイレをお使いの方は、古くなったタイミングで、瞬間式のトイレに買い替えるという方法もおすすめします!
近年の家電製品の省エネ性能は著しく向上しています。温水洗浄便座も、従来品よりも電気代が安く済むというような製品が多く登場しています。また、便器の形が工夫されている、”節水型便器”もあります。1年間で、およそ浴槽250杯分もの水を節水することができます。
ご検討されてみてはいかがでしょうか?