お役立ちコラム

年に1回のエアコンクリーニングで臭い&病気を予防!


快適な温度で過ごせるように、暑い夏も寒い冬も働くエアコン。エアコンを使用する期間は長いですが、”掃除”はついつい忘れがちです。定期的にお手入れをしないと、嫌な臭いがしてきたり、効きが悪くなり電気代が余計にかかる原因に・・・。また、エアコン内部から出てくる風によって、病気の原因となることもあります。そもそも、なぜエアコンはお掃除をする必要があるのでしょうか。”エアコンクリーニング”の重要性についてみていきましょう。

エアコンクリーニングとは?



エアコンクリーニングとは、高圧洗浄機などの専用機材を使用して、エアコン内部を分解・洗浄することをいいます。エアコンのフィルターを頻繁に掃除していても、嫌な臭いがしたり、運転の効きが悪く感じるのは、エアコンの内部にカビやホコリが付着していることが主な原因です。プロのエアコンクリーニングなら、ご自身ではできないエアコン内部まで分解し、洗浄します。フィルターはもちろん、ファンや室外機の汚れまで綺麗になります。エアコンの臭いが気になってきたり、効きが悪くなってきた場合は、エアコンクリー二ングがおすすめです。

エアコンクリーニングをすることによって風量は上がる!?

汚れが原因であれば、エアコンクリーニングで風量は復活します。エアコンの風量が弱い原因としては、フィルターが汚れていて目詰まりしている、ファンに汚れが溜まり風を作れない、部品の故障による風量不足などがあげられます。フィルターも熱交換器も風の通り道であるため、それぞれが汚れていてホコリなどが溜まっていると、風の通り道が狭くなります。風を吸い込めないということは、風を吹き出せないということになります。また、ファンの羽根が回転することで、風を作り出していますが、汚れが溜まっていると、風を作り出すことができなくなります。これらの、フィルターも、熱交換器も、ファンも、エアコンにとって重要な役割を果たしています。エアコンクリーニングをした後は、これらの汚れが除去されますので、洗浄後は、本来の風量を取り戻すことができるでしょう。
一方、風量の低下は、汚れ以外に、”部品の故障”が原因であることもあります。ファンやモーターなどが故障していると、風を作り出すことができません。メーカーにて部品の交換や修理の対応をしてもらう必要があります。
その他の理由として、風量は変わっていなくても窓が原因でエアコンの効きが悪いと感じてしまう場合もあるかもしれません。外から室内に入ってくる熱・冷気が、エアコンの効きを悪くしているということです。
夏場に太陽の光が直接入ってくる部屋は、エアコンの冷えが悪いとされています。反対に、冬場は冷気が入りやすいと、暖房が効きにくいことがあります。
冬場は、外からの冷気を遮断する、厚手のカーテンや窓用断熱シートパネルなどを部屋に設置してみましょう。

何故エアコンにカビが生えるの?



カビが繁殖してしまう条件として、「温度」「湿度」「栄養分」があります。温度変化が少なく、結露などにより水分が発生し、栄養分となる汚れも溜まりやすいエアコン内部は、まさにカビ菌の繁殖スポットなのです。夏の冷房使用時は特に、エアコン内部に結露が発生するため、湿度が上がりやすいですが、冬場でも加湿器の使用や洗濯物の室内干しなどにより、エアコン内部が湿気で大変なことになります。そして、その水分と、エアコンの汚れが合わさることで、カビ菌が増殖し、嫌な臭いの原因となるのです。

エアコンのカビの影響

では、エアコンにホコリが溜まり、カビが生えると、私たちにどんな悪影響があるのでしょうか?

身体への影響



カビの生えたエアコン内部から吐き出される風には、カビの胞子が含まれています。そのカビの胞子を吸い込むことで、”夏型過敏性肺炎”という病気の原因の1つとされています。
この夏型過敏性肺炎の一般的な症状として、下記のことが挙げられます。

夏型過敏性肺炎は、家の中に生じた、「トリコスポロン」というカビが、肺に入り、アレルギー反応を起こす病気です。「トリコスポロン」は、湿気の多い環境を好みます。まさに、エアコンはトリコスポロンにとって最高の住処になるのです。また、台所の水回りの腐った木材や、じゅうたんなどを敷いた畳などによく生じます。
トリコスポロンの胞子は非常に小さいため、エアコンの風で部屋中を浮遊しやすく、鼻や口から吸い込まれ、肺に侵入します。
この、トリコスポロンによって夏型過敏性肺炎が生じるため、長時間在宅することの多い女性がかかりやすく、女性の患者さんは、男性の約2倍です。

<症状> 咳が続き、息切れや微熱、倦怠感など

赤ちゃんの健康に大きく影響!エアコンにつく汚れの種類


油 ホコリ ハウスダスト・花粉 ヤニ カビ

ホコリ

繊維や、ペットの毛のような大きいものから、ダニの糞などを含むハウスダストのような細かいものまで大きさは様々ですが、フィルターの網目より大きいホコリが溜まります。

ハウスダスト・花粉

細かいハウスダストや、花粉は、フィルターの網目を通り抜け、エアコン内部に入り込みます。

たばこ

たばこのヤニ汚れは、エアコン内部に付着して、悪臭の原因となります。

キッチンに近いエアコンには油汚れもつきやすく、ホコリと混ざって固まり、とても取れにくい汚れになります。

カビ

細かいカビの胞子は、エアコンの奥まで入り込み、湿度や空気の滞りによってエアコンン相武で増殖して、臭いや汚れの原因となります。

室内に漂うホコリやハウスダスト、花粉、カビの胞子は、肉眼では見えないくらいの大きさでとても細かく、フィルターを通り抜けてエアコンの内部にも溜まりがちです。
今や、当たり前となっている気密性の高い家で、汚れやカビを内部に溜め込んだエアコンを使い続けることで、空気中に放出された汚れが、家族の身体に悪影響を及ぼすことになります。また、中でも、抵抗力の弱い赤ちゃんは、1日中家にいることが多いため、大人以上に室内の環境の影響を受けやすいので、特に、赤ちゃんのいる部屋には注意が必要です。

電気代への影響



エアコン内の汚れは、臭いや病気の原因となることがとても苦ですが、電気代にも影響を及ぼします。エアコンの節電対策として、エアコンを清潔に保つことが重要です。エアコン内部についたカビ汚れをそのまま放置しておくと、風量が落ち、エアコンの効き自体が悪くなります。使用状況によっても異なりますが、5年以上カビ汚れを放置した機種をクリーニングした場合、クリーニングする前と後では、電気代が1.5倍も違ってくるということもあります。

自宅でできるエアコンの掃除方法


                      ホコリがびっしりのフィルター


エアコンのフィルターは、定期的に掃除をする必要があります。エアコン内部だけでなく、フィルターの汚れも電気代に関わります。目詰まりしたフィルターと、綺麗な状態のフィルターでは、電気代が5%程違うと言われています。例えば、夏の間で、エアコンの電気代が5万円かかるとしたら、フィルターを掃除するだけで、2500円も安くなるということになりますね。
フィルターの掃除は、最低でも月2回は行いましょう。汚れが軽い場合は、水洗いまでいかなくとも、掃除機でほこりをとる程度でも大丈夫です。
また、フィルターの元々の役目は、エアコン内部にホコリが入っていくのを防ぐ役目があります。掃除をすることで、エアコン内部に、ホコリが入りにくくなり、内部も汚れにくくなります。


    

フィルター掃除の頻度は少なくても月2回。汚れが軽い場合は掃除機でほこりを取る程度でも大丈夫ですが、汚れていたら中性洗剤で古歯ブラシなどを使用して水洗いしてよくすすぎ、陰干しをして完全に乾かしてからエアコンに取り付けます。

エアコンを自分でクリーニングする場合の注意点

  • 安全を確保する
  • 内部構造を理解する
  • 下準備をしっかりする
  • スプレーの使用量を守る
  • 隅々までしっかりと洗浄する

自分でエアコンクリーニングを行う上で、最も重要なのは、”安全を確保する”ということです。安全確保のために、エアコンの電源は必ず切りましょう。コンセントを抜き忘れたまま、電源部分に触れてしまうと、感電する恐れがあります。
また、次に重要なのは、内部の構造を理解してから、クリーニングをすることです。エアコンは超重要な精密機器です。構造が分からないままクリーニングをした場合、電源基盤を濡らして、故障させてしまう恐れもあります。
クリーニングが終わったら、落とした汚れの除去を、忘れないようにしましょう。ホコリなどの汚れをしっかり除去していないと、エアコンの内部が詰まり、故障の原因となりますので注意が必要です。

業者でのエアコンクリーニングの流れ

自宅でのエアコンクリーニングが無理と感じた場合は、業者にお任せしましょう。

1.エアコン本体のカバーを外します



エアコンの本体カバーを完全に外します。エアコンクリーニングには、様々な方法があります。機種によっても若干施工方法が変わってきます。比較的簡単なクリーニングから、部品を分解して細かいところまでクリーニングをする場合もあります。

2.掃除機で汚れを吸い取ります



エアコンクリーニングの準備段階で、掃除機で吸って取れる汚れは取ってしまいます。この後のエアコンクリーニングがスムーズにいきます。

3.養生します



準備ができたら、写真のビニールカバーをエアコン本体にかぶせます。エアコンクリーニングには水を使用しますので、水や汚れで部屋を汚してしまわないようにカバーをかぶせた中でエアコンクリーニング作業を行います。

4.ビニールカバーの内部に機械のホースを入れていきます



ビニールカバーの内部に機械のホースを入れていき、少しずつクリーニングしていきます。ホースの先端からは、水と洗剤が一緒に噴射され、エアコン本体の汚れを洗い流します。

5.本体ケースを洗浄します



本体のクリーニングが完了したら、次はエアコンカバーもクリーニングします。
内部だけでなく、外側も綺麗になればよりいっそう気持ちよくエアコンをお使い頂けると思います。

6.完了



エアコンクリーニングが完了しました!
念のため試運転をし、問題なく動作するか確認できたら作業は完了です。

※とあるエアコンクリーニングの例です。状況によっては、順番が手法が異なる場合があります。

自分でのクリーニングとプロに頼むクリーニングの違い

最近では、ホームセンターに行けば、エアコン洗浄スプレーなどが販売されています。スプレーで、フフィルターや冷却フィンを掃除することができます。
しかし、カビや臭いの原因はそのさらに奥にあることもあり、自分で綺麗に掃除をするのは難しいことがいえます。
また、エアコンは電化製品でもあることから、知識のない人が掃除をしたことで、電気配線に洗剤などがかかってしまい、故障や火災の原因となる可能性もあります。心配な場合は、業者にお願いしましょう。

エアコンクリーニングにおすすめの時期

エアコンクリーニングをする場合は、時期的に、4~5月がおすすめです。6月に入ると、気温が上がり、暑さを感じる日も出てきます。また、クリーニングを行う数時間の間、どんなに暑くても、エアコンが使えないというところも辛いところです。
春に入った時点で、一度、エアコンを運転してみて、エアコンの臭いや汚れの状況を把握されることをおすすめします。

業務用エアコンのクリーニングも自分でできる?

業務用エアコンも、家庭用エアコン同様、フィルター掃除が自分ですることができます。業務用エアコンは大型タイプが多いので、フィルター掃除も広い場所でするといいでしょう。
フィルター掃除の目安は、3ヶ月になります。ホコリが溜まったまま放置していると、故障の原因になります。本体が故障してしまうと、新しく購入する必要が出て、さらに大きな出費となってしまいます。そうならないためにも、日頃できるフィルターのメンテナンスをしておくといいでしょう。

<業務用エアコンフィルターの主な流れ>

  1. フィルターを取り外します。
  2. フィルターの汚れを取り除きます。(掃除機で取りきれない場合は、柔らかいブラシや液体中性洗剤を溶かしたぬるま湯で洗います。しかし、変色や変形の原因となりますので、50℃以上のお湯では洗わないで下さい。水洗い後は水切りしてから日陰でよく乾かして下さい。
  3. エアフィルターを取り付けます。

もしも、フィルター部分にカビが生えてしまっている場合は、一通り汚れを落とした後、カビキラーなどを噴射し、一定時間放置しましょう。しかし、エアコンのフィルターにカビが生えているということは、エアコン内部にもカビが生えているということです。内部からのエアコンクリーニングを早めにされることをおすすめします。
業務用のエアコンは、汚れも大きく、業者でないとできない部分も多くあります。内部から丸ごと綺麗に掃除するには、専門業者に頼む方がいいでしょう。本格的なエアコンクリーニングでは、分解し、高圧洗浄機を使ったクリーニングで、細部まで汚れを落とすことが可能です。

まとめ

いかがでしたか?
エアコンは、私達の生活において欠かせない家電製品です。暑いときに、エアコンのスイッチを付けて、”効きが悪い”、”臭いがきつい”などの不具合があると、とてもストレスですよね。また、エアコンから出る風によって、病気になったり、命まで危ないとなると、とても怖いですよね。そこで、使いたいときにすぐに使えるように、エアコンクリーニングをされることをおすすめします。エアコンクリーニングをすることで、内部がピカピカに綺麗になり、気持ちいい風を受けることができます。
もちろん、定期的な自宅でのフィルター掃除は重要ですが、年に1回は、エアコンクリーニングをして、清潔で快適な生活を送りましょう。