お役立ちコラム

太陽光発電システム2019年問題とは?売電期間終了後のこと


太陽光発電は、高額な買い物で、「固定価格買取制度」によって、決まった期間、電気を売れることが保証されます。そのため、太陽光発電システムが発電する日中の間ずっと発電し、売電の収入を得ることがメリットとされています。その、太陽光発電における”2019年問題”を知っていますか?まだまだのことだと思っていましたが、2019年までもう1年を切りました。一体、どんな重大な問題なのでしょうか?
来年、この”2019年問題”を迎えることによって、太陽光発電や今後のエネルギーとの付き合い方はどのように変わっていくのでしょうか?今回は、太陽光発電を設置されている方も、今から設置される方も気になる、”2019年問題”について詳しくみていきましょう。

”2019年問題”とは?その問題点にせまる!


売電開始から10年後・・・ 売電スタート 売電終了

”2019年問題”とは、2009年11月に始まった「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」による太陽光発電設備(10kw未満)の設置後、10年間の固定買取価格の保証期間、それを満了した人が出てくるという問題です。太陽光発電の電力を売電していた世帯の契約が、2019年末で、一斉に終了することを意味しています。太陽光発電システムで作った電力を高い単価で売電できる期間が終了してしまうのです。
太陽光市場では、少し前から、この問題が騒がれ始め、実際に2019年に近付くと、メディアで取り上げられることも多くなってきました。

”2019年問題”の問題点

問題点①太陽光発電システムの買取期間が初めて終わりを迎える

・2009年に余剰売電を開始した人の買取期間(10年間)が終わる
・2009年から売電している世帯が50万件以上ある

問題点②:2019年以降の買取が未定(2018年3月現在)

・どうなるかわからないので不安になる人が多い
・余剰電力(使いきれなかった電気)が無駄になってしまうかもしれない



以後、順次売電が終了していきます!

2019年問題に直面するのは、2009年かそれ以前に住宅用太陽光発電を設置して、固定価格買取制度(余剰電力買取制度)を適用した家庭です。2016年以降に設置した方は、特には関係ないということです。また、10kw以上で全量売電する太陽光発電は、売電できる期間が20年間です。2019年問題は関係ありません。
ただし、電力の買取期間が終わる太陽光発電は2019年以降も毎年現れます。固定価格買取制度を使った人は、今後の電力の行き先について考えなければなりません。売電期間が終わった後の情報について、今から最新情報をチェックしておいた方が良いでしょう。
ただし太陽光以外、そして10kw以上の「産業用」太陽光発電は買取期間が20年ないし15年なので、2019年問題の対象にはなりません。対象になるのは買取期間が10年の10kw未満「住宅用」太陽光発電となります。下記は、各年度の住宅用太陽光発電での買取価格の一覧です。

<住宅用太陽光発電買取価格>


太陽光発電 開始年度 終了年度 買取価格 残り年数 

今後はどのようになっていくのか

2019年になると、買取期間の終了した太陽光発電を持つ世帯がたくさんでてくると予想されます。現在予想されていることとして、下記の2点が挙げられます。

  • 買い取りができたとしても、価格が大幅に下がってしまう
  • 電気の買い取りそのもの拒否される可能性がある


2019年になると、固定価格による10年間の買取義務は終了してしまいますが、余剰電力を売ることが全くできなくなるというわけではありません。しかし、以前までの契約期間中と同じような高い単価で買い取ってもらえることはなく、買い取りを続けた場合、買取価格は大幅ダウンすると思われます。2009年に始めた方は1kWhあたり48円で売電していたのが、今後は、1kWhあたり、10円以下になるといわれています。来年をめどに買い取り価格が発表されるかもしれませんが、今のような優遇された単価ではなく、もっともっと安い価格単価になることは確実だと言えそうです。
また、電力会社に取引を拒否される可能性もあります。住宅用の太陽光発電は小規模な発電設備が大量に存在し、取引に手間がかかる上に、どれだけの買取電力量になるか予測しづらいため、電力会社からの承認がきちんと出るかは考え難い部分があります。

まとめ

買取期間終了後は、大手電力会社と安い価格で売電契約を結び直すことや、従来通り、昼間の自家消費を行い、昼間の電気だけを使用すること、もしくは蓄電池を設置し、余剰電力を蓄えて、発電できない夜間に使用することなどが考えられます。
安い価格で発電した電気を売るよりも、自分たちで使う人が増えると予想されています。そこで、今、注目が集まっているのが”蓄電池”です。蓄電池を設置することで、買取期間が終了しても、昼間に発電した電気を蓄電池に貯め、発電できない夜間の時間帯に放電して使用することができます。また、非常時の停電時の備えとしても注目されています。そんな蓄電池を太陽光買取期間が終了してしまう前に導入されることをおすすめします。


売ってもお金にならないのね・・・ じゃあ余った電気はどうしたらいいの? 電気は売る時代から貯めて使う時代になります。蓄電池で貯めましょう。

蓄電池についての詳しいことは下記リンクよりご覧下さい!

太陽光と合わせて売電量アップ!電気を貯めることができる蓄電池の記事はこちらから