お役立ちコラム

照明選びで部屋の印象が決まる!照明の色・種類選びのコツとは?


毎日、当たり前のように付けている照明。照明器具も様々な種類があり、色や大きさによって、様々な見せ方をしてくれます。照明一つで空間のデザインをしてくれるほど、証明器具は重要なアイテムです。今回は、照明の特徴を細かくみていきましょう。

光の色による心理効果 

照明は、色や明るさによって、気分や集中力に影響があります。一般的な部屋の場合、太陽光に最も近い「昼白色」を選べば問題ないが、用途によっては、別の色を選んだ方が良い場合もあります。照明の色は、下記の通り主に3種類あります。


電球色 昼白色 昼光色

寒色系の青っぽい光は「昼光色」、オレンジ色っぽい光は「電球色」と呼ばれています。しかし、メーカーによって異なったり、細かく分かれていないケースもあります。基本的には、下記の電球の色が存在しています。



色温度が低いほど、暗くゆったりと暖かい雰囲気になり、色温度が高いほど明るく電気でクールな雰囲気となります。昼光色の青っぽい光は、目が冴える効果があるので、勉強時や仕事場などの集中力が必要な際に向いています。反対に、レストランや居酒屋、バーなどはオレンジっぽい光でとても落ち着く雰囲気です。また、オレンジっぽい光は、食べ物を美味しく見せる効果もあります。それぞれに合った用途で使い分けると良いでしょう。


リビング・ダイニング 寝室 仕事部屋・勉強部屋 廊下・階段 風呂・トイレ 脱衣所・洗面所 クローゼット・物置き

この場所にはこの○○色の照明がおすすめ!

リビング

リビング・ダイニングは、家の中心部であり、家族の団らんの場です。時には、家族以外の人を呼んでホームパーティーをしたりと、来客時のことも踏まえ、見た目にもこだわりたいスペースでもあります。リビング照明は、全体を照らすシーリングライトから、おしゃれなペンダントライトなど、様々な種類があります。家の雰囲気や、作りたい部屋の雰囲気によって、よりどりみどりで、照明を選ぶことができますね。

キッチン・ダイニング

オレンジよりの光は、優しい雰囲気で、リラックスできる効果があります。また、料理をより美味しく見せてくれる効果があります。

玄関

玄関は、帰ってきて一番最初に目につく場所です。疲れて帰ってきた際に、オレンジ色の光だと、視覚でリラックスできることも・・・。

バスルーム・洗面化粧室・トイレ

洗面化粧室やバスルームでは、身だしなみを整えたり、化粧をしたりすることもあるかと思います。そこで、太陽の光と似ている光の方が、より見やすく、外に出た時に驚くことがありません。

寝室・和室

一日の疲れをとるためにも、快適な睡眠は重要です。そこで、快適な睡眠に導くためにも、オレンジ色の光がベストです。就寝前に本を読むという方は、白っぽい光にすべきか迷ってしまいますが、白色にすると、一気に目が覚めてしまいがちです。本を読むのは白っぽい光の部屋と決めたり、うまく時間を区切って使い分けましょう。

子供部屋

子供に元気いっぱい遊んで欲しいという場合には、白色の照明がおすすめです。また、子供の安全面を考えてもオレンジ色の光よりも白色の光の方がはっきりと見やすいため、おすすめです。反対に、夜寝る際は、オレンジ色の豆電球の光によりぐっすりと寝てくれるかと思います。

各照明の特徴・性質

家の各場所に取り付けされている照明器具の特徴を見ていきましょう。

ブラケット


ブラケットライトは、壁面に取り付けられている照明器具です。壁付けですので、リビングや吹き抜けなどの少し暗いなという箇所や、廊下・階段などによく使用されます。ブラケットライトは、器具本体のデザインも豊富で、間接照明風に使うことで、オシャレな空間が完成します。
ブラケットライトは、ご自身で取り付けをすることができません。電気工事が必要になります。

スポットライト


スポットライトは、一ヵ所にのみ光を当てる照明のことです。光源が向いている方向だけを照らすタイプですので、ある場所を意図的に照らしたい場合などに活用されます。間接照明のように壁面などをスポットライトで照らすことで、反射光を使った照明効果や、絵画や置物などを照らすことで、その部分を目立たせたり、オブジェを通して意図的に影を作って部屋に立体感を出すなど様々な使い方が可能です。

ペンダントライト


ペンダントライトは、天井から吊り下げるため、照明の位置が低くなります。その為、光の広がる範囲はシーリングよりも狭くなります。範囲は狭くなりますが、照明までの位置が近いため、強い光で照らすことができます。また、照明を吊るすことによって、インテリアの一部としても魅力的な存在になります。カフェのようにおしゃれな空間を演出できる、それが”ペンダントライト”です。

シーリングライト


天井に取り付けるため、お部屋がすっきりして見えます。また、天井から部屋を照らしますので、部屋全体が均一して明るくなることが特徴です。
一般的にはリビングなどに設置されることが多いですが、部屋の雰囲気に関係なく、どのお部屋にも合うことが特徴でもあります。多くのメーカーが、畳数に合わせたサイズが展開しています。

フロアスタンド


フロアスタンドは、コンセント式で、工事不要な照明です。工事不要なので、気軽に取り入れることができます。
フロアスタンドも、壁面や天井などの一部を照らすことで明るさを生み、影を作ります。影を作ることで、空間に広がりや奥行きが生まれ、部屋を広く見せる効果があります。

シャンデリア


シャンデリアは、光源を支えるための腕木が多数ある、天井から吊り下げる照明器具です。見た目が豪華で、高価な照明器具です。ガラス製のシャンデリアは高価ですが、中には、一般家庭でも用いられることは多い、アクリル製のシャンデリアも注目されています。
工事の必要がなく、取り付けが比較的簡単になっており、シャンデリアの華やかでゴージャスな雰囲気を手軽に味わうことができます。

ダウンライト


ダウンライトは、天井に埋め込むタイプの照明器具です。天井から床の一部を照らします。よく、廊下やリビングの補助照明として使用されています。ダウンライトの直下を照らすので、主照明の明るさだけでは物足りない場合に、+アルファとして用いられます。最近では、LEDランプのダウンライトも普及しています。

お部屋によっては取り付けできないことも!

お部屋によっては、間取りや構造上、取り付けることができない照明もあります。特に、シャンデリアやペンダントライトは重さがあるものもあります。これらの照明の取り付けを希望される場合は、事前にお店の人や施工業者に確認されることをおすすめします!

まとめ

いかがでしたか?照明一つとっても、光の色やデザイン次第で、雰囲気をガラリと変えることができます。配置するインテリアや、模様替えも部屋作りにおいては重要なポイントですが、照明を選ぶことも、素敵な空間づくりの重要な役割を果たします。照明は、”部屋を明るくする道具”ではないのです!どんな雰囲気のお部屋にしたいのかをイメージしながら、今回ご紹介したポイントを参考に、選んでみて下さい。
中には、「賃貸だけど、照明を変えたい・・・」という方もいるかと思います。賃貸の方は、大家さんもしくは不動産屋さんに確認してみましょう。また、工事不要のフロアスタンドや、テーブルスタンドは手軽に取り入れることができるのでおすすめです。その他の照明を消すか、明るさを少し落として使えば、お部屋のイメージがガラリと変わります。
お部屋に合った照明器具と電球を選べば、お部屋の見栄えが良くなるだけでなく、ゆっくりと落ち着けるようになったり、勉強や仕事の効率が上がるかもしれません。インテリアも重要ですが、照明にもぜひこだわってみてはいかがでしょうか?