お役立ちコラム

エアコンを買い替えたい方必見!エアコンを選ぶときのポイントを解説します!

エアコン 買い替え 選ぶとき ポイント

今年も暑い季節がやってきました。エアコンの準備は万端ですか?去年、壊れてしまい、「今年買い替えが必要・・・」そんな方も多いかと思います。最近では、エアコンの種類が豊富で、何を選んだらよいのか迷いますよね。そこで、エアコンの正しい選び方を解説します。

エアコンのタイプを選ぼう

エアコンの種類は、いくつかのタイプがあります。壁掛け、窓用、床置き、天井埋め込みの4種類です。家庭用が多いのは、「壁掛けタイプ」です。また、大きな部屋には、店舗などに設置されている、「天井埋め込みタイプ」を選ぶ場合もあります。

天井カセット型4方向吹出

天井と一体化し、綺麗に設置できます。天井の照明があり、スペースがない方や、エアコンを目立たせたくない場合におすすめです。

メリット

  • 4方向から送風できるので、温度のムラができにくい
  • センサーや、おそうじ機能など、オプション機能がついている
  • 天井と一体化するので、部屋の雰囲気を損なわない
  • パネルの色を選択できる

デメリット

  • 天井に穴を開ける必要がある
  • 設置工事費が高い(壁掛けに比べ)

壁掛け型


設置がお手軽!床スペースをとらないので、すっきりと設置することができます。

メリット

  • 取付が簡単で、設置工事費が安い
  • お手入れ簡単

デメリット

  • 天吊型に比べ、風が遠くまでいかない
  • 両サイドに風が行きにくいので、温度のムラができやすい

床置き型


デザインがスマートで、設置が簡単。床置きなので、掃除が簡単です。

メリット

  • 取付簡単で、設置工事費が割と安い
  • 床置きなので、手入れが簡単
  • 天井が高くても、足元まで風を送ることができる

デメリット

  • 一方向なので、温度ムラができやすい
  • 設置するためのスペースが必要

部屋の広さに合った容量を確認しよう


エアコンのタイプを選んだら、続いては、部屋の広さに合った容量のエアコンを選びましょう。部屋の広さとエアコンの容量が合っていないと、いくら運転しても、”部屋が冷えない”、”部屋が暖まらない”ということになります。エアコンの冷暖房能力に不満がある場合は、様々な理由が考えられます。エアコンを選ぶときに、サイズ表示を読み間違えてしまった場合や、エアコンを設置する部屋の条件を考慮せずにエアコンを選んでしまった場合です。

設置場所に合った、適切なエアコン容量を見極めるのは、大事なことです。引越しを繰り返している場合、何度もエアコンを付け替えていて、部屋の広さとエアコンの容量が合わなくなってしまうこともあります。

新しいエアコンを購入するときは、「畳数のめやす」と「能力(kw)」の2つの項目に注目してみましょう。それぞれの正しい見方を覚えておきましょう。畳数のめやす”8~10畳”と、エアコンに書いてある場合、8~10畳の大きさの部屋に最適という意味ではありません。部屋の広さが、木造住宅なら8畳で、鉄筋住宅なら10畳という意味になります。

部屋の広さより小さいサイズのエアコンを使うとどうなる

  • エアコンの効きが悪くなり、部屋が冷えない、暖まらない。
  • 常にエアコンをフルパワーで稼働させる必要があるので、電気消費量が増え、電気代が上がる
  • エアコンに負担がかかってしまい、寿命が短くなったり、故障してしまう。

部屋の広さより大きいサイズのエアコンを使うとどうなる?

  • エアコンが効きすぎて、部屋が異常に寒くなったり、暑くなったりする
  • 使用しなくていい無駄な電気を使ってしまうので、本来の電気代よりも高くなってしまう

お部屋の広さに合ったエアコンを選びましょう。

部屋や建物の状況を確認しよう

エアコンを選ぶときは、部屋の広さだけでなく、建物の構造や、部屋の条件も重要です。

  • 木造か鉄筋かなどの建物の種別
  • 部屋の向き
  • 窓の数や大きさ
  • 断熱材や遮熱などの建物の構造や建材の機能

これらの条件を踏まえ、エアコンのサイズを選びましょう。

省エネ性能が優れたエアコンの選び方

5~10年前に比べると、最近のエアコンは、とても省エネ性能が進んでいます。エアコンの省エネ性能を比べると、「省エネ基準達成率」や、「エネルギー消費効率」などがあります。

省エネ基準達成率とは?

目標値に対して、省エネ基準をどのくらい達成しているかを表しています。

エネルギー消費効率とは?(APFとCOP)

エネルギー消費効率には、二つの数値があります。

COPエネルギー消費効率(以前から使用されています)
APF通年エネルギー消費効率(2007年から使用されています)

2012年目標年度から、省エネ評価は、実際に使用している状態に近い状態を示すAPFに、統一されています。APFの数字が大きいほど、エネルギー消費効率が優れているので、”省エネのエアコン”ということになります。APFの数字が2違うだけで、1ヶ月の電気代が、約1,000円も安くなります。

必要な機能を選ぼう

エアコンは、基本的に、「冷房」、「暖房」、「除湿」の機能が搭載されています。しかし、機種により、機能の内容は様々です。我が家に必要な機能は何かを考えてみましょう。

空気洗浄

空気中の花粉やカビ菌などを除去し、空気を綺麗にします。

内部クリーン

送風で乾燥させ、カビの繁殖を防ぎます。

加湿

室内の湿度を上げ、乾燥を防ぎます。


 


脱臭

タバコや汗などの、室内の臭いを脱臭します。

センサー機能

人の人数や位置、動きなどをセンサーで感知します。人のいる場所だけに風を送りますので、快適で省エネ効果もばっちりです。

除菌

ウイルスやカビ菌を除去します。


最近のエアコンは、いろいろと機能が満載です。重視したい機能はどれなのかを整理して、じっくりと検討してみましょう。


まとめ

いかがでしたか?エアコンを選ぶときのポイントはいくつかあります。エアコンは、数ある家電製品の中でも、消費電力が大きく、夏も冬も家庭の電気代の大半を占めます。ですので、エアコン選びは重要です。新しいエアコンを購入しようと思うけれど、いろいろなメーカーのものや、最新の機種もあり、迷ってしまう方も多いかと思います。「多分使うだろう・・・」と思った機能は、あまり使わないことが多いです。本当に必要だと思う機能が付いたエアコンを選びましょう。

まずは、エアコンに表示されている、畳数の見方と暖房の数値を確認してみましょう。家電量販店で購入する場合は、販売員さんに相談しながら買うと、長く使えるいいものを買うことができるでしょう。
エアコンは、部屋の広さや条件によっても、最適な容量が違います。最新機種では、省エネ効果がアップしております。

節電と節約のためにも、快適な室温と省エネを実現してくれる最新のエアコンを選びましょう。


でんきと暮らしアドバイザー

山下 佳菜

でんきのお困りごと、なんでもご相談ください。

お困りのことはもちろん、「もっとこうしたい!」ということがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。1人でも多くの方に笑顔と元気をお届けできたらと思います。

TEL: 076-225-3187 電話受付時間:9:00〜17:30(月〜金)