お役立ちコラム

雷発生率が1番多い県は?夏と冬の雷の特徴には違いがあった!


冬になると、日本海側では、吹雪や大雪に悩まされます。しかし、この時期に気を付けなければならないのは、雪だけではありません。”雷”にも注意が必要です。雷は、夏のイメージがありますが、日本海側の地域では、夏にも発生します。
雷の発生率が全国で一番高いのは、石川県だということを知っていましたか?お隣の富山県は、第2位です。日本海側は、雷による被害を受けやすいのです。では、何故、日本海側は雷が多いのでしょうか?知っているようで知らない雷の真相に迫ります。

雷の種類と特徴を知ろう!


落雷によって、落ちたところの周囲の空間に電気的な変化が生じ、電線に大きい電流・電圧が発生する。 電磁界の変化 大きい電流・電圧が発生

落雷は、夏場に発生すると思われがちですが、冬場にも落雷が発生します。その多くが、雷発生率全国年間上位の日本海側地域で発生しています。冬場に発生する雷は、夏場に起きる雷よりも大きな電流が流れることも多く、電気機器の故障の可能性が非常に高くなります。
落雷による被害は、「直撃雷」「誘導雷」「逆流雷」に分類されます。
雷の被害で、家電製品が壊れる原因の多くは、『誘導雷』『逆流雷』によるものです。

”直撃雷”による大きな被害とは!?

直撃雷は対象そのものに落雷する雷で、電気機器に落ちた場合、その電気機器はほぼ確実に故障します。そして、人体に落雷した場合の死亡率は、70%以上とされています。 直撃雷は建造物、工作物、人、木などに直接落雷します。電気機器や人が直撃雷を受けた場合、時間は短いものの、数百万ボルトからの電圧を一気に受けることになります。過大な電圧と電流によるショック症状や、心室細動による死亡事故につながる恐れがあります。電気機器であれば、一瞬で絶縁が破壊され故障もしくは焼損してしまいます。 人が直撃雷を受け死亡に至るまでの事故の多くは、ゴルフ場で起こっています。上空や周囲が開けている場所で、ゴルフクラブを振りかざす動作が落雷しやすい状態を作っていると考えられています。雷発生時に、「金属のものを身につけてはいけない」とよくいわれていますが、ネックレスや指輪などの小さな金属物を身につけていたくらいでは特に変わりません。逆に、ゴム製の長靴やレインコートを着用していると、危ないので、避けましょう。

”誘導雷”による大きな被害とは!?

電気機器を故障させる原因は、直撃雷よりも誘導雷において多発しています。送電線や付近の電柱に落ちた雷は、配電線を経由して建物内部へ侵入し、接地線から大地へ流れようとして放電を起こします。この電流の通り道に耐電圧性能の低い電子機能があれば、絶縁破壊により故障します。
誘導雷は、付近周辺に落雷した際に発生した電圧が誘導電流を起こし、周囲に影響を及ぼす雷です。誘導雷は、直撃雷と同様で、家電などが破損する大きな原因となりますが、直撃雷よりも電圧・電流ともに小さいので、電気機器を保護することができます。

”逆流雷”による大きな被害とは!?

逆流雷は、地中から電位上昇により、アース線を伝って建物内に戻ってくる電流・電圧のことをいいます。逆流雷も、誘導雷と同じく、電気機器を故障させることがあります。

雷サージとは?

雷サージとは、雷が落ちるときに、瞬間的に、高い電圧が発生して、その異常高電圧の影響で、異常な過大電流が流れることを言います。雷サージには、「直撃雷サージ」と「誘導雷サージ」の2種類あります。では、この2つの雷サージはどんな違いがあるのでしょうか?

直撃雷サージ

雷が電柱や電線、建物の避雷針、テレビのアンテナなどに落ちた場合、雷の電気が、その電線を伝って、建物の中に流れ込む現象です。建物や電気が流れるものに、直撃した場合が、「直撃雷サージ」です。

誘導雷サージ

誘導雷サージとは、放電によるもので、樹木や地面に落雷した場合、その周辺にも高い電圧が発生します。その電流が、近くの電柱や電話線を伝い、建物の中に入り込む現象のことです。また、落雷しなかったとしても、雷雲と大気により放電した高い電圧も誘導雷サージといいます。雷の多い地域では、雷サージが発生しやすいのですが、電線などを通じて、雷サージが広範囲まで伝わり、被害が拡大することもあります。

日本で一番雷発生率が高いのは石川県です!


1位 石川県 2位 福井県 3位 新潟県 4位 富山県

   


ご存知の方も多いかと思いますが、日本で一番雷が多い地域は石川県なのです。他の県と比べて、どれだけ多いのかというと、全国の雷日数は、19.4日です。一方、石川県の雷日数は、42.4日です。つまり、石川県は、全国平均の二倍以上も雷が発生していることが分かります。そしてその大半の雷が冬に発生しています。
2位は福井県、3位は新潟県、4位は富山県です。こうして見ると、北陸地方が多いことが分かります。

年間雷日数 [ 2011年第一位 石川県 ]http://todo-ran.com/t/kiji/13685
年間雷日数 [ 2011年第一位 石川県 ]

夏の雷が多いのは北関東です!

どうして夏の北関東で雷が集中して起こるのでしょうか?それは、”群馬県”が主な要因でした。群馬県には、上毛三山と呼ばれている「赤城山」「棒名山」「妙義山」を始め、草津白根山など多くの山地が連なっています。夏場に太平洋側から吹いた風が、これらの山岳地帯で上昇気流を起こすことで、雷雲が発生しやすくなります。そしてその雷雲は、栃木や茨城が位置する東や南東方向へ移動するため、北関東地方全体で雷が多発してしまうのです。
北関東で夏に発生する雷は、落雷だけでなく、局地的に激しい突風や雹、大雨をもたらすことが特徴です。このような複合災害で、建物はより甚大なダメージを受けやすくなっています。

北陸の冬の雷の特徴

  • エネルギーの大きな雷が多い。(夏の雷の100倍以上)
  • 落雷数は少ないが、一日中発雷する(雪やあられの前触れが多い)
  • 日本海沿岸に多く、海岸線から35km以上の内陸部では少ない

北陸地方がそれだけ雷が多いと、”雷がたくさん落ちて住むのが大変”と思われがちですが、石川県の雷は落ちること自体は多くありません。北陸の冬に発生する雷は、夏の雷以上に、恐ろしい面を持ち合わせています。
夏と冬の積乱雲を比べると、冬の方が圧倒的に背が低く、規模の小さいものになります。落雷数は極端に少なく、遠くにいてもゴロゴロと音が聞こえる夏とは違い、冬の雷というのは音もなく近づいてきます。落雷数が少ないというのは、良いことのようにも思えますが、実は一発の威力が強くなります。一発雷と呼ばれる冬の雷は、なんと夏の雷に比べ100倍以上に達する凄まじいエネルギーを持っています。また、静かな音で忍び寄ってきて、いきなりドーンと落ちるので、夏に比べて予測が難しいという特徴もあります。夏は午後から夕方にかけてと発生しやすい時間帯がある程度決まっていますが、冬の日本海側の場合、昼夜問わず常に発雷する可能性があります。さらに、冬は日本海側の広範囲にある多数の積乱雲がある中で、気まぐれにどこかの雲が一発だけ雷を落とすといったような感じで発生するため、予測が難しいのです。さっきまで天気が良くても、急に天候が悪くなり、雷が発生するという事も十分あり得るのです。


強風

雷雲は、上部にプラスの電気が、そして下部にはマイナスの電気が溜まります。落雷など放電の電流はマイナスからプラスに流れます。
夏は強い日差しや上空の風が弱いため背の高い雷雲が発生します。冬は、上空の風が強く雷雲は倒されて上部のプラスの電気が地面に近くなるため、地面から上空の雲に向かう反対の放電が発生する特徴が有ります。主に日本海側で起こりやすい雷です。冬の雷は夏の雷に比べ、雷雲の雲底が低いため地上との距離が短くなり、より強烈な電流(夏の雷のエネルギーに比べ100倍)が流れ危険です。


北西季節風 積乱雲 突風 シベリア大陸 日本海 対馬海流 日本海側 太平洋側

特に、新潟〜福井にかけては激雷地区ともいわれているのですが、なぜ冬の雷は日本海側に集中しているのでしょうか。
冬の積乱雲というのは、日本海を流れる対馬海流の相対的に暖かい海面に、シベリアからの冷たい空気が流れ込むことで、水蒸気が盛んに供給されて発生します。
この雲は、発達しながら季節風によって日本海側に運ばれてくるため、冬の雷は日本海側に多いのです。

雷といえば夏のイメージですが、日本海側の雷は11月~2月の冬に多いのです。この理由として、日本海側には暖流が流れており、そこに冬は寒気がやってくるので、積乱雲が発達しやすいのです。
北陸地方では、冬に雷が多いことから、”冬季雷”と呼ばれ、夏の雷とは区別されています。夏の雷は、積乱雲の中から地上に向かって放電するため、上から下へ放電していきます。ですので、関東で起こるピカッとした雷光はほとんど見ることはありません。北陸地方では、どんよりとした空の下、雲の切れ間の区別がつかない中を、ゴロゴロと音が鳴り、空が光ります。そのため、雷がどこから落ちるか分からないという状態でハラハラしなければいけないのです。
この雷を発生させる条件が一番揃いやすいのが、丁度石川県付近なのです。

まとめ

いかがでしたか?
雷でも、三種類に分けられ、どれも被害が大きいものばかりです。直撃雷・誘導雷・逆流雷のどれにしても、命や家や家電に被害があるので、とても恐ろしいものだということが分かります。
また、日本で一番雷が多いのが石川県で、北陸地方が第4位まで占めるという結果でしたね。夏の雷よりも冬の雷の方が威力が100倍以上ということも驚きでした。
冬は、雪や雷に気を付けなければいけないので、大忙しです。自然災害はとても恐ろしいので、対策をされることをおすすめします!
対策方法については、下記のページに記載しておりますので、ご覧下さい。

関連記事:家や家電を守るために絶対に必要な雷対策とは?